事業計画|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

事業計画書の書き方

起業するとき、または既存事業以外の事業に進出するために金融機関から資金の借り入れをするとき、事業計画書が必要となります。

起業するとき、または既存事業以外の事業に進出するために金融機関から資金の借り入れをするとき、事業計画書が必要となります。事業に対する想い、事業内容、市場環境、戦略、資金の調達方法など、書くべき項目はたくさんあります。また、第三者の専門家にチェックしてもらうことで精度を高められます。このページでは、事業計画書の書き方の手順、確認しておくべきポイントなどを紹介しています。

計画書のテンプレートを用意する

まずは、テンプレートを準備します。書く内容を決めても、テンプレートに項目がなければ書けません。計画書の全体像をつかむためにも型を先に決めておきます。取引先の金融機関からもらうのもいいですし、下書き用としてネットなどで検索するのもいいでしょう。
テンプレートといってもその形式や書式は様々です。いろいろ見比べて一番判り易いものを選び、不足しているものは他から追加すると良いでしょう。

必要な項目

計画書に記入が必須な項目は以下です。
1.概要
 計画書の最初に綴じ込む事業計画の全体像をまとめるもの。エクゼクティブサマリーとも呼ばれます。背景や環境、目的、リスク、成功のカギなど、読み手が以降の詳細を読み進めたいと思うような熱意があり、簡潔で、要点を得た記述が必要です。最初に作成し、他の資料を完成させた後見直して、細心の注意を払って作成してください。
2.会社概要
 事業を行う会社の沿革、経営方針、役員構成、資本金、株主構成、本店所在地、従業員数など。起業の場合には、役員の略歴や株主構成などを、新規事業の場合には既存企業の関与状況などをまとめます。
3.製品やサービス
提供する製品やサービスについて、その概要、競合他社との比較、消費者ニーズ、将来性など。販売金額や販売ルートなど経営の視点ではなく、客観的視点が大切です。写真やイラストを用い、より製品やサービスのイメージを持ち易くすると良いでしょう。
4.市場分析
ここでは対象とする市場の規模、顧客の属性、地域的特性、季節的特性、自社と主な競合他社(市場参加者)とそれぞれの強みと弱み、参入障壁、将来性や成長性などをまとめます。客観的なデータを収集し、誰が見ても違和感のない分析を行います。参考文献や資料参考元を明らかにすることで、客観性を増すことが出来ます。市場規模は棒グラフ、市場占有率は円グラフ、店舗などの写真など判り易くする工夫も大切です。
5.戦略と実行
上記の市場分析を受けて、どのような戦略を立てどのように実行し、何を得ようとするのか、がポイントになります。目標とする事業とその特徴(セールス・ポイント)を明確に定めることから始めます。このために必要な戦略を、販売、仕入、設備、要員などのそれぞれにつき5つほど比較検討し、良いと思われ且つ実行出来そうなもの2~3選びます。この比較検討の過程は、事業計画書の読者に何をどう考えているのかを判ってもらうのに役立ちます。2~3選んだ戦略をいかに実行するかについて、それぞれ2つほど策を述べて下さい。ポイントは、実行可能性です。手持ちの人・資金・モノで実行できるかどうか、足らないものは何なのかをはっきりさせましょう。目標と戦略、そして実行策が首尾一貫するよう十分吟味してください。
6.リスク分析
何事にもリスクはつきものです。どのようなリスクが有り、それにどう対応するのか。この点は資金提供側にとって大切なポイントになります。考えられるリスクは、競合他社の特許や実用新案権といった権利を侵害してしまう、製品やサービスに欠陥を生んでしまう、予定する要員が揃えられないなど様々でしょう。リスクと対処策をまとめておくことを忘れないでください。
7.経営概要
上記の戦略と実行を支える組織体制、経営陣と主要役職者の略歴、財務、経理、人事といった管理部門の体制、教育体制、人事計画などをまとめます。コンプライアンスや情報漏洩防止策なども記述すると良いでしょう。すばらしい戦略があっても、それを支える組織が脆弱と思われぬよう注意することが必要です。経営陣や主要役職員の写真や職場の写真を載せることで親近感を与えられます。
8.財務計画
上記を踏まえ、必要な資金量はいついくらなのか、その資金をいつどのように使いどのような成果がえられるのかを、財務数値として表します。見積もり損益計算書、キャッシュフロー計算書、貸借対照表の3つの計算書が基本となりますが、損益分岐点分析も忘れないでください。過去数年間もしくは設立からの期間と将来3~5年間の比較として表します。理想的な成果、困難な状況での成果、そして最も現実的と考えられる成果の3シナリオを用意すると良いでしょう。売上、経常利益、利益、営業キャッシュフロー、資金収支尻、流動資産・負債、固定資産、自己資本や一人当たり売上高、在庫回転率、粗利率などの主要財務数値をまとめておくと良いでしょう。
9.その他
ここには上記の背景となる参考情報や会社案内、新聞・雑誌の記事などをつづり込みます。上記本文の中に織り込みには量が多くなってしまう情報もここに置き、本文に注を付けることで参照してもらえるようにしておきましょう。



事業計画書

書く前に考えを整理する

テンプレートを用意したら、すぐ上の項目から書き始めるのではなく、頭の中の考えを整理します。それぞれの項目について、別の紙に書きだしていき一貫性があるかなどを確認します。上記の中で最も重要なものは1概要です。金融機関の採決をする立場にある人もしくはそれに近い人は、概要の良し悪しで判断してしまうと考えて下さい。紙一枚に書けることは限られています。枝葉ではなく、幹であり土台こそが重要なのです。この点を踏まえれば、細かいことは二の次です。

第三者の意見を積極的に聴く

項目を見てみると、市場環境やアクセス、戦略、考えられるリスク、資金計画など、自分ひとりではすべてわからないことがあります。そのようなときは、同業他社の知人や金融機関の担当者など、専門知識を持っている人に聞きます。起業を考えている人たち向けのセミナーに参加し知識を得ると共に、そこで仲間を作ることも良いでしょう。意見は違憲として受け止め、自分の言葉で話せるまで噛み砕くことが大切です。考えを整理する過程で、行き詰まるのは、判らないところ。何を知らないか、何を知る必要があるかさえ判れば、おのずと聞く相手は判るようになります。少し敷居が高そうな弁護士、公認会計士、中小企業診断士といった士業の扉も叩いてみると、案外気安く相談に乗ってもらえるかもしれません。

計画書を書く

書く内容がまとまったら、実際に計画書に書き落としこんでいきます。ここで大事なのは、説得力です。金融機関の担当者といえども、事業業界やリスクなどについてすべて知っているわけではありません。事業計画書の読み手が持っている知識や経験は、自分より少し少ないという思いで書き始めると良いでしょう。そして形容詞や遠回しな表現は避け、核心に直接迫るような表現を心掛けましょう。金融機関担当者は複数の案件を抱えているのが通常ですから、一読してポイントが判り、計画の全体像、良いところと気を付けるところを理解できる計画書を歓迎します。小説を書くのではありません。財務計画では、単に数字の羅列ではなく、注目して欲しい数字や比率は太字にしたり色を変えたりして強調し、注を付けてその背景を説明することも有効です。
そして、出来上がったら誰かに見てもらうことが大切です。上記で意見を聞いた第三者は勿論、学校の先輩や恩師からも忌憚のない意見が聞けると思います。

投稿日:
2016/02/12
更新日:
2016/03/01

他の事業計画の書式テンプレート

≫一覧を見る

事業計画に関連する書き方一覧

  • 【事業計画の書き方】

    起業するとき、または既存事業以外の事業に進出するために金融機関から資金の借り入れをするとき、事業計画書が必要となります。事業に対する想い、事業内容、市場環境、戦略、資金の調達方法など、書くべき項目はたくさんあります。また、第三者の専門家にチェックしてもらうことで精度を高められます。このページでは、事業計画書の書き方の手順、確認しておくべきポイントなどを紹介しています。

  • 【経営計画の書き方】

    経営計画書は、主に株主や金融機関に提出し、融資や資金を得るために用います。相手に納得してもらうため、しっかりとした根拠と目標を達成するための具体的な戦略を記述することが必要です。自社の財務状況やリソース、強みなどを振り返っておきましょう。また、経営計画書にもいくつか種類があり、それぞれ力を入れるポイントがあるため、きちんとおさえましょう。このページでは経営計画書の種類と、書き方を説明しています。

  • 【株主総会の書き方】

    株主総会とは、株主を構成員として、会社の戦略の方向性、会社の合併・解散の可否、取締役の選任などの意思決定をする機関です。定時または臨時に開催されます。定時株主総会とは毎決算期に1度開催され、主に決算承認、余剰金分配決議、役員の選任決議を目的としています。臨時株主総会は重大な意思決定の際に必要に応じて開催されます。このページでは、株主総会とは何かから、招集方法、進め方や使い書類などを紹介しています。

  • 【株主名簿の書き方】

    株主名簿は、株式会社であれば記載が会社法で定められています。大企業のように多数の株式を発行しており、株主も数多くいる場合、株式管理は大手信託銀行の業務ですが、中小企業などの場合、自社で名簿を作成し管理することが必要になります。このページでは、株式名簿に記入する項目から作り方、雛型を紹介しています。

  • 【監査の書き方】

    監査とは、業務や会計が法令や社内規定に則って行われているかを、証拠を収集して評価することです。会社の財務状態が正しく計算書類に反映されているかを確認することが会計監査です。この役割は主に公認会計士または監査法人と、内部監査が担当します。このほかにも、内部監査は普段の業務が規定に沿って行われているかを確認します。このページでは、主に監査の方法やそのために使える書類を紹介しています。

  • 【会社登記の書き方】

    会社登記を行うには、法務省に会社登記に必要な書類と書き方「商業・法人登記申請」を提出し承認されることが必要となります。申請書と一緒に提出する書類・項目もありますので、漏れのないように確認していきましょう。提出はオンラインでも可能です。

  • 【取締役会の書き方】

    取締役会は会社の重要な意思決定機関ですから、その機能を熟知し、スムーズに進めることが必要です。すべての株式会社に設置は義務付けられていませんが、上場している企業には義務付けられています。今は上場していなくても、将来上場を考えている場合も、設置しておく必要があるでしょう。このページでは、取締役会の機能や権限、開催するまでの進め方や、使える文書などを紹介します。

  • 【定款の書き方】

    定款とは、会社・法人が商号、経営の目的や活動、業務など会社・法人の根幹にあたる規則を定める書式になります。この定款は会社設立と同時に作成する必要があり、会社登記申請で提出する書類となります。難しいものに感じますが、ある程度掲載する項目が決まっており、雛形を元に起業する本人が作成することも可能です。

  • 【増資の書き方】

    増資は、企業が成長を続けるうえで必要不可欠です。設備投資や新規事業の立ち上げを考えていても、自己資金だけでは足りない場合や財務の健全性への影響がありなかなか実行に移せません。そのときに企業は新規株式発行によって資金調達を行います。このときに、有償増資と無償増資の方法があります。このページではそれらの違いと、他の資金調達と比較した増資のメリット、そして増資の際に使える文書を紹介します。

  • 【組織変更の書き方】

    組織変更は会社法などに則り、組織形態の変更や会社分割、事業譲渡をすることや、企業内の部署を組み替えることを指します。組織変更をする場合、する前とした後でどのように変わったかを明確にするために文書を作成、公表する必要があります。このページでは組織図、組織規定、合同会社(LLC)から株式会社へ組織変更する時の必要書類、登記変更申請書など、企業の組織変更時に活用できる社内外の文書をまとめてご紹介しています。

  • 【M&Aの書き方】

    M&Aとは、企業の買収、吸収合併のことです。株式を購入して子会社化することによって自社にはない強みを獲得する、既存の市場シェアを拡大することができます。M&Aは買収する側される側の両企業にとって大きな決断であり、慎重な調整と手続きが求められます。このページでは、合併や買収、一部株式譲渡、営業権譲渡、事業譲渡、資本提携など、広い意味のM&Aの目的から使える書類の書き方を紹介しています。

  • 【株式管理の書き方】

    株式管理は、株式会社であれば対応は必須です。自社が今まで発行している部数、誰がどれだけ所有しているのか、自己株式取得などの株式の取扱い規程であったり、項目は多数に及びます。また、株式管理が難しいのは法律や専門知識からくる複雑さにもあります。このページでは、主に株式管理の方法やそのために使える書類を紹介しています。

事業計画の書式・テンプレート

事業計画の書式テンプレート一覧です

事業計画書

事業計画書の書き方一覧です。事業計画書とは、企業が自社の目標や、その実現のための方法・手順を示した文書のことです。事業計画の策定には、自社…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

2017年 卵と酉の書

2017年、可愛い卵と「酉」の書です。今回も書道家・中山美扇さんに「酉」部分を書き下ろしてもらいました。可愛くシンプルなデザインにしました。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

事業計画書の書き方 トップへ