封筒しめ方|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

【図解付き!】封筒のしめ方のマナー~正しいしめ方とルール~

みなさんは正しい封筒のしめ方をご存知でしょうか?案内状や挨拶状、履歴書の送付など、社会人になると通常の手紙の他にもビジネス文書を送る機会が多くなりますよね。いざ送るとなると、これで本当にマナーは正しいのかな・・・?と不安になる事もあるかもしれません。 今回は、ビジネスマナーとしての封筒のしめ方についてご紹介していきます。

みなさんは正しい封筒のしめ方をご存知でしょうか?案内状や挨拶状、履歴書の送付など、社会人になると通常の手紙の他にもビジネス文書を送る機会が多くなりますよね。いざ送るとなると、これで本当にマナーは正しいのかな・・・?と不安になる事もあるかもしれません。
今回は、ビジネスマナーとしての封筒のしめ方についてご紹介していきます。

封筒の締め方にもマナーがある?

封筒には宛名を書いて送りますが、送られてきた文書はその宛名の本人しか開封することができません。もし勝手に他者宛の封書を開封してしまうと「信書開封罪」として罰せられる場合もあります。
そういった事を防ぐためにも、封筒をしめる時には注意を払わねばなりません。

封字を書く

「〆」「締」 締める、という意味。
「封」 封じるという意味。「締」より丁寧な印象。
「緘」(かん) とじるという意味。より重要な書類などに使用する。
「賀」 様々な祝い事や祭りごとの際に使用する。
「寿」 婚礼などのお祝い時に使用する。
「蕾」「莟」 まだ開いていませんよ、という意味。女性のみが使用可能。

封筒をしめることを「封緘(ふうかん)」と言います。封緘のしかたにも封字や印鑑、封蝋(ふうろう)と種類がありますので、必要に応じて使い分けましょう。また、簡単に封緘する方法として、シールという手もありますよ。

それではまず、ここでは一般的に使われる「封字」について説明していきます。
封字とは、封緘する際に使う文字のことを言います。手書きで封筒に記載する場合が多く、良く使われるのが「〆」や「締」です。〆は漢字の「締」が簡略化したものであり、「×」のマークではありませんので注意しましょう。
よりフォーマルな文書では、「緘」が使われます。たとえば履歴書や職務経歴書、卒業証明書などの重要な書類で厳封とされているときには「緘」の印鑑でしめられていることが多いでしょう。

また、慶事のおめでたいシーンでは「寿」「賀」が封字として使われます。婚礼ではよく「寿」でしめられている招待状をよく目にしますよね。
「賀」は年始に目にすることが多いですが、お祭りごとなどのおめでたいシーンで使います。

その他、女性だけが使える封字として「蕾」や「莟」があります。「つぼみ=まだ開いていませんよ」ということを表しており、情緒的でしなやかな印象を与える素敵な封字です。

このように必要なシーンに合わせて封字を使い分けることができますが、迷ったときはオーソドックスな「〆」や「締」がよく使われるということを覚えておきましょう。

印鑑

封字を手書きする以外の封緘方法として、印鑑や封蝋が挙げられます。特に印鑑は多くの文書を発送しなければならない時にとても便利ですので使用頻度が高いかも知れません。
印鑑でよく使われるのが「緘」や「封」ですが、苗字の印鑑を使用するケースもあります。しかしこれらは業務の一環や私信で用いることがほとんどですから、ビジネスマナーとしてはやはり封字を用いるほうが良いでしょう。

封蝋

封蝋はおもに西洋で使われている封緘方法で、洋封筒を封緘するときに用いる方法です。シーリングワックスや蝋を垂らして焼き印を押して封筒をしめます。
ビジネス上ではあまり実用的ではありませんが、立体的な封緘になり、またお洒落な印象を与えますね。
洋封筒では「〆」の封字を使わないのが一般的であるとされています。ただし、洋封筒を縦書きで用いる場合には「〆」も使えますので状況に応じて使い分けてみてください。

封筒を閉じるのはノリ?テープ?

封字を書く前にまず封筒を閉じなければなりませんよね。基本的には液体ノリを使いますが、両面テープでも構いません。くれぐれもセロハンテープで封の上から貼ったりしないようにしましょう。また、取れやすい上に見た目も美しくないため、ホチキスも当然NGです。
封緘にシールを使う場合でもまずはしっかり糊付けをすることが封緘のマナーです。

封筒の種類別:実際の封筒のしめ方

一口に封筒と言っても、縦書き、横書きと種類がありますよね。実は、この封筒の種類によってもしめ方は異なるのです。ビジネスにおいて正式な文書を送る場合は、縦書きの封筒を用いることが基本です。しかし、少しカジュアルな手紙やDMを送る際などは横書きの封筒が使われることもありますので、それぞれケース別に封筒のしめ方を説明していきます。

種類に関わらず封字は黒字で

まず、縦書き・横書きに関係なく、封字をするときは黒色のペンを使うのがマナーです。なぜならば、赤は速達マークや書留マークなどで使われることがあり紛らわしいからです。赤で封字をしても相手に届かないことはありませんが、使わないほうが無難でしょう。

縦書き封筒の場合

縦書き封筒のしめ方の説明画像
縦書き封筒をしめるときには、先ほどご紹介した封字を封筒の継ぎ目にかかるように書きます。封筒裏面の右上には封緘年月日を記載するのが正式なマナーです。また差出人の住所は封筒の中心より左側に書き、宛名よりも小さい文字で書きます。郵便番号や都道府県も省略しないよう注意してくださいね。

横書き封筒の場合

横書き封筒のしめ方の説明画像
横書き封筒をしめるときには、基本的には「〆」などの封字は使わず封蝋やシールを用います。また、封字自体を省略しても良いことになっています。横書きの場合封緘年月日は左上に記載しましょう。差出人の住所は、封筒裏面の横幅3分の1になるよう中央に書くことがマナーです。

しめる時に気をつけるべきことは?

顔の見えない封書でのやりとりでは、見た目の清潔さで相手側への印象が変わります。封筒をしめるときに気をつけたいポイントを3つご紹介しましょう。

1.文字を綺麗に、丁寧に書く
当たり前の事ですが、封筒に書く文字は綺麗に書きましょう。達筆でなくとも、丁寧に書けば相手には真剣さが伝わります。急いでいても走り書きをしてはいけません。
2.糊付けで汚れないようにする
封を糊付けする際、付けすぎてしまったりはみ出してしまったりすると封筒自体が汚れてしまうことがあります。必要のない箇所に糊が付いてしまうと埃がつきやすくなります。適量を適正な範囲で糊付けできるように気をつけましょう。
3.インクで汚れないようにする
封字や差出人情報を書くとき、濃いペンを用いたりつい触れてしまったりするとインクが滲んで封筒が汚れてしまうことがあります。直接触れなくても書類が重なってしまい封筒だけでなく他の書類にも文字が移ってしまうことがまれにありますので注意してくださいね。

まとめ

今回は正しい封筒のしめ方をご紹介しましたが、いかがでしたか?意外と知らない細かいマナーも、知っておくといざというときに役立ちます。TPOに合わせて封字や印鑑、封蝋やシールを使う選択肢を持っているとビジネスマナーにもバリエーションが出ますね。是非参考にしてみてください。

>これで完璧!封筒入れ方ガイド~折り方や入れる向き~

>【画像でわかる】封筒の書き方~ビジネスや就活にも~

投稿日:
2018/03/30
更新日:
2018/12/10

封筒しめ方に関連する書き方一覧

封筒しめ方に関連する他の書き方は登録されておりません。

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

【図解付き!】封筒のしめ方のマナー~正しいしめ方とルール~ トップへ