封筒|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

これで完璧!封筒入れ方ガイド~折り方や入れる向き~

皆さんは正しい封筒の入れ方をご存知でしょうか?日常自然と行っていることではありますが、実は正しくできていなかった・・・なんてことも!ここでは、封筒の種類ごとに、便箋の折り方や入れる向きを解説していきます。

仕事で顧客や先方へ手紙を送るとき、皆さんは便箋の折り方や、それを封筒に入れる向きなどを気にしたことはありますか?日常自然と行っていることではありますが、実は正しくできていなかった・・・なんてことも! ここでは、封筒の種類ごとに、便箋の折り方や入れる向きを解説していきます。是非ご覧ください。

それぞれの封筒への入れ方

封筒といっても和封筒、洋封筒、縦書き、横書きなど種類はさまざまです。ビジネスで文書を送るとき、便箋の折り方や入れる向き、閉じ方について悩むことがありますよね。ここでは、それぞれの封筒への入れ方についてご紹介していきます。

縦封筒の場合

ビジネスで一番使用されるのが縦型の和封筒です。フォーマルな文書では白無地の縦封筒を用います。便箋も同じく白無地のものを使い、中身が見えないよう二重の封筒に入れるのがマナーとされています。ただし、弔事やお悔やみで送る手紙では二重の封筒は「不幸が重なる」ことを連想させるため、使わないことがマナーとなりますので注意しましょう。

  1. 三つ折
    便箋の折り方は、「三つ折」が基本です。まず、手紙の文頭が右上にくるように便箋を置き、下から上に3分の1になるように折り上げます。そして、上からもう3分の1を下に折り重ねます。封筒に入れる際は封筒を裏にした状態で、折った便箋の書き出しが右上にくるようにして封入します。
  2. 四つ折
    同じ和封筒でも、封筒の大きさによっては四つ折にするケースもあります。その場合はまず、手紙の文頭が右上にくるように便箋を置き、下から上に2分の1になるように折り上げます。そして、上から再度2分の1を下に向かって折ります。封筒に入れる際は三つ折と同じ要領で、封筒を裏にした状態で、折った便箋の書き出しが右上にくるようにして封入します。

ポイント
手紙は文書が読みやすいよう、取り出しやすいように折り目は少ない方が良いとされています。手紙を入れる向きも、受け取る側のことを考えて、すぐに読み始められる封入の仕方を頭に入れておくと良いでしょう。

横封筒の場合

写真や招待状、挨拶状などのカードを送る場合に使用されるのが横型の洋封筒です。洋封筒も和封筒と同様フォーマルユースでは白無地のものを使います。ただし洋封筒を縦書きにして用いる場合、弔事やお悔やみで送る手紙ではそうでない手紙とは閉じ目が反対になるように封をします。そのため、向きを逆にしても使えるように郵便番号の枠が印刷されていない封筒を選ぶと安心です。

  1. 三つ折
    洋封筒の場合、長方形の横封筒に入れる際の折り方が三つ折になります。折り方は和封筒の場合の三つ折と同じで、まず手紙の文頭が右上にくるように便箋を置きます。そして下から上に3分の1になるように折り上げます。その後、上からもう3分の1を下に折り重ねます。和封筒と異なるのは便箋の入れ方です。洋封筒の場合は書き出しが封筒の表から見て下にくるように封入します。
  2. 二つ折
    正方形の洋封筒を使用する際は、サイズによっては二つ折で封入します。折り方はまず手紙の文頭が右上にくるように便箋を置き、ちょうど真ん中に折り目がつくように下から上へ折りたたみます。そして封筒に入れる際は封筒の表から見て便箋の左下が封筒の手前左上にくるように封入します。

ポイント
ビジネスレターを送る場合、基本的には和封筒を使用します。フォーマルな手紙には縦書きの封筒と便箋を用います。時代の変化に伴ってビジネスマナーも変わりつつありますが、一般的に洋封筒はカジュアルな相手に対して使われるものと覚えておきましょう。

手紙が横書き

横書き手紙の封筒の入れ方説明

改まった手紙には縦書きの便箋を用いますが、近年では横書きの便箋が使われることも増えています。ここでは、横書きの手紙を洋封筒に入れて送る場合の手紙の折り方もご紹介しておきますね。まず、手紙を正面に置いたらちょうど真ん中に折り目がつくように下から上へ折りたたみます。さらに、左から右へ半分に折りたたみます。封筒に入れる際は、封筒を裏から見て書き出しが左上にくるように封入します。

封筒の閉じ方

封筒の閉じ方の説明

ビジネス文書は郵送する際、しっかり封をするのがマナーです。封を閉じることを「封緘(ふうかん)」といいますが、文書は宛名本人しか開封することができず、勝手に人の文書を開封すると「信書開封罪」として罰せられます。そのため、盗み見を防止するためにもこの封緘は必要なのです。封緘にも種類があり、封字、印鑑、封蝋(ふうろう)と必要に応じて使い分けます。それでは詳しくご説明していきましょう。

まずは糊付けを
シールを用いる場合もまずは糊付けをします。基本的には液体糊を使いますが、両面テープも使用できます。ただし、取れやすいホチキスやセロハンテープは使用しないよう注意しましょう。また見た目にも美しくないため、ビジネスにはふさわしくありません。

封字(〆・緘・締・寿・賀・蕾)

封字とは、手書きで封緘をすることです。オールマイティに使えるのが「〆」のマークです。「×」とは異なりますので気をつけてください。「〆」は漢字の「締」に由来しています。続いて良く目にするのが「緘」ではないでしょうか。「緘」はよりフォーマルな文書に使われます。履歴書や卒業証明書の送付など、厳封を指示されているときは緘の印鑑が用いられます。

慶事では「寿」「賀」が使われることもあります。知っていると一目置かれるかもしれませんね。また、女性だけが使える封字として「蕾」が挙げられます。「まだ開いていませんよ」ということを伝える意味合いのある素敵な言葉です。

封字に使う色ですが、黒を用いるのがマナーです。赤は速達マークなどでも使われているため、封字で使ってしまうと郵便局で扱われる際に紛らわしくなります。それを避けるためにも、使用しない方が無難です。

印鑑

たくさんのビジネス文書を扱うときに便利なのが封緘印と呼ばれる印鑑です。封筒を閉じたら「緘」と書かれた印鑑を押せばよく、とても便利です。その他、「封」と書かれた印鑑や苗字の印鑑等を押す場合もありますが、それらは主に私信で用いますのでビジネスには適していません。

封蝋(ふうろう)

洋封筒を封緘する際に使用されるのが封蝋です。蝋を垂らしたりシーリングワックスを用いたりしてスタンプを押します。立体的な封緘になるのが特徴です。主に欧米で使われるスタイルで、洋封筒では「〆」は使わないのが一般的とされています。ただし、洋封筒を縦書きにして使う場合には「〆」を使っても良いとされていますので、TPOに合わせて使い分けると良いでしょう。

ビジネス以外の場合は?

それでは、ビジネスシーン以外で使う封筒はどうでしょうか?弔事や慶事、親しい人に送る手紙の場合などケース別に見ていきましょう。

慶事の場合

慶事で持参するご祝儀に用いる封筒にも封緘はしません。手渡しするのがマナーであるためそもそも封緘をする必要はないこともありますが、「封を切る」ことが別離を連想させることも理由の1つです。また、結婚式の招待状についても手渡しの場合は糊付けせずシールを貼ります。郵送する場合は糊付けをした上でシールを貼りましょう。招待状を送る封筒は洋封筒が使われますから、封蝋をしてもおしゃれかもしれませんね。

弔事の場合

弔事で持参するお香典に用いる封筒には封緘はしません。受付の人がすぐに開封できるようにする目的もあります。ただし、お香典を郵送する場合に用いる封筒には糊付けをして「〆」と書いて送ります。

親しい人に送る手紙の場合

親しい人に送る手紙では、封字でも「花」「道」「海」など自由な発想で使うことができます。シールやマスキングテープなどで飾りつけをしても良いですね。とくに何も浮かばない場合はもちろん「〆」を用いてもOKです。

まとめ

今回はビジネス文書や手紙の封筒の入れ方、便箋の折り方をご紹介してきましたが、いかがでしたか?ビジネスシーンでは和封筒三つ折がマナーですが、横書きの便箋、洋封筒の場合などでは二つ折や四つ折も使われます。封緘の方法も封字や印鑑、シール、封蝋など色々種類がありますので、TPOに合わせて使い分けてくださいね。

こちらも合わせて確認!
>【図解付き!】封筒のしめ方のマナー~正しいしめ方とルール~

投稿日:
2018/02/14
更新日:
2018/11/08

封筒に関連する書き方一覧

封筒に関連する他の書き方は登録されておりません。

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

交通事故報告書(PDF) 020

事故発生状況(日時・場所・状況)、原因、処理(警察への通報・示談・労災)事故対策について、簡潔に記載し、報告します。内容例としてご利用ください。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

これで完璧!封筒入れ方ガイド~折り方や入れる向き~ トップへ