フロー|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

フローチャートの書き方 テンプレを使って徹底解説

業務の流れやサービス利用の手順などを確認するには、フローチャートが便利です。

業務の流れやサービス利用の手順などを確認するには、フローチャートが便利です。流れや手順を図で表すので視覚的にとらえることができ、理解しやすくなります。フローチャートの書き方、さまざまなフローチャートを使った企画書について解説します。

フローチャートとは

フローチャートは、業務や処理の流れを図にしたもので、『流れ図』とも呼ばれています。プログラムを組むときや、業務マニュアルを作るときなどに用いられます。フローチャートを使うメリットは、処理の流れを整理することができ、プロセスを可視化できるところにあります。

フローチャートの書き方

フローチャートを書く前に、フローチャートで使われる記号はJIS規格(日本工業規格)で決められていることを覚えておきましょう。それでは、作成の手順を説明していきます。

作成の手順

  1. フローの流れをあらかじめ文字に起こしておく。
  2. フローチャートで使われる記号を用いて、フローの最初と最後がわかるよう明記する。
  3. 上から下、左から右、逆行する場合は矢印をつけてフローを記載する。

フローチャートに使われる記号

  • 矢印:箱と箱を結び、処理の流れを示す
  • 端子:フローチャートの始まり、終わりを表す記号
  • 処理:計算、代入などの処理を表す記号
  • サブルーチン:あらかじめ定義されている処理を表す記号
  • 判断:条件による分岐を表す記号
  • 表示:コンソール上への結果の表示を表す記号
  • ループの開始:ループの開始を表す記号
  • ループの終了:ループの終了を表す記号
  • 入出力:ファイルへの入出力を表す記号
  • ページ内結合子:長いフローチャートを、ページ内で2列にするときに使う記号
  • ページ外結合子:長いフローチャートを、次ページに続けるときに使う記号

フローチャートを使った企画書の書き方

企画書は、企画内容を効果的かつ正確に受け手へ伝えなければなりません。いくらよいアイデアを持っていたとしても、企画の見せ方を誤ってしまうと、目的や提案が相手に伝わらず企画倒れになってしまうこともあります。そのため、論理的な構成視覚的な見やすさが企画書作成のポイントになります。企画書の内容をわかりやすいストーリー展開になるよう構成し、その構成に基づいて効果的にフローチャートを盛り込みましょう。

一般的なフローチャート

業務フローの説明やマニュアル、新入社員の教育などでは一般的なフローチャートが使用されます。汎用性のあるテンプレートをご紹介しましょう。業務の流れがシンプルなフローで表されています。ステップごとに詳細のコメントが入れられ、かつ1枚のパワーポイントで収まるため、どんな業務であっても使いやすいフォーマットになっています。

業務の流れ01(Navy)
>業務の流れ01(Navy)

会社間で共同業務を行う場合のフローチャート

続いて、業務フローが2社間に渡る場合のフローチャートテンプレートをご紹介します。書類の相互チェックが必要なとき、A社が材料を提供してB社が加工を施すときなどに使用されます。フローは2列用意されており、顧客側が左、自社側が右に配置されています。必要に応じて箱の位置を変えることもでき、2社間の流れがわかりやすいようになっています。ステップごとの詳細コメントが入れられますので、そのステップはどちらの会社が担当するのかで色を変えて表記してもよいでしょう。

業務の流れ02(Red)
>業務の流れ02(Red)

複数の部署が関わる場合のフローチャート

業務は基本的に、自部署のみで完結することはありません。必ず他部署との接点があるはずです。あなたが今担当している業務も、誰かの後に続いて、そしてまた誰かに渡っていくものなのです。しかし、そのフローの始点から終点までを明確に把握している人は少ないのではないでしょうか。次に、複数の部署が関わる業務フローチャートのテンプレートをご紹介しましょう。フォーマットは、複数の部署を記載できる列割りになっています。関係する部署数分の列を使ってフローを記載してください。部署数が多ければ多いほど複雑になってしまいがちです。できるだけシンプルでわかりやすい表記になるように注意しましょう。

業務フロー02(Orange)
>業務フロー02(Orange)

フローチャート図を作成するときの注意点

わかりやすいフローチャートを作成するためにはまず業務フロー詳細を把握しておく必要があります。ただし、詳細を書くことはできませんので、あらかじめ重要なポイントをピックアップしておくとよいでしょう。フローチャート図を作成するときの注意点を挙げますので、下記に留意して作成してみてください。

<注意点>
  • 複雑な箇所から始める
  • 先に枠を描いてから線を引く
  • 図形を作成した後に文字を入力する
  • 線が交錯しないように描く
  • 線が箱から離れないように描く
  • 分岐の条件に間違いがないように描く
  • 分岐からの線に正しくYes、Noを付記する
  • 箱へ入力する線が2本にならないように描く
  • 白黒で作成する
  • 箱の中の文字を読みやすく描く

まとめ
フローチャートは業務全体を俯瞰して見ることができるだけでなく、フローの順序も見ることができます。そのため、プログラム設計マニュアル作成にも便利なツールです。複数の会社や部署が絡む業務でも、流れを正確に把握することができます。フローチャートはJIS規格に定められた記号を用いて完結に描きましょう。詳細コメントを入れることができるテンプレートを使えば、フローチャートを使った企画書を簡単に作れます。まずはシンプルなフローチャートから作成してみてはいかがでしょうか。

投稿日:
2016/10/14
更新日:
2016/10/14

他のフローの書式テンプレート

≫一覧を見る

フローに関連する書き方一覧

  • 【チェックシートの書き方】

    チェックシートとは、ミスを防ぐための点検や確認を目的としたものと、現状把握や情報の整理をするための記録用のものがあります。自分の行いたい作業に合ったものを使用しましょう。チ…

フローの書式・テンプレート

フローの書式テンプレート一覧です

業務フロー01(Orange)

「フロー」に関するテンプレート、フォーマット一覧です。パワーポイント形式で作られているのでダウンロード後すぐにお使いいただけます。業務の流…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

2018 門松イラスト年賀状

門松イラストをシンプルに配した年賀状です。 文字無しバージョンもあります。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

フローチャートの書き方 テンプレを使って徹底解説 トップへ