紛失届|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

紛失届の書式と書き方

紛失届は社員証などの大切なものや会社の備品などを従業員が紛失した際に提出が必要になります。

紛失届は、社員証などの大切なものや会社の貸与備品などを従業員が紛失した際に必要な書類です。書式は会社ごとに決まっており、そのフォーマットに基づいて紛失した社員に起票・提出させます。それは管理部門(管理者)にとって、遺失物の悪用を未然に防ぐことや、貸与品の在庫管理に影響するため、二次災害の防止にもつながります。さっそく解説していきましょう。

紛失届に必要な項目とは?

企業の中には、身分証明書・社員証・IDカードなどの悪用されやすい重要なものと、その心配がないものと、管理レベルを分けて運用している会社があります。
悪用されにくいものを対象とした紛失届に必要な記入項目は紛失者氏名、届け出年月日、紛失物、紛失日、紛失場所(思いあたる場所等)、紛失事由、その他備考を紛失者に書かせて管理部門が受け取る、この一連の行為を事務的に行なうだけでは意味がありません。管理部門は事務的に届け出を受理するのではなく「紛失事由」に着目して同じ過ちの傾向などを分析し、再発防止策の立案に結び付けることが管理の基本です。再発防止対策案ができたら、貸出の時に対策案を実施できるように運用を改善していきましょう。

身分証明書・社員証、携帯電話などの悪用されやすい貸与品の紛失届

悪用されやすい貸与品は二次災害につながる恐れがあるため、紛失届の提出・受理をきっかけに速やかな二次災害防止策の実施が求められます。

二次災害の想定例
●身分証明証・社員証・・・最近はICカード化されているものが多く、セキュリティー管理の面で成り済ましの事故が想定されます。機密エリアへの侵入、ICカードを利用した機密情報の漏洩、社内での物品の購入などが考えられます。社外においては金融機関での悪用なども考えられます。
●携帯電話、ノートパソコンなどの通信機器・・・社内外を問わず、いつでも情報を発信できる可能性があるので、セキュリティー管理上、紛失届を受理したら即時、遺失物の利用を停止する運用を準備しておくことをお勧めします。
悪用されやすいIDや通信機器は社内・社外で問題を起こす可能性が大きいので、紛失届には前記のテンプレートに加え、下記の項目を記述させてトラブル防止の対策に結び付けるとよいでしょう。

紛失日時
おおよその時間帯
紛失場所
利用者の行動経路や紛失したと思われる地名、住所
紛失時の形態
バッグに入れたまま、裸で、など
警察・関連施設への届け出の有無
有は届け出時刻など


> 身分証明書紛失届
このサンプルには紛失届と共に「始末書」や「再発行申請」のような文言が追加されています。企業によっては「始末書」の活用部門と「再発行申請」の受付部門が独立している場合もあり、それぞれの起票が要求されることもあります。

備品などの紛失届

什器備品類は悪用されにくい分類のため、多くの管理項目は不要ですが、社外に持ち出せるものであれば、下記サンプルに紛失場所・時間・形態などを加えておくとよいでしょう。探せる情報があれば、遺失物回収の助けになるからです。また貸出時に管理ナンバーを起こしている場合は、そのナンバーもこの届出書に加えておきましょう。利用者がどのくらいの期間、借用していたかも分かるようになります。
紛失届は、単なる始末書のような意味合いにとどまらず、使い方によっては「利用者がどういう状況で使用していたか」、「その期間どんな管理状態にあったか」なども把握できる書類です。再発防止策を検討できる情報収集の目的も考慮に入れて用いることをお勧めします。

紛失届2

紛失理由の上手な書き方とは?

これは利用者本人の不注意・管理不行き届きが原因で紛失するわけですから、ありのままを報告しましょう。報告ポイントは5W1Hです。

When
いつ(年月日時ころ)
Who
利用者名
What
借用備品名
Where
どこで (訪問先? 交通機関? 移動中?)
Why
どうして (置き忘れ、落とした、無くした、取られた、気付いた)
How
借用期間を通しての管理はどんな状態?

例1:健康保険証を紛失した際の理由の書き方例

健康保険証は会社ではなく健康保険組合が管理しています。会社によっては総務部門を通して、または健康保険組合の窓口へ直接届け出ることが望ましいでしょう。5W1Hを踏まえて作成して下さい。なお、家族がいれば保険証は個別にあるので、届け出る場合は手元に残っている保険証のコピーなどを添えて該当者の名前を明記すると、再発行時の情報につながると思います。

例2:IDカードを紛失した際の理由の書き方例

IDカードは常に身につけているものです。社内・社外を問わずに持ち歩いているものですから、5W1Hをキーワードに、自身の行動を思い出しながら作成して下さい。

警察への届け出について

やはり5W1Hをポイントにして、文書で届けると正確に伝わります。

まとめ
悪用されやすいものを紛失した場合は二次災害を踏まえ、一刻も早く警察や関連施設へ紛失の事実を報告しましょう。遺失物損害保険に入っている場合は、警察や関連施設・公共施設などの証明を添えることで、損害保険会社への保険金請求が可能になります。
またこれらの個人情報に繋がる物を紛失した瞬間から二次災害が発生すると云う事を認識すれば、二次災害防止策や再発防止策の検討につながります。二次災害防止策の一例では、情報通信機器の利用者に注意喚起する運動として、社内・社外にて想定できる災害の具定例を多くの人から募集して、事故防止等のキャンペーン活動を広めていきましょう。 より能動的な防止策としては、システム部門との連携をお勧めします。通信機器の個体管理ナンバーを指定してシステムから切り離したり、利用不可の状態にする緊急処置を、ぜひ検討して下さい。

紛失届に関しては、提出までのスピードが大切です。いかにスピード感を持って必要な情報を記載させるかが大事です。リスクを最小限にとどめるためにも、記入方法だけでなくフロー自体もしっかりと認識させる必要があります。他の書類よりも、社内の連携を強化していきましょう。

投稿日:
2016/02/12
更新日:
2016/02/12

他の紛失届の書式テンプレート

≫一覧を見る

紛失届に関連する書き方一覧

  • 【在職証明書の書き方】

    在職証明書とは「在籍している」もしくは「在籍していた」ことを証明するための書類になります。勤務証明・就業証明は「現在在籍している」場合で作成を依頼される場合が多いですが、在職証明書は退職後の方からも依頼が多いようです。詳しく解説していきます。

  • 【従業員名簿の書き方】

    従業員名簿のテンプレート一覧と書き方です。従業員名簿は、事業場ごとに、そこで働く従業員について記載した帳簿のことです。労働基準法で雇用主に作成が義務づけられており、日雇をのぞく全従業員について作成します。必須の記載事項は、従業員の氏名の他、生年月日、性別、住所、履歴、業務内容、採用年月日、退職または解雇の年月日と解雇理由、死亡の年月日とその原因です。すぐに表示・印刷できる状態であれば、コンピュータ上での管理も認められています。その従業員が退職した日から3年間経過するまでは保管します。

  • 【就業規則の書き方】

    就業規則は職場のルールを定めた文書であり、従業員に周知させることで無用なトラブルを回避することができます。ルールの中には労働時間、賃金、人事、服務規律などが含まれます。就業規則に記載する事項は労働基準法によって義務付けられている項目と、事業場内でルールを定める場合に記載する項目、そして任意に記載できる項目があります。また、作成・変更する場合には所轄労働基準監督署長に届け出なければいけません。このページは、就業規則を作成するにあたって知っておくべきことや、変更する方法、雛形などを紹介しています。

  • 【従業員管理の書き方】

    従業員管理とは、氏名変更届などの届出書類や社員住所台帳、従業員の個人別の能力評価を一覧にした人材目録、職務権限や福利厚生といった人事・労務一般に関わる規定類など、従業員管理のための書類をまとめたものです。とくに扶養する子供の出生など、社会保険の加入や変更、保険料の控除に関わる事由が発生した場合はすみやかに届け出るよう、普段から周知し書式を整備しておくとよいでしょう。従業員管理に関するさまざまなテンプレートや書き方についてご説明します。

  • 【紛失届の書き方】

    紛失届は社員証などの大切なものや会社の備品などを従業員が紛失した際に提出が必要になります。書式はおおむね決まっていて、そのフォーマットに基づき紛失した社員に提出させます。詳しく解説していきます。

  • 【帰化申請の書き方】

    帰化申請は、外国籍の人が日本国籍へとなることです。日本では毎年1万~1万5000人が申請しており、大半が許可されています。在日韓国人・朝鮮人の帰化が約6割を占めます。サッカーや相撲の世界では帰化選手が多数おり結果を残しています。実業家の中では、ソフトバンクの孫正義氏なども帰化日本人です。このように、帰化はその人だけではなく、日本にとってもプラスです。このページでは、帰化申請の手順、条件、費用、期間と、そのために使える書類を紹介しています。

  • 【労務申請・届出書の書き方】

    労務申請・届出書とは、社会保険の加入や給付申請など、労務管理に必要な申請書や届出書のことです。社会保険や雇用保険の加入要件を満たす条件で従業員を雇用した場合、採用時には資格取得届、退職時には資格喪失届を社会保険事務所や職業安定所に提出します。また、毎月の給与から保険料を徴収するため、各従業員について、4月~6月の給与額の平均を求め、毎年7月に報酬月額算定基礎届を提出します。様々な種類の労務申請・届出書のテンプレートや書き方についてご説明します。

  • 【労使協定の書き方】

    労使協定とは、労働者の代表(主に労働組合代表など)と雇用主(主に社長・会社代表)とが協議によって結ぶ合意文書のことです。よく知られる労使協定として、サブロク協定(36協定)や時間外労働・休日労働に関する協定があります。就業規則との違いは、従業員側の同意が必要かどうかになります。ここでは代表的な労使協定の一覧、書類の形式や書き方、手続き方法についてまとめました。

紛失届の書式・テンプレート

紛失届の書式テンプレート一覧です

健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届(社会保険庁版)

紛失届のテンプレート一覧、書き方・サンプルです。紛失届とは、会社の備品や貸与品を従業者が紛失した際に、その品目や状況を報告する文書のことで…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

Fax Cover 022

英語のFAX送付状です。FAX送付状とは、顧客などに連絡事項を伝えるための送付状のことです。WhenIfax,Icanuseit.

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

紛失届の書式と書き方 トップへ