割り印|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

【解説図付き】割り印・契印の違いと押印の正しい位置解説

「割り印」と「契印」は共に契約書の改ざんなどを防ぐ目的で押印されるものです。つまり、印鑑によって「これらは一そろいの書類です」というしるしをつけるというわけです。ここでは、この二つの主な違いと、それぞれの正しい押印の仕方を、図を交えて解説していきます。

皆さんは「割り印」と「契印」の違いについてご存知ですか?共に契約書の改ざんなどを防ぐ目的で押印されるものです。つまり、印鑑によって「これらは一そろいの書類です」というしるしをつけるというわけですね。ここでは、この二つの主な違いと、それぞれの正しい押印の仕方を、図を交えて解説していきます。

割り印の役割と正しい押し方

複数作成した文書にまたがって印鑑を押すことを割り印と言います。契約書は作成後、複数の契約締結者が1部ずつ保有することになります。割り印は、どちらか一方の文書が改ざんされたり、不正に複製されたりすることを防ぐ目的で捺印されています。割り印がないからといって法的効力が変わるわけではありませんが、改ざんされるリスクを避けるためにも割り印があると安心です。また、割り印があることで同一契約の原本であることが証明できるのです。

契約書のほか、領収書にも割り印が押されているのを目にしたことはありませんか?領収書にも原本と控えにまたがって割り印を押すことで、整合性を証明し悪用されるのを防ぐことができます。

割り印は複数の書類をまたいで押印しますので、書類に段差ができて印影が欠けてしまったりかすんでしまったり、ぶれてしまったりすることがあるようです。きれいに押すためには、捺印する面を平らにすることがポイントになりますので、まずマットを用意すると良いでしょう。
割り印についてのルールは、特に規定として決められているわけではありません。ですが、一般的なマナーとして使われているルールがあるようですのでご紹介していきますね。

まず押印する位置ですが、契約書の上部というのがルールになっています。例えば契約書を3部作成した場合はこの3部を重ね、全てにかかるよう真っ直ぐに押します。この時、印影のバランスが均等になるように契約書の紙を配置しましょう。3部のうち1部の印影が狭かったり、かすれていたりすると、きれいな印影が押されている契約書の方が重要であるかのような印象を与えてしまいます。
基本的なマナーとしては、割り印が上部に写っている契約書を相手方に渡すことが望ましいとされています。豆知識としてぜひ覚えておいてください。
また、割り印を押す順番についても特に決まりはありませんが、契約者によって左側から「甲・乙・丙」の順に押す、「甲が中央に押し、左右に乙・丙と押す」などのルールが設けてあるケースもあります。押印する前に確認をしてみると良いかもしれません。
割り印に使用する印鑑は契約印でなくても問題ありません。実印である必要はなく、認印でもシャチハタ印でも大丈夫です。

収入印紙に割り印を押す場合

収入印紙に押す割り印は消印とも呼ばれ、割り印を押さなければ税金を納めたことにはなりませんので注意が必要です。

押印する位置や場所は、書類と収入印紙にまたがって押せば良く、特に決まりはありません。一般的なマナーとしては右側に押印することが習慣とされています。
印鑑の種類も問わず、ボールペンでも構いません。ボールペンを使用する場合は苗字や屋号などを署名します。ただし、消せるペンやシャープペンシル、鉛筆は使用できませんので気をつけましょう。

収入印紙に割り印をする目的は、再度利用されることを防ぐためです。割り印がなければ、きれいにはがしてまた使おうとする人が現れるかもしれないからです。割り印をすることで効力が発生し「使用した」という証明になります。これがなければ税務署から指摘を受けますので注意してくださいね。

契印の役割と正しい押し方

契印も、書類が改ざんされることを防ぐ目的で押印されるもので割り印と似ていますが、全く異なる役割を持っています。契印は、複数枚に渡る1冊の契約書がひとつなぎになっていることを証明するものです。例えば冊子になっている契約書のうち、真ん中の何ページを抜き取って改ざんし、製本し直されてしまうこともあり得ます。契印が押印されていれば、もし間にある書類を抜き取ろうとしても破られたことがわかりますね。

一方、割り印は複数ある契約書が同一内容であることを証明するものです。契約書が複数枚に渡っているが1部であれば『契印』、契約書自体が正本・副本のように、複数枚ある場合は『割り印』を押す、と覚えておくとわかりやすいかもしれません。

契印も規定として確固たる位置が決められているわけではありませんが、一般的に使われている押し方をご紹介致します。契約書の種類によっても押印する位置が異なりますので注意してください。それでは、契約書の種類別にご説明していきますね。

1. ホチキス止めされた契約書
まず、製本された契約書は書類のとじ目または継ぎ目に、連続する文書の両方に半分ずつかかるように押印します。ホチキス止めされた契約書は、ホチキスを外して文書を差し替えて止め直すこともできてしまうため、全ページの見開きごとに契印を押す必要があります。
2. 製本された契約書
製本された契約書であれば全ページに押印する必要はなく、製本テープと書類の紙にまたがって押印すれば表紙のみの契印で済みます。袋とじに製本されていれば、契約書のあるページをすり替えようとしても製本テープをはがさなければならず、すり替えたことがわかってしまうからです。
なお、契印に使用する印鑑は契約で使用した印鑑となりますので、同じ印鑑を用意しましょう。

押印に失敗したら・・・?

丁寧に慎重に押したつもりでも「文字がかすれてしまった!」といった失敗は誰にもあると思います。では失敗してしまった時、どのように対処をしたら良いのでしょうか?

印鑑を押す機会があまりないと、押印に失敗してしまうこともありますね。万一失敗してかすれてしまったり欠けてしまったりしても、慌てる必要はありません。
割り印や契印には法的な規定はなく、あくまでも契約書が公式の書類であるという証拠を残すためのものです。ですから、割り印や契印が見づらかったとしても、他の書類と合致していることがわかれば問題はありません。
もし気になる場合でも、失敗した陰影を二重線で消してさらに訂正印を押す…などの作業は不要です。余計見づらくなってしまいますので、どうしてもやりなおしたい場合は失敗した個所はそのままにして、その隣に再度正しく押印すれば大丈夫です。

まとめ

割り印・契印の違いと押し方についてご説明してきましたが、いかがでしたか?押印の仕方に確固たる規定はありませんが、きれいに押されていれば契約書の見栄えが良くなります。契約相手にも好印象を与えることができるでしょう。ぜひ試してみてください。

投稿日:
2018/01/10
更新日:
2018/12/04

割り印に関連する書き方一覧

割り印に関連する他の書き方は登録されておりません。

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

【解説図付き】割り印・契印の違いと押印の正しい位置解説 トップへ