恥をかかない年賀状講座

Step04 出状のマナー

2012/10/15

和文化研究家、ライフコーディネーター
三浦康子

Step04 出状のマナー

Q.喪中の場合や、遅れて出す場合の対処法など、出状のマナーを教えてください。

A.喪中の年賀欠礼は、プライベートとビジネスでは考え方が異なります。
また、喪中や出状にまつわるミスは、「寒中見舞い」できちんとフォローしておきましょう。

【喪中のマナー】

■喪中の考え方

・組織の一員としての年賀状なら、個人の喪中については関係なく年賀状をやりとりして構いません。

・個人で出す場合でも、故人と面識のない仕事上の相手や気遣いをさせたくない相手には、喪中と知らせずに年賀状のやりとりをすることもあります。

■喪中で年賀状を出さない場合には、「年賀欠礼状」を11月中旬から12月初めまでに送ります。

・相手が喪中と知らずに年賀状を出してしまったら、「寒中見舞い」で年賀状を出した失礼を詫びましょう。

・喪中なのに年賀状をいただいたら、「寒中見舞い」で年賀欠礼を知らせましょう。

【年賀状の出状マナー】

■年賀状はできるだけ元旦に届くように出しましょう。

会社宛てに送る場合には、仕事始めまでに届くようにします。

■私製はがきの場合、切手を貼る場所の下に「年賀」と朱書きします。

書き忘れると年内に郵送されてしまうので注意しましょう。
※切手は年賀切手がおすすめです。

■出していない相手から年賀状が届いた場合、松の内(一般的には1月7日まで。地域によっては15日まで)に届くなら年賀状を、それ以降は「寒中見舞い」を出し、年賀状を頂戴した御礼や遅れたお詫びを書き込みます。

【寒中見舞い】

「寒中見舞い」とは、寒さの厳しい時期に相手の健康を気遣う便りのこと。
寒の入り(1月5日頃)から立春(2月4日頃)までに出すため、次のような使い方ができます。

・冬のご挨拶

・喪中の方へのご挨拶

・喪中とは知らずに年賀状を出してしまった方へのお詫び

・喪中とは知らずに年賀状をくださった方へ欠礼を知らせる

・年賀状の返礼が松の内に届かない場合

※年賀状を使用してはいけません。

STEP4で使えるテンプレート

投稿日:2012年10月9日
  • ご意見・ご感想

■この記事の評価(最高評価:★5)

0

■ご意見・ご感想はこちらからお願いします(任意)

  • 筆者プロフィール
三浦 康子

三浦 康子

和文化研究家
ライフコーディネーター
和文化研究家。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、WEB、講演などで暮らしを彩る日本文化の情報発信に幅広く携わる。All About「暮らしの歳時記」ガイド。著書「粋なおとなの花鳥風月」(中経出版)など多数。

この筆者の他の記事(全て見る)

« コラムの王様トップ
このページの上部へ