大切だけど大変な商品管理も、これでスッキリ!書式10撰

2010/2/8

はやし国際法務事務所
代表 林炳大

在庫管理マーケティング調査事業計画コスト管理経営計画

達人の専門分野について

全ての業種において商品管理はとても大切な分野です。商品管理がしっかりとできていないために、大切なお客様の信頼をなくすこともあります。しかし、商品管理は、ただ物やサービスを揃えれば良いわけではなく、経済の流れや自社の販売力を見極めながら行う必要があります。商品管理は無駄なく効率的に行う必要があります。今回はお勧めの書式を紹介することでアドバイスをさせて頂きたいと思います。

経歴概略

林炳大
はやし国際法務事務所 代表
神奈川県出身

2002年に「はやし国際法務事務所」を設立。
ゼロから始める会社設立・独立起業支援やゼロから始めるコンサルタントを中心に活動中。多くのの独立・起業・会社設立をサポートしている。
業務の他にも資格学校や大手企業の企業内研修講師も行い、楽しく分かりやすい説明で講師としての依頼も多い。
経済産業省後援ドリームゲートの飲食店相談件数トップの人気アドバイザーでもある。的確なマーケティング・企画・戦略立案には定評がある。

あなたを導く~達人の視点~

 商品管理で必要なのは、最初に自社の商品管理状況を正確に把握することです。そのためには、最初に大切な棚卸と商品の把握をしておく必要があります。ある程度商品の把握が出来た後は、今後どの商品に力を入れて売り出すのか計画を立てる必要があります。そうしないと、主力でない商品の注文たまたま入ったときに、ニーズをしっかりと理解していなかったために次に備えて多めに在庫を抱え、結局はデットストックになってしまう可能性があるからです。
 次に、業種によって変わってきますが、日・週・月別に商品別の売上などの動きをしっかりと理解するようにします。商品の流れをしっかりと理解することによってデットストックをなくし、効率のより商品の発注と在庫管理を行うことができるようになります。
 今回の商品管理を各セクションで共有することにより、会社としての一体感が増し、社員全員が部署の為ではなく、会社の為の商品管理として認識してくれるはずです。

大切だけど大変な商品管理も、これでスッキリ!
書式10撰

あなたを導く~達人の視点~

 商品管理で必要なのは、最初に自社の商品管理状況を正確に把握することです。そのためには、最初に大切な棚卸と商品の把握をしておく必要があります。ある程度商品の把握が出来た後は、今後どの商品に力を入れて売り出すのか計画を立てる必要があります。そうしないと、主力でない商品の注文たまたま入ったときに、ニーズをしっかりと理解していなかったために次に備えて多めに在庫を抱え、結局はデットストックになってしまう可能性があるからです。
 次に、業種によって変わってきますが、日・週・月別に商品別の売上などの動きをしっかりと理解するようにします。商品の流れをしっかりと理解することによってデットストックをなくし、効率のより商品の発注と在庫管理を行うことができるようになります。
 今回の商品管理を各セクションで共有することにより、会社としての一体感が増し、社員全員が部署の為ではなく、会社の為の商品管理として認識してくれるはずです。

大切だけど大変な商品管理も、これでスッキリ!
書式10撰

1
 在庫管理カード

おすすめ度:10点

活用のツボ

・何はともあれ、今現在の商品在庫を調べ直す必要があります。
・これは1人で行うのではなく、チームで行うようにします。
・チームは同じ部署ではなく、各部署の代表で構成しましょう。

2
 ABC分析による商品管理基準

おすすめ度:10点

活用のツボ

・在庫管理が把握できた後に、商品の管理基準を見直します。
・この基準を元に、今の在庫を今一度検証し直します。
・この表を元に、ある程度商品にランク付けを行うようにします。

3
 マーケティング戦略課題体系図

おすすめ度:10点

活用のツボ

・売れ筋の商品を今後どのように販売するか、戦略を見直します。
・売上の芳しくない商品の原因も探るようにします。
・力を入れる商品とそうでない商品の販売方法を決定します。

4
 商品管理月報

おすすめ度:10点

活用のツボ

・計画を立てた後、その計画通りに販売が出来ているか確認します。
・各部署に同じ月報を作成してもらい、共通認識を高めます。
・各部署の月報を総合した報告書を作成し、共有します。

5
 在庫管理表(小売業用)

おすすめ度:10点

活用のツボ

・小売業用ではありますが、項目を変えて他業種でも使用できます。
・しっかりと商品を管理するためなるべくこまめにチェックします。
・これも全社員が共有できるように、公表するようにします。

6
 商品別在庫管理確認シート

おすすめ度:10点

活用のツボ

・商品の在庫をチェエクするためのシートです。
・簡単にチェックできますので、なるべく毎日使用しましょう。
・このシートも週または月ごとに集計をして公開するようにします。

7

活用のツボ

・商品管理を行うために、自分の商品力の把握は必要です。
・客観的に判断するために顧客にアンケートを取るのも大切です
・商品力で足りない個所は再度自社の戦略を練り直します。

8
 倉庫別在庫一覧表(卸売業)

おすすめ度:10点

活用のツボ

・タイトルは卸売ですが、各種製造業などで活用できます。
・こまめに活用できるシートです。全社員で共有しましょう。
・週ごと、月ごとにまとめて公表をし、共通認識を高めましょう。

9
 商品原価一覧表(飲食)

おすすめ度:10点

活用のツボ

・飲食業用の商品原価一覧表です。メニューの開発にも役立ちます。
・ホールと調理場で共有することにより材料の無駄を削減できます。
・週・月別の売上を把握することでデッドメニューを削減できます。

10
 戦略・管理のチェックリスト

おすすめ度:10点

活用のツボ

・自社の売りたい商品をより多く販売するために役立ちます。
・販売戦略がしっかりと実践されているかどうか確認できます。
・販売管理が出来ていないときに、次のアクションを確認できます。

« コラムの王様トップ »