電卓|ビジネス書式のダウンロードと書き方はbizocean(ビズオーシャン)

こんなに便利!電卓の隠れた使い方講座~ボタン・記号・機能について~

いつも何気なく使っている「電卓」。みなさんはどんな使い方をしていますか?加減乗除の計算だけにしか使わないなんてもったいない!ここでは、「MR」や「MC」、「▶」ボタンなど、電卓のとっても便利な使い方を紹介、解説していきます。便利な機能を使いこなして、楽しく効率よく業務を進めましょう!

無料のビジネス書式 請求書・注文書テンプレート 一覧から探す

電卓についている特殊ボタンの使い方

電卓についているアルファベットのボタン、使ったことはありますか?実は使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。ほとんどの電卓には、「M」「S」「MR」「MC」などのローマ字表記のボタンがあります。これらの機能を知ればますます電卓を有意義に使えますよ!それでは詳しく紹介していきます。

実例1:MR,MC,MRC,M+,M-,MSの使い方

AC オールクリア メモリーを含めたすべてを消す
C/CE 直前に入力した数値を消す。PCのバックスペースと同定義
MR メモリーリコール メモリーの数値を表示
MC メモリークリア メモリーを消す
MS メモリーストア 表示している数字をメモリーに入れる
M+ メモリープラス 表示されている数字をメモリーに足す
M- メモリーマイナス 表示されている数字をメモリーから引く
MRC メモリーリコール&メモリークリア 一度押すとメモリー内容を呼び出し、もう一度押すとメモリークリアになる

まず、頭文字に「M」がつくボタンはメモリーキーといって、計算結果などを記憶するボタンであると考えてください。それぞれ見ていきましょう。

MR:メモリーリコール

電卓 MR(メモリーリコール)ボタン、MRC(メモリーリコール&メモリークリア)ボタンの説明画像

メモリーに貯めた計算結果を表示します。
単純な足し算や引き算などでは、「+」や「-」のボタンを使ったあと「=」ボタンを押して計算結果を出しますね。「MR」はメモリーキーを用いて貯めた計算結果を表示するときに、「=」に替わって押すボタンです。

MC:メモリークリア

メモリーに貯めた計算結果を消します。

MRC:メモリーリコール&メモリークリア

MRの機能にMCの機能がプラスされたボタンです。一度押すとメモリー内容が呼び出され、もう一度押すとメモリー内容がクリアされます。

M+:メモリープラス

電卓 M+(メモリープラス)ボタンの説明画像

電卓に表示されている数字をメモリーに残します。
いくつかの項目ごとに計算をして最終的に合計を出したいとき、1つの項目の小計を貯めながら合計を計算することができます。
この機能を知らずに、1つ1つ小計を出してメモを残しながら再度合計をしている人も多いのではないでしょうか。
ここからは、メモリー系のボタンを合わせた具体的な使い方を紹介していきます。

例:100円の鉛筆を3本、200円のペンを5本買ったときの合計を出してみましょう。
計算式は、100×3 + 200×5 となります。これを「M+」で計算すると
① 100×3 M+(300)
② 200×5 M+(1,000)
③ MR(MRC)⇒ 1,300

と導き出すことができます。

M-:メモリーマイナス

電卓 M-(メモリーマイナス)ボタンの説明画像

電卓に表示されている数字をメモリーから引きます。
M+は小計を貯めていくことができますが、逆にM-は小計を引いていくことができます。

例:3,000円を持って買い物に行き、200円のお菓子を3個、500円の本を2冊買ったらおつりはいくらになるかを計算してみましょう。
計算式は3,000 - 200×3 - 500×2 となりますね。これを「M-」で計算すると
① 3,000 M+(3,000)
② 200×3 M-(600)
③ 500×2 M-(1000)
④ MR(MRC)⇒ 1400

と導き出すことができます。

MS:メモリーストア

電卓 MS(メモリーストア)ボタンの説明画像

表示している数値をメモリーに記憶し、それまでの値を置き換えます。M+やM-のボタンがついていない電卓にMSのボタンがついていることが多いようです。その場合の計算の仕方はどうなるのでしょうか。
例題を元に説明していきます。

例:105円のみかんを5個、30円のもやしを3袋買ったときの合計を出してみましょう。
計算式は105×5 + 30×3 となります。これを「MS」で計算すると
① 105×5= MS(525)
② 30×3+(90)
③ MR(525)
④ =(615)

となります。

実例2:AC,C/ECの使い方

それでは次に、計算が終わった後に必ず使用する「C(クリア)」ボタンについてご説明します。
実はそれぞれのボタン毎に少しずつ意味が異なる事、ご存知でしたか?

AC:オールクリア

メモリーを含め、全ての数値を消して「0」にします。
計算が全て終わったときや、別の計算を始めるときに使うボタンです。全てがリセットされます。

C:クリア

メモリー以外の数値を消します。ACキーのない電卓では、ACキーと同じ役割をする場合があります。ご自身の電卓がどちらの役割を持つのか使用説明書などで確認しましょう。

CE:クリアエントリー

表示されている数値のみを消します。PCキーボードで言うところの「バックスペース」のような機能です。このボタンがない場合、上記の「C(クリアキー)」が同じ役割を果たします。ご自身の電卓で使用前に一度確認してみて下さい。

AC,C/ECの使い方の画像

例:100円のジュース2本、200円のクッキーを2個買ったときの合計を出そうと思ったところ、誤って200円のクッキーを3個と押してしまったときこの「3個」を消すことができます。
① 100×2 M+(200)
② 200×3 CEで直前入力の3を削除(200×)
③ 2 M+(200×2=400)
④ MR(600)

意外に知らない!その他便利機能

意外に知らない!その他便利機能

上記でご紹介したローマ字表記のボタン以外にも、私たちが普段使っているボタンを利用した裏技も電卓には備わっているのです。これらの便利な機能を知っていると業務の幅も広がるかもしれませんね。それではご紹介していきます。

「=」関連の使い方

電卓についている「=」キーには、実は2つの機能があることをご存知ですか?1つはおなじみの計算結果を表示する機能ですが、そのほかにもう1つ、「メモリーに計算結果を足していく」という機能がついているのです。

GT(グランドトータル)

電卓によって「GT」ボタンがついているものがあります。このボタンも実は「=」キーに関わりがあり、使い方を知るととても便利な機能なんですよ。GTボタンは、「=」で計算してきた値を全て集計してくれる、オートSUMのような機能なのです。

例:100円のチョコレートを2個、50円のアメを5個買ったときの合計を出してみましょう。

計算式は100×2 + 50×5 となります。これを「GT」で集計すると
① 100×2=200
② 50×5=250
③ GT(450)

となります。
上記では簡単な計算で例を出してみましたが、これは減価償却費の計算や有価証券の計算にも使える便利な機能です。「=」ボタンがメモリー格納の役割を果たしてくれるのですね。

定数計算

ある数字を2倍、その結果を2倍、というように、同じ値の計算を繰り返すことを定数計算と言います。この方法を使える電卓とそうでないものがありますが、+や-などの計算記号を二回連続で押すと、「K(定量計算モード)」というマークが表示されます。それを確認し、2つの数字を足した値、たとえば1+2=3 という結果を一度入力した後に「=」ボタンを連打していくと、5,7,11,13,15というように2ずつ値が足されていきます。3つの数字を足した場合は、1+2+3=6 ⇒ 9,12,15,18,21というように最後に入力した値が足されていきます。

「×」の使い方

この定数計算を「×」と合わせて実践してみましょう。
「×」を2回押すことで定数がセットされます。これを応用して職場の社員の昼食補助を出勤日数別に割り出してみましょう。(定数乗算)

例:1日当たりの昼食補助は600円/1日です。
定数:600××
Aさん20日出勤:20= 12,000円
Bさん15日出勤:15= 9,000円
Cさん18日出勤:18= 10,800円
合計:GT 31,800円

いちいち1人ずつ600×日数としなくても、定数をセットすれば出勤日数と=ボタンを押すだけでそれぞれの値が出てきます。さらにGTボタンで合計まで一瞬で計算でき大変便利ですね!

「+/-」の使い方

電卓についている「+/-」ボタン。これも日常使いしている人は少ないかもしれません。これは、プラスの値とマイナスの値を入れ替える機能です。買い物をして、おつりを渡すときをイメージしてみましょう。

例:600円の雑誌2冊、120円のジュース2本、100円のガムを3個買い、5,000円で支払ったときのおつりはいくらでしょうか?
①  600×2 M+(1,200)
②  120×2 M+(240)
③  100×3 M+(300)
④  MR(1,740)
⑤  + /-(-1,740)
⑥  +5,000(3,260)
おつりは3,260円となります。

「▶」の使い方

音楽プレーヤーの再生ボタンのような「▶」も、何に使えるのかよくわかりませんよね。 これは数字を誤って入力してしまった場合、末尾の1字を削除できる機能です。急いで電卓を叩いているとき、つい数字のボタンを押し間違えてしまうこともありますよね。そんなときクリアして消してしまうとどこまで計算していたかわからなくなってしまうこともあります。1字だけ消したい時に便利なボタンが「▶」なんです。たとえば、2,500と入力したいのに誤って2,501と入力してしまった場合、「▶」を押すと末尾の1が消えます。消えたら0と入力すれば2,500として続きの計算ができます。

F CUT5/4:ラウンドセレクター

ラウンドセレクターの説明画像

電卓の液晶の下についている目盛りのようなボタンを見たことはありませんか?これはラウンドセレクターと言って、小数点の表示についてを選択することができる機能です。

  • F:端数処理をしない場合に選択
  • CUT:小数点は切り捨てる場合に選択
  • 5/4:四捨五入する場合に選択

4 3 2 1 0 ADD2:小数点セレクター

上記のラウンドセレクターで5/4(四捨五入)を選択した場合、この小数点セレクターで小数点の位置を設定することができます。小数第4位まで設定ができますが、ADD2を選択した場合は入力した数字の2桁目に自動的に小数点が付きます。これは、ドルやセントなどの外貨計算のときに役立ちます。

まとめ

今回は電卓の知られざる便利な使い方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?エクセルでなくても、電卓1つでメモ要らずの計算や集計ができてしまいます。慣れるまでは「本当に計算できているのかな?」と不安になるかもしれませんが、上手に使いこなせるようになればとても優秀な機能を持つ電卓。様々な機能を是非試してみてください。

無料のビジネス書式 請求書・注文書テンプレート 一覧から探す

投稿日:
2018/04/05
更新日:
2021/03/25

電卓に関連する書き方一覧

電卓に関連する他の書き方は登録されておりません。

≫広告掲載について

最新アップロード書式

ゴルフコンペ組み合わせ表

ゴルフコンペ組み合わせ表です。 下の欄は適宜ご変更ください。

≫最近追加された書式一覧

ビジネス支援サービス

ソーシャル企業情報
ソーシャル企業情報
初期費用無料・月額7,700円(税込)~営業リストを簡単に作成できる便利なサービスです。
Temply(テンプリー)
Temply(テンプリー)
無料で使えるパスワード付きファイル送付サービス。生成されたリンクは、メールやチャットで共有できます。

≫bizoceanサービス一覧を見る

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込む

更新日で絞り込む

ファイルで絞り込む