企業法務関連コラム一覧

[契約書の書き方] 第11回:業務委託契約書〔請負型①〕

準委任契約に属する準委任型の業務委託契約書についての解説に続き、今回より請負契約
(民法632条)に属する請負型の業務委託契約書について、規定例を示しながら解説。
2021/07/28NEW!

ファクタリングに利息制限法は適用されるのか

企業の窮状に付け込み手数料を要求する業者(ヤミ金業者)に注意。今回は売掛債権を早期に
現金化可能な、中小企業でよく用いられ資金調達手段であるファクタリングについて解説。
2021/07/27

対話でわかる!建設業許可のポイント

工事の施工をする場合であっても常に建設業の許可が必要とは限らない?建設業許可事務
ガイドラインをもとに許可の必要性や違い、メリットとデメリットなどを対話形式で解説。
2021/07/14

手形割引に利息制限法は適用されるのか?

2026年をめどに約束手形が廃止?中小企業でよく用いられる資金調達手段である手形割引
を解説。メリット・デメリットと手続き、企業の資金調達方法を取り巻く環境をご紹介。
2021/07/09

中小企業と会社補償・D&O保険

会社補償やD&O保険は上場会社における問題と捉えられがちですが、中小企業の取締役にも
十分に身近な問題。今回は改正法で規定が新設された会社補償とD&O保険について解説。
2021/07/06

会社が作成する議事録への押印の要否

脱ハンコ化の加速が予想されるなか、議事録の成立要件として署名や押印が必要なケースも。
会社法上作成が求められる議事録について、どのような規定が存在するか整理します。
2021/07/02

[契約書の書き方]
第10回:業務委託契約書(準委任型②)

今回は準委任型の業務委託契約(甲社が乙社に対し特定の事務の処理を委託する場合)を
対象として、善管注意義務や再委託など第5条から12条までの想定し得る規定について解説。
2021/07/01

はじめての株主総会 株主総会のみなし決議・みなし報告制度について

株主総会決議があったものとみなされる「みなし決議」制度や、株主総会を開催し報告した
のと同様の効果を得ることができる「みなし報告」制度について、導入から運用までを解説。
2021/06/18

株主総会で取締役は何を説明しなければならないのか

近年IR(Investor Relations)活動の重要性は、企業価値にも影響を与えるものとして
ますます増大。今回は株主総会における取締役の説明義務を解説。
2021/06/17

[株主総会]
第5回:ハイブリッド出席型バーチャル株主総会④

中小企業でも開催可能な参加型・出席型総会について、事例を中心にご紹介。議決権行使や
肖像権等への配慮、招集通知の記載方法、お土産の取扱いといった実施ガイドとしても解説。
2021/06/16

関連する書式