労務管理|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

労務管理の基礎知識

労務管理のそもそもの目的は、従業員にやる気を出してもらうこと。

労務管理の目的は、従業員のやる気を引き出すことです。そのやる気の引き出し方は、会社それぞれです。インセンティブ制度を設けている会社もあれば、福利厚生に力を入れているなど、その会社の個性が表れます。会社に合ったルールや制度をつくることを通じて働く場の環境を整えて、従業員のやる気を引き出し、組織の生産性を上げることが労務管理の目的です。

ルールや制度をつくるのは会社側ですが、それを一方的に押し付けて、従業員と雇用主の間で不平等な契約が結ばれると、従業員のやる気はなくなってしまいます。そのため、それを防ぐためにいくつかの労働関係の法令が存在します。一番有名な法令に、労働基準法があります。あたりまえですが、労務管理はこの労働基準法にのっとっていなければなりません。

従業員のやる気を引き出すのは、ルールや制度だけではありません。しっかりと保険加入・変更・控除や労働時間、労働条件なども管理することで、安心して働ける場を提供できるのです。海外から日本へ長期にわたって働きに来ている人にとっては、帰化申請の書類も必要になるでしょう。このように労務管理は幅広く、法律などにも制約されますが、組織にとってはとても重要なのです。

労務管理で必要になる書類

会社内の人向けの労務管理書は、従業員名簿、就業規則、社会保険、労務管理などがあります。従業員名簿は、働いている従業員の一覧であり、労働基準法で作成が義務付けられています。就業規則は、その会社で働く上でのいわばルールであり、それを全員が守ることで無用な衝突を避け、安心して働く場を提供します。社会保険は、労災保険、厚生年金などいわゆるセーフティネットの役割を果たします。この保険があることで、現時点のみならず、何かあったときのための備えになります。

労務管理は労働時間や条件を管理することで、時間外手当などの割増給料の支払いを管理します。
>労災事故報告書はこちら

会社外の人向け

会社の外の人向けに使う文書は、主に労務申請書です。これは保険加入に該当する条件を持つ従業員を雇用した場合に使用します。これらは主に役所に提出する書類のため、しっかりと必須項目を確認してから書くことが重要となります。

さらに、ハローワークの求人で未経験者をトライアル採用した場合に受給できる奨励金の申請など、景気によって使える文書は異なります。会社のリソースの状況によって新しい奨励金制度や法律が整備されていないかを確認することも必要となるでしょう。

文書の書き方リンク集

書式の王様では、労務管理に関する文書の書き方をご用意しております。ぜひご覧ください。
【就業規則の書き方】
http://www.bizocean.jp/doc/howto/96/

投稿日:
2016/02/16
更新日:
2016/02/16

他の労務管理の書式テンプレート

≫一覧を見る

労務管理に関連する書き方一覧

  • 【在職証明書の書き方】

    在職証明書とは「在籍している」もしくは「在籍していた」ことを証明するための書類になります。勤務証明・就業証明は「現在在籍している」場合で作成を依頼される場合が多いですが、在職証明書は退職後の方からも依頼が多いようです。詳しく解説していきます。

  • 【従業員名簿の書き方】

    従業員名簿のテンプレート一覧と書き方です。従業員名簿は、事業場ごとに、そこで働く従業員について記載した帳簿のことです。労働基準法で雇用主に作成が義務づけられており、日雇をのぞく全従業員について作成します。必須の記載事項は、従業員の氏名の他、生年月日、性別、住所、履歴、業務内容、採用年月日、退職または解雇の年月日と解雇理由、死亡の年月日とその原因です。すぐに表示・印刷できる状態であれば、コンピュータ上での管理も認められています。その従業員が退職した日から3年間経過するまでは保管します。

  • 【就業規則の書き方】

    就業規則は職場のルールを定めた文書であり、従業員に周知させることで無用なトラブルを回避することができます。ルールの中には労働時間、賃金、人事、服務規律などが含まれます。就業規則に記載する事項は労働基準法によって義務付けられている項目と、事業場内でルールを定める場合に記載する項目、そして任意に記載できる項目があります。また、作成・変更する場合には所轄労働基準監督署長に届け出なければいけません。このページは、就業規則を作成するにあたって知っておくべきことや、変更する方法、雛形などを紹介しています。

  • 【社会保険の書き方】

    社会保険とは、社会全体の負担により給付が行われる保険のことです。このうち労働者災害補償保険は、基本的にすべての雇用主が加入を義務づけられています。雇用保険・健康保険・厚生年金保険は、加入要件を満たした従業員について加入の手続きを行い、給与から徴収した保険料を会社負担分と合わせて翌月末日に納付します。40歳以上の従業員は介護保険にも加入します。

  • 【従業員管理の書き方】

    従業員管理とは、氏名変更届などの届出書類や社員住所台帳、従業員の個人別の能力評価を一覧にした人材目録、職務権限や福利厚生といった人事・労務一般に関わる規定類など、従業員管理のための書類をまとめたものです。とくに扶養する子供の出生など、社会保険の加入や変更、保険料の控除に関わる事由が発生した場合はすみやかに届け出るよう、普段から周知し書式を整備しておくとよいでしょう。従業員管理に関するさまざまなテンプレートや書き方についてご説明します。

  • 【紛失届の書き方】

    紛失届は社員証などの大切なものや会社の備品などを従業員が紛失した際に提出が必要になります。書式はおおむね決まっていて、そのフォーマットに基づき紛失した社員に提出させます。詳しく解説していきます。

  • 【労使協定の書き方】

    労使協定とは、労働者の代表(主に労働組合代表など)と雇用主(主に社長・会社代表)とが協議によって結ぶ合意文書のことです。よく知られる労使協定として、サブロク協定(36協定)や時間外労働・休日労働に関する協定があります。就業規則との違いは、従業員側の同意が必要かどうかになります。ここでは代表的な労使協定の一覧、書類の形式や書き方、手続き方法についてまとめました。

  • 【労務管理の書き方】

    労務管理とは、労働者の募集及び採用、配置や異動、教育や訓練、人事考課による昇進、昇給、賃金や労働時間の管理から退職までの一連の流れを適正に管理することです。企業は「ヒト」「モノ」「カネ」の3つの経営資源から成り立っています。労務管理はその中で最も重要な「ヒト」を活かすために重要な役割を果たしています。

  • 【労務申請・届出書の書き方】

    労務申請・届出書とは、社会保険の加入や給付申請など、労務管理に必要な申請書や届出書のことです。社会保険や雇用保険の加入要件を満たす条件で従業員を雇用した場合、採用時には資格取得届、退職時には資格喪失届を社会保険事務所や職業安定所に提出します。また、毎月の給与から保険料を徴収するため、各従業員について、4月~6月の給与額の平均を求め、毎年7月に報酬月額算定基礎届を提出します。様々な種類の労務申請・届出書のテンプレートや書き方についてご説明します。

  • 【帰化申請の書き方】

    帰化申請は、外国籍の人が日本国籍へとなることです。日本では毎年1万~1万5000人が申請しており、大半が許可されています。在日韓国人・朝鮮人の帰化が約6割を占めます。サッカーや相撲の世界では帰化選手が多数おり結果を残しています。実業家の中では、ソフトバンクの孫正義氏なども帰化日本人です。このように、帰化はその人だけではなく、日本にとってもプラスです。このページでは、帰化申請の手順、条件、費用、期間と、そのために使える書類を紹介しています。

労務管理の書式・テンプレート

労務管理の書式テンプレート一覧です

在職証明書06

労務管理に関するテンプレート一覧です。労務管理とは、経営管理の領域の一つで、組織(主に企業)が従業員に対して行う管理活動です。ここでは雇用…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

2017年 卵と酉の書

2017年、可愛い卵と「酉」の書です。今回も書道家・中山美扇さんに「酉」部分を書き下ろしてもらいました。可愛くシンプルなデザインにしました。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

労務管理の基礎知識 トップへ