SWOT分析|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

SWOT分析とは~例を交えて解説します~

SWOT分析とは、さまざまな要素をS(強み)・W(弱み)・O(機会)・T(脅威)の4つに分類して、組織や自己の置かれた環境を分析、問題解決策を考える手法です。

SWOT分析とは、さまざまな要素をS(強み)W(弱み)O(機会)T(脅威)の4つに分類して、組織や自己の置かれた環境を分析、問題解決策を考える手法です。SWOT分析を使った企画書のテンプレートについてご説明します。

SWOT分析とは

SWOT分析のSWOTとは、Strengths(強み)Weaknesses(弱み)Opportunities(機会)Threats(脅威)の頭文字を取ったものです。SWOT分析は事業の戦略を立てるときやマーケティング戦略を検討するときなどに使う、有名なビジネスフレームワークとなっています。

SWOT分析を使う目的

自社が置かれている現状を分析して、ビジネスの機会を多く獲得するためにSWOT分析を行います。分析結果から成功要因を導き出し、事業戦略やマーケティング計画策定に落とし込むのです。

SWOT分析のやり方

SWOT分析には、4つのボックスに分かれたマトリックスのフォーマットが使われます。SWOT各要素について分析をしていきますが、ただ単に各ボックスを埋めるだけでは意味がありません。そのため、モレなく、ダブリなく分析が進められるように、いくつかのフレームワークが用いられます。5F分析PLCバリューチェーンなどのビジネスフレームワークを参考にしてみてください。

<フレームワーク>
  • 5F分析:業界の交渉力の強さを分析し収益性の高さを把握する
  • PLC:製品の競合、市場ニーズの変化から製品ライフサイクルに及ぼす影響を分析する
  • PEST分析:P(政治)、E(経済)、S(社会)、T(技術)を用いたマクロ分析
  • バリューチェーン:競合の活動を構成要素分解し、どのように価値を生み出しているのかを分析する

①目的を明確にする

SWOT分析の目的は成功要因を導き出すことです。そのために、クロスSWOTの手法が用いられます。クロスSWOTとは、ビジネスの機会を多く獲得するために内部分析と外部分析を掛け合わせて検討することをいいます。強み×機会を掛け合わせると、自社の強みを最大限に活かした市場機会を模索することができます。一方、弱み×脅威を掛け合わせると最悪のシナリオを回避するための方法について検討することができます。今会社が求められているものは何であるか、目的を明確にした上でSWOT分析に臨みましょう。

②外部環境の分析をする

SWOT分析の要素は、外部環境と内部環境に分けることができます。外部環境とは、業界動向の変化や顧客ニーズの変化、政治経済状況、景気など、自社が変えることのできない外部環境要因のことを指しています。この分析によって、機会(Opportunity)、脅威(Threat)を導き出すことができます。

③内部環境の分析をする

内部環境とは、外部環境要因に左右されず、自社内で調整可能な要因のことを指します。具体的には、製品・サービスや人材・組織、技術・ノウハウ、設備などの事業セグメントが挙げられます。この分析によって、強み(Strength)、弱み(Weakness)を導き出すことができます。

④分析結果で判断する

ボックスごとに検討メンバー全員で討議し、特に業績に影響が大きい変化を10個ほど抽出してまとめます。SWOT分析では非常に広い範囲の分析が必要になります。細かく分析をするとキリがなく、膨大な時間を要します。そのため、まず仮説を立て、その仮説についての検証をする形で分析を進めていくと良いでしょう。

⑤クロスSWOT分析を活用する

外部環境と内部環境の分析で情報を集めたら、先ほど触れたクロスSWOTで戦略を具体的に立案していきます。クロスSWOTから、下記の答えを抽出していくことで戦略の具体化が図れます。

  • 強み×機会:強みを活かし、機会を勝ち取るための方策をどうするか
  • 強み×脅威:強みを活かし、脅威を機会に変えるにはどうすれば良いか
  • 弱み×機会:弱みを補強し、機会を掴むための方策をどうするか
  • 弱み×脅威:弱みから、最悪のシナリオを回避するにはどうすれば良いか

SWOT分析シート02(Navy)
>SWOT分析シート02(Navy)

SWOT分析の具体例

それでは、実際にSWOT分析はどのようにするのでしょうか。SWOT分析は、図解で考えると良いでしょう。実際の分析にはテンプレートが便利です。フレームワークは内部環境外部環境プラス要因マイナス要因の4つのボックスで考えられるようになっています。実際にこのマトリックスを埋めてみると下記のようになります。独立コンサルタントが、ビジネス拡大のための戦略策定をしたSWOT分析の例です。

S(強み)
  • 美容業界に特化した経験と知識
  • 手ごろな価格でのサービス
  • 地域密着型サービス
  • ネット集客ツールの知識が豊富
W(弱み)
  • フットワークが重い
  • 接待による顧客維持が主流
  • 知名度が低い
  • ネットワークが全国にない
O(機会)
  • ヘアサロンは年々増加している
  • 男性の美意識の向上
  • 規制緩和によるヘアサロン開店の増加
  • 競争激化による新しいスタイルのサロン増加
T(脅威)
  • クラウドアプリによりコンサルタントが不要になっている
  • 美容師の減少
  • 大手企業の地域参入

これらの分析結果から、特に解決すべき課題を抽出し、それに対するアプローチ方法を検討していきます。これら全てのフェーズが、パワーポイント1枚でできるテンプレートが便利です。ダウンロードしてお使いください。

自社の強みを見つけるSWOT分析シート
>自社の強みを見つけるSWOT分析シート

SWOT分析の事例

SWOT分析の具体例をご紹介しましたが、まだピンとこない人もいるでしょう。それでは、実際に馴染みのある企業のSWOT分析の事例をご紹介していきます。

事例①オリエンタルランド

S(強み)
  • 世界でも最大の入場者数を誇るディズニーリゾートの運営
  • 絶大なブランド力
  • 自己資本比率が高い
  • 広大な土地の所有
W(弱み)
  • 度重なる値上げによるインフレ状態
  • 施設の立地が湾岸沿いで、災害時の物理的リスクがある
  • 中期的な入園者数の大幅な増加は見込めない
  • シルクドソレイユの低迷
O(機会)
  • 外国人観光客の増加
  • 千葉県以外の場所への進出
T(脅威)
  • 人口減少による国内市場の縮小が進む
  • 所得減少による個人支出の低迷

事例②セブン&アイホールディングス

S(強み)
  • コンビニ業界トップを誇るセブンイレブンを運営
  • オリジナルバリューブランドの展開
  • セブン&アイ、イオンは流通2大勢力となっている
W(弱み)
  • 国内コンビニ事業成長率の鈍化
  • 営業利益率の低迷
  • フードサービス事業の低迷
O(機会)
  • アジア地域の発展
  • 異業種との共同店舗展開の可能性
  • 自治体との『地域活性化包括連携協定』締結が進む
T(脅威)
  • 100円ショップの台頭による消費者の節約志向の高まり
  • 生活必需品の市場価格低下
  • 競合の多いコンビニ業界ではこれ以上の差別化が難しい

まとめ
企業が経営戦略を策定するには、経営を取り巻く外部環境経営資源を意味する内部環境の両面からの分析が不可欠です。その両面から統合的にアプローチ可能なフレームワークがSWOT分析です。一見業績がプラスになりそうな外部環境の変化でも、必ずビジネスチャンスにつながるとは限りません。それは、競合にとっても同じ条件となり得るからです。どんな点が競合より勝っているのか、変化への対応力がキーとなります。競合他社に負けない戦略が立てられるよう、テンプレートを活用してSWOT分析をしてみてください。

投稿日:
2016/10/14
更新日:
2016/10/14

他のSWOT分析の書式テンプレート

≫一覧を見る

SWOT分析に関連する書き方一覧

  • 【企画書テンプレートの書き方】

    企画書を作る際に、伝えたいことに合わせてデザインテンプレートを使うと便利で早く仕上げることができます。例えばフローチャートやサービスの流れ、ガントチャートなど、決まったフォ…

  • 【事例実績の書き方】

    企画書・提案書の1ページに事例や実績の紹介を行うことで、説得力が格段に上がります。そんな大切な事例・実績のページは見やすく分かりやすい魅力的な配置を心がけたいですよね。テン…

SWOT分析の書式・テンプレート

SWOT分析の書式テンプレート一覧です

マーケティング戦略体系図

SWOT分析に関する書式、テンプレート一覧です。SWOT分析とは、さまざまな要素をS(強み)・W(弱み)・O(機会)・T(脅威)の4つに分…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

リフレクソロジーの妊娠時の承諾書

妊娠の方がリフレクソロジーを行うときに、施術の前に体調の確認等のためにお店と交わす承諾書です。他の施術でも応用できるとおもいます。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

SWOT分析とは~例を交えて解説します~ トップへ