残暑見舞い特集

残暑見舞いはがき用のデザインテンプレートと専門家コラムをご用意しました。
残暑見舞いはがきを送る時期は「立秋(8月8日頃)」~8月末頃までが一般的です。現代では9月中旬以降も残暑が続きますが、暦がひとつの基準となっています。遅くとも「処暑の候(9月7日頃まで)」に届くように準備しましょう。

また季節の挨拶状を出そうと思った時、意外と多いのが「今は暑中見舞いと残暑見舞いのどちらに当てはまるのか?」「両者の違いは何なのか?」といった疑問。挨拶状はタイミングを逸してしまってはかえって失礼になる場合もあります。残暑見舞いはがきを出すタイミングはもちろん、基本構成等についてもこの機会に確認しておきましょう。

残暑見舞い

bizoceanでは今すぐ残暑見舞いとしてご利用いただける、様々なはがきデザインを公開中です。長年にわたって人気の定番はがきデザインから、風情の感じられる人気のデザインテンプレートを取り揃えております。
はがきテンプレートはWord(ワード)データになっているので、簡単に文章の編集やデザインフォントを利用することができます。無料ダウンロードしてご利用ください。

ビジネス向け人気デザイン

bizoceanで多数公開中の残暑見舞いはがきの中から、人気のデザインをピックアップしました。

風情のある人気デザイン

プライベートの近況報告などに活用いただける人気のデザインを集めました。
bizoceanでは残暑見舞いの無料はがきテンプレートを多数取り揃えています。ぜひお好みのデザインを無料ダウンロードしてお役立てください。

暑中・残暑見舞いイラスト

残暑見舞いは、立秋(8月7日頃)を過ぎてから8月末頃までの時期に出します。暑さはまだまだ厳しいことから、相手の体調を気づかうとともに、こちらの近況を伝えます。文字どおり「暑さが残っている」時期のお見舞いです。季節感を感じられる100点以上の暑中見舞い・残暑見舞い用のイラストのなかからピックアップしました。

専門家による書き方コラム

残暑見舞いの基本とマナー、挨拶文の書き方を丁寧に解説しています。プライベート、ビジネス用の文例もご紹介しています。差出人を会社として出す場合、取引先に自分の近況を添えて出す場合等の配慮ポイントとしても参考にしてみてください。

イラスト1
まずは「残暑お見舞い」を知ろう 季節のあいさつ状を出そうと思っても、意外と暑中お見舞いと残暑見舞いのどちらに当てはまるのか違いは何なのかわかりにくいことがあります。…
イラスト2
言葉に季節の風情を添える 第2回目は文書の書き方をお伝えしていきます。残暑お見舞いといった挨拶状の季節感を盛り上げてくれるのがイラストや写真といったイメージです…
イラスト3
文例を参考に自分なりの残暑お見舞いを書く 前回まで基本構成や心を動かすための配慮についてご紹介してきました。これをビジネスで出す場合、実際に書き始めるのに実際にどうすればいいのか、いくつか文例を挙げておきます。…
イラスト4
手軽にお届けできる心遣い 前回まで残暑お見舞いを通して心を動かす書き方伝え方をお伝えしてきました。これまでよりも少し身近に感じていただけた方もいるのではないでしょうか。…
商社にて経営層と組織のパイプ役として経理、社長秘書を兼務しながら管理職として経理・経営企画・中国ビジネス推進室に従事。予算システム、BSC(バランススコアカード)による組織業績管理制度を構築・導入する。…
「暑中・残暑見舞い」のイラスト一覧

残暑見舞いはがきを印刷する

暑中・残暑見舞いをWordで簡単に「ハガキ印刷」する方法

暑中・残暑見舞いをWordで簡単に「宛名印刷」する方法