採用通知|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

採用通知書の書き方と例文

採用通知書とは、採用が決定した求職者に送る書類になります。内定の旨を伝える文章とともに、入社承諾書など必要な書類を送付します。

採用通知書とは、採用が決定した求職者に送る書類になります。内定の旨を伝える文章とともに、入社承諾書など必要な書類を送付します。シンプルなフォーマットではありますが、抜け漏れがあると後からトラブルになることも。書き方や例文を解説していきます。

採用通知書に記載すべきこと

採用通知書はオファーレターとも呼ばれ、これを送付することによって求職者に対して正式に内定を伝えることができます。正式文書となりますので、記載項目には抜け漏れがないようにしなくてはなりません。また、誤字脱字があると会社の今後の印象にも影響がありますので、記載ミスのないように作成しましょう。採用通知書に記載すべき項目を挙げます。

項目

  • タイトル
  • 日付
  • 宛名
  • 差出人名
  • 季節の挨拶
  • 採用決定の旨
  • 同封書類
  • 書類の返送期限
  • 書類の返送宛先
  • 今後のスケジュール
  • 締めの挨拶
  • 結語
  • 今後の問合せ先

採用証明書の書き方

採用証明書とは文字通り採用を証明するものですが、過去に企業での就業経験がある場合を前提として、求職者が職業安定所に提出する書類のことをいいます。条件を満たしていれば採用証明書を提出することにより、求職者は再就職手当をもらうことができます。再就職後1ヵ月以内に申請しなければ無効となってしまいますので是非覚えておきましょう。

採用証明書は求職者が職業安定所で取得、もしくは職業安定所ホームページよりダウンロードをし、企業が記入します。支給番号のみ求職者が記入します。記載する内容は求職者の氏名・住所・生年月日などの個人情報の他、会社の業種・従業員数・採用経路・雇用形態・雇用期間の定めがあるか・雇入れ前にも過去就労していたことはあるか、などです。最も気をつけなければならないのは雇入年月日で、これを正確に記載することです。求職者が適正に手当を受給するために必要ですので、間違いのないように気をつけましょう。万一、事実と異なる記載をして不正受給となってしまった場合は、求職者と連帯して事業主にも返還義務が発生する可能性があります。日付をよく確認して書き入れましょう。

>採用通知書11

同封書類、入社承諾書の書き方

採用通知書とともに、他にも必要書類があれば同封します。一般的な同封書類としては、送付状、入社承諾書や入社誓約書、返信用封筒などが挙げられます。会社によっては入社までのスケジュール案内などが同封されることもあります。

入社承諾書は誓約書のようなもので、入社の意思表示をする正式書類となります。企業側が採用通知書を出しただけでは一方的な通知となりますので、採用が決定した求職者に入社承諾書を書いてもらう必要があるのです。それでは、入社承諾書に書き入れるべき項目を挙げてみましょう。

項目

  • 日付
  • 宛名(会社の代表取締役社長が一般的)
  • タイトル
  • 採用通知受領した旨とその日付
  • 入社承諾の旨
  • 入社承諾書提出後は無断で入社を拒否しない旨
  • 指示された書類は遅滞なく返送する旨
  • 住居変更等があった場合は連絡する旨
  • 本人氏名と捺印欄
  • 保証人氏名と捺印欄

> 入社承諾書01

いつまでに送るもの?

求職者の採用が決定したからには、早く入社の承諾を取り付けたいですよね。求職者はその間も就職活動を同時進行で進めているかもしれません。通知を出すのが遅ければ、他の企業に先を越されてしまう可能性もあります。そのため、こちらから採用通知書・入社承諾書を送るのは決定次第すぐに送付します。早ければ当日、遅くても1週間以内には通知を出しましょう。

また、採用が決定した求職者からの入社承諾書の返送も、期限はだいたい1週間以内とすることが多いです。一刻も早く入社承諾を取り付けたいというのが採用担当者の本音ですから、優秀な人材ほど期限を短くすることもあります。メール添付で良いので3日以内に返送してほしいと伝える場合もあるようです。

書類なし、電話・メールでの通知について

採用通知の連絡は多くの場合、まず電話連絡があり、その後書類が郵送もしくはメールで送られることがほとんどです。郵送やメールはすぐに本人が確認できない可能性があるため、電話で一報を伝えることは有効です。しかし、書類なしでは何の証拠も残らないため、口頭のみの採用通知はとてもリスキーです。電話で採用の一報を伝えたとしても、必ず後日書類を送付するようにしましょう。かつては郵送が主流でしたが、タイムラグが発生するため、特に中途採用ではメールで必要書類を添付してやりとりすることも多いです。必要に応じてさまざまな連絡手段を使い分けましょう。

内定通知と採用通知の違い

内定通知は、主に新卒採用の学生に向けて出されるもので、採用通知は中途採用者に出されるものと認識されています。内定通知を出して学生がそれを承諾した時点で、始期付解約権留保付労働契約が成立します。採用通知と異なる点は、中途採用の場合は採用が決まったら多くの場合すぐに就労開始となるところです。しかし、新卒採用の場合は『始期付』とあるように内定が出てから、実際に就労開始となるまで半年以上間が空くわけです。

また『解約権留保付』とは、就労までの間に、内定時には知りえなかった虚偽や過失が学生にあった場合、企業側からも内定取消しをする場合もゼロではありません。また、企業の業績悪化や倒産などで入社直前で内定取消しになってしまった場合、学生は今さら活動し始めるわけにもいかず、新しい就職先が見つかるまで路頭に迷ってしまうこともあるのです。過去には、企業側事由の内定取消しによって学生に対してお詫び料が支払われたケースもあります。

中途採用では採用から就労までの期間が短いため、このようなケースは耳にしません。時系列で内定通知⇒採用通知書⇒入社と考えるとイメージが沸きやすいかもしれません。

不採用の方への対応について

不採用の場合は、不採用通知を書面で送付しましょう。どうしても採用者の方に意識が向かいがちですが、残念ながら不採用となってしまった方も連絡を待っています。結果如何によってはまた就職活動を再開しなければならなかったり、他の企業に回答を待ってもらっていたりする場合があるかもしれません。そのため、不採用となった方にも速やかに不採用通知を出しましょう。履歴書を同封して封書で送付することが望ましいです。不採用通知には、残念ながら採用が見送りとなった旨と、時間を割いて頂いたことへの御礼や個人の健勝をお祈りする形で締めましょう。不採用となっても、今後お客様としてお付き合いすることがあるかもしれません。丁寧な対応を心がけましょう。

>不採用通知007

まとめ
費用と時間を投資した採用活動の末に採用を決定した優秀な人材は、なんとしても獲得したいですよね。そのためには迅速に採用通知を出し、内定承諾書を取り付けたいものです。職業安定所に提出する書類などは、記載内容に誤りがあると給付内容にも影響がでてしまうことがあります。採用通知書も抜け漏れがあると求職者とのトラブルにもなりかねません。間違いのないよう注意しながら採用書類一式を準備しましょう。

投稿日:
2016/02/03
更新日:
2016/02/03

他の採用通知の書式テンプレート

≫一覧を見る

採用通知に関連する書き方一覧

  • 【履歴書の書き方】

    履歴書は大切な就職を決める書類の一つ。採用担当に自分の良さを分かりやすく伝えたいですね。パート・アルバイトや派遣、正社員や職種によるポイントを解説しながら、基本項目、職歴、志望動機などの書き方を分かりやすく解説します。

  • 【職務経歴書の書き方】

    職務経歴書は過去に勤めた会社と業務内容を伝えるだけでなく、実績・成果を存分に伝えるための大切な自己PRです。何社も受ける場合も、相手の会社の業務内容や理念に合うように少しずつ変えることもテクニックの一つです。採用担当にあなたの魅力が伝わるよう、アルバイト・派遣・正社員などシーンに合わせた書き方をご紹介します。

  • 【雇用契約書の書き方】

    雇用契約書は雇用側と内定者が交わす契約書のことです。労働条件通知書と違い、双方が署名捺印する書類になります。労働条件に加えて合意しておいた方がいい内容を盛り込むことでトラブルを防ぐことができます。雛形や見本を見ながら書き方を学びましょう。

  • 【内定通知の書き方】

    内定通知とは、会社が求人応募者またはその紹介元に対し、ある期日から応募者を雇用すると約束する文書のことです。入社日や必要書類、入社前に研修を行う場合はその日時・場所なども通知します。主に新卒採用や転職者の採用など、すぐには雇用を開始しない場合に使用します。内定後にその解除を希望する場合、雇われる側からは2週間の予告期間を置けば可能です。ただし、会社側からの解除には、解雇と同程度の厳しい制限があります。内定通知の書き方や雛形についてご説明します。

  • 【採用通知の書き方】

    採用通知書とは、採用が決定した求職者に送る書類になります。内定の旨を伝える文章とともに、入社承諾書など必要な書類を送付します。シンプルなフォーマットではありますが、抜け漏れがあると後からトラブルになることも。書き方や例文を解説していきます。

  • 【不採用通知の書き方】

    不採用通知を送る求人応募者は、潜在的な顧客、取引先、出資者ですから、丁重な断りの文面を用意したいものです。また、大学や専門学校、人材紹介会社から紹介を受けた場合は、今後も紹介を受けられるよう申し添えます。近年ますます個人情報保護が重視されているため、応募書類を返却するか責任をもって廃棄するかも、書面に明記した方がよいでしょう。様々な種類の不採用通知のテンプレートや書き方についてご説明します。

  • 【労働条件通知の書き方】

    労働条件通知書とは雇用側と内定者で労働条件を明確にするための書類です。トラブルを防止するために労働条件は明示するよう労働基準法で定められています。明示する必要がある項目が漏れると後から問題になることもありますので、雛形を使いながら書き方を学ぶことが大切です。

  • 【身元保証書の書き方】

    時折入社時などに人事担当から求められる身元保証書は、従業員が万一会社に損害を与えた場合に連帯保証人となった保証人が連帯責任を追うことを約束するものです。とても大げさな感じがしてしまいますが、大手企業ならごく普通のことで履歴書や職務経歴書と同じ感覚で書類提出が行われています。多くは企業の人事担当が用意し、求められた従業員は必要事項を記入して提出するようになっています。

  • 【会社案内の書き方】

    会社案内・パンフレットは少ないページ数で、その会社の理念や事業、業績などが一目で分かるように作る必要があります。内容構成はもちろんのこと、デザインにもこだわりたいですね。こちらでは、簡単に会社案内が作れるよう制作方法やデザイン参考例をまとめました。

  • 【求人案内の書き方】

    ハローワークや各種大学・専門学校、そして求人サイトや広告に記載する求人案内はターゲットに対しメリットや魅力を存分に伝える大切な書類です。また、必要なスキルや資格などを分かりやすく掲載したいですね。求人案内の書き方について詳しく解説していきます。

  • 【入社書類の書き方】

    入社に必要な書類はいくつかあります。内定・入社誓約書や雇用契約書、機密情報保持誓約書など各種同意書に加え、内定者に健康診断書などご用意いただくための説明書や添え状が必要になります。その準備方法と書き方を詳しく解説していきます。

  • 【採用試験・面接の書き方】

    採用試験から面接、内定に至るまでの採用活動に欠かせない書類がいくつかあります。特に面接チェックシートは採用のマニュアルとして必ず用意しましょう。その他、内定者に送る合格通知や、応募者への試験日の通知などいくつか必要な書類があります。進め方に合わせて必要となる書類をご説明します。

  • 【採用申請の書き方】

    採用申請書とは、従業員の採用にあたり現場から人事部門に申請する書類になります。その書類は企業によっては稟議書同様会社のトップまで閲覧することも。どうしても採用を進めたいなら人事に伝わる書き方テクニックが必要になります。書式とともに例文を入れて解説していきます。

  • 【採用規程の書き方】

    優秀な人材を採用するために、明文化された基準・規定は必要不可欠です。規程を設けることで、選考基準がある程度統一され書類選考から面接までの採用工程が効率化できるだけではなく、スキルの低い人材を誤って採用してしまうことを防ぎ、公正な採用を行うことができます。

採用通知の書式・テンプレート

採用通知の書式テンプレート一覧です

採用通知書11

採用通知のテンプレート一覧と例文です。採用通知書や雇入通知書、入社承諾書など、従業員の採用が決定したときに活用できる文書をまとめて紹介して…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

2017年 卵と酉の書

2017年、可愛い卵と「酉」の書です。今回も書道家・中山美扇さんに「酉」部分を書き下ろしてもらいました。可愛くシンプルなデザインにしました。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

採用通知書の書き方と例文 トップへ