売買契約書|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

売買契約書の書き方・見本

売買契約書とは、売り手と買い手が合意した商品やサービスの取引に関する条件を記載した契約書で、後日のトラブルを避けるための証拠となります。売買契約書や売買契約書に関する書類の書き方について解説します。

売買契約書とは

売り手と買い手の間で取引に関しての取り決めを書面にしたものを売買契約書といいます。取り決めには支払条件やいつ・何を・どれだけ・いくらで売買するなどの取引内容が含まれます。

印紙について

単純な商品の売買である場合は非課税となり、印紙を貼る必要はありません。しかし、契約書に代金を受け取った旨が書かれている場合は、17号課税文書とみなされ課税となり印紙が必要になります。また、商品の売買であってもその取引が継続して行われるケースでは、7号文書となり印紙税がかかります。同じ契約書を複数枚作成するときは、1通ごとに印紙が必要になりますので注意してください。

印鑑について

売買契約書に押印する印鑑は、署名捺印、訂正印、消印、捨て印、契印、割印、留め印と種類があります。登記済みの法人印鑑や印鑑登録済みの実印は正式な契約書で用いられます。法人契約では代表者の印鑑のみならず、社印が必要なケースもあります。印鑑証明を添付することもありますので事前に確認をしましょう。

割印について

基本的に契約書は2通作成して売り手と買い手の双方で保管します。原本と写し、正本と副本などを作成する際、後々改ざんされることのないように割印が押されます。割印には専用の長円形の印鑑が使用されますが、なければ普通の印鑑でも問題はありません。

訂正する場合

契約書作成後に訂正が生じた場合は、手書きで修正をして訂正印を押します。消したいところに二重線を引き、正しい文言を余白に書きます。さらに欄外に『第○条中○字削除○字追加』などと書き入れ、最後に甲乙両者の印鑑を押します。訂正印は、署名捺印で用いたものを使用しましょう。訂正箇所の数だけ訂正印が必要となります。

紛失した場合

法律上、契約は口約束でも成立されます。しかし、口約束だけではそれを証明することが難しいため契約書が取り交わされるのです。法的効力を持つ契約書を紛失してしまっても、契約が消滅することはありません。しなしながら、契約書に書かれている内容が履行されなかったとしても、その証拠がないため裁判所に訴え出ることができません。そのため、契約書を紛失したことが判明したら、速やかに新しい契約書を作成し直しましょう。紛争の心配のない取引先や取引内容であれば、コピーを持っていれば良いこともあります。なお、コピーには印紙を貼る必要はありません。

売買契約書の書き方・見本

売買契約書は、取引基本契約と同様の形をとることが多いです。目的、当事者の関係、納入条件、支払条件、保証、瑕疵担保責任、仕様条件などを盛り込みます。それでは、売買契約書の種類ごとに見本を見ていきましょう。

土地建物売買契約書の書き方・見本

不動産の売買契約は高額な資産を扱うため、契約書の取り交わしが必要となります。一般的な土地建物売買契約書のチェックポイントは下記のとおりです。

  1. 売買物件の表示
  2. 売買代金の額/支払日
  3. 土地の実測・土地代金の精算
  4. 所有権の移転と引渡し
  5. 付帯設備等の引継
  6. 公租公課等の精算
  7. 手付け解除
  8. 引渡し前の物件の危険負担
  9. 契約違反による解除
  10. 反社会的勢力の排除
  11. ローン特約
  12. 瑕疵担保責任

土地建物売買契約書
>土地建物売買契約書

商品売買契約書の書き方・見本

商品売買契約は、注文書と注文請書のような合意による個別契約と考えるとわかりやすいかもしれません。一般的な商品売買契約書のチェックポイントは下記のとおりです。

  1. 個別契約の成立
  2. 納品および受入検査
  3. 所有権と危険負担
  4. 瑕疵担保責任
  5. 期限の利益の喪失
  6. 相殺
  7. 損害賠償および損害賠償額の特約
  8. 契約解除
  9. 契約期間

(契約書雛形)商品売買契約書
>(契約書雛形)商品売買契約書

物品売買契約書の書き方・見本

物品売買契約も商品売買契約とほぼ同様の意味合いで作成されますが、取引数や取引金額が多い場合には、下記チェックポイントが追加されることもありますので参考にしてください。

  1. 商品の仕様・規格
  2. 検収・検品・検査
  3. 商品交換条件
  4. 契約変更条件
  5. 契約解除条件
  6. 機密保持
  7. 記載のない事項の解決方法
  8. 紛争の解決方法
  9. 管轄裁判所

物品売買契約書01
>物品売買契約書01

売買契約書作成の注意点

契約には契約自由の原則から、法律上の書式はなく自由に契約書を作成できることになっています。しかし、当然ながら違法な契約や公序良俗に反する契約は無効になります。あまりにも自分に有利な内容を記載した契約書も法的に認められないケースがあります。売買契約は一度締結すると契約内容に基づいて処理されていきます。誰しも自分に有利な契約を結びたいと思うものです。契約内容に思わぬ落とし穴がないか、互いにメリットがある内容になっているかどうかをよく精査して、契約を結ぶようにしましょう。

まとめ
売買契約書とは、売り手と買い手の間で取引に関しての取り決めを書いた書類のことをいいます。単純な商品の売買である場合は非課税となりますが、契約書に代金を受け取った旨が書かれている場合、取引が継続して行われる場合は印紙税がかかります。また、売買契約書に押印する印鑑は、複数種類がありますので必要に応じて使い分けましょう。紛失した場合は速やかに新しい契約書を作成し直しておくと安心です。契約書の見本を参考にして、売買契約書を作成してください。

投稿日:
2017/02/10
更新日:
2017/02/10

他の売買契約書の書式テンプレート

≫一覧を見る

売買契約書に関連する書き方一覧

  • 【秘密保持契約書(NDA)の書き方】

    秘密保持契約書(NDA)とは、企業の秘密情報漏えいを防ぐために企業間で結ばれる契約の事。守秘義務契約書とも呼ばれ、おおむね新規取引が開始される取引口座開設の際に結ばれます。…

売買契約書の書式・テンプレート

売買契約書の書式テンプレート一覧です

取引基本契約書

「売買契約書」に関する書式、テンプレート、書き方一覧です。売買契約書とは、売り手と買い手が合意した商品やサービスの取引に関する条件を記載し…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

2018_フィギュアスケート(word)

2018年の年賀状です。オリンピックイヤーに初雪でスケーティングする犬のイラストです。 こちらはword形式です。テキストボックスの文章を自由に編集してお使いいただけます。(JPEG画像のみのもの…

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

売買契約書の書き方・見本 トップへ