雇用契約書|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

雇用契約書の書き方・見本

雇用契約書は雇用側と内定者が交わす契約書のことです。

雇用契約書は雇用側と内定者が交わす契約書のことです。労働条件通知書と違い、双方が署名捺印する書類になります。労働条件に加えて合意しておいたほうがいい内容を盛り込むことでトラブルを防ぐことができます。雛形や見本を見ながら書き方を学びましょう。

雇用契約書とは

従業員を採用する場合には、その雇用条件について、書面で明示しなければならないと労働基準法に定められています。書面で明示すれば足りるので、わざわざ従業員との間で雇用契約書を取り交わさなくとも、会社が一方的に提示する労働条件通知書を交付すれば労働基準法上は問題ありません。
それなのになぜ雇用契約書を従業員との間で締結するのかというと、あとで雇用条件に関わるトラブルが発生するのを防ぐためです。トラブルが起きた場合、従業員に、そんな書類はもらっていないといわれた場合、困ってしまうからです。それを避けるために、労働条件通知書に内定者に署名・捺印させてコピーをして渡し、原本を会社が保管するといった方法もありますが、やはり雇用条件を記載した雇用契約書を2通作成し、会社と従業員がそれぞれに署名・捺印をしてそれぞれ1通づつ、お互いに保管する、という方法がトラブル回避には一番確実です。

雇用契約書はなくても大丈夫?

本来契約はお互いの意思の合致で成立します。しかし後々争いが起きたときのために契約書を取り交わすのです。ですから普通、契約は書面がなくても成立しているのです。雇用契約も本来は雇う側と雇われる側の意思が合致していれば契約の成立自体は問題ないはずですが、しかし雇用契約においては民法の特別法として労働基準法が存在し、圧倒的に強い立場の雇用主側に対して、弱い立場の従業員を保護する数々の規定が制定されています。雇用契約自体は成立していますが、制限があるのです。労働基準法には、従業員を雇用する際には、労働条件を書面で明示しなければならない、と定めており、雇用契約書のない雇用契約は労働基準法違反となり、従業員の側から解除することができます。もちろん雇用契約書がなくとも、労働条件通知書で雇用条件を通知していれば、雇用条件を書面で明示したことになりますので、この場合は問題にはなりません。

雇用契約書の書き方

会社が従業員を採用する際はまず雇用条件を従業員によく説明をして了解を得ます。雇用条件がはっきり決まっていなければ、よく話し合って合意した雇用条件をお互いに確認します。次に実際に契約書の作成に取り掛かります。まず雇用契約書と題名を記入し、「会社と従業員(氏名)は以下の通り合意する」と記したあと、お互いに雇用条件として合意した内容と、最後に会社名と従業員の名前を記したものを作成します。

絶対的記載事項

雇用契約書には、これを決めておかなければいけない、という絶対的記載事項と呼ばれる以下の条項があります。

  • 雇用期間
  • 労働条件
  • 給与の金額
  • 給与の支払い時期
  • 有給休暇に関する規定
  • 退職の取扱い
  • 就業場所について

などです。
このほか、将来のトラブル発生を未然に防ぐため会社が従業員に事前に了解を得ておきたい事項などが規定されます。

試用期間の場合

会社が従業員を採用する場合、本採用の前に試用期間を設けることがありますが、試用期間だからといって雇用契約を結ばなくてもよい、ということにはなりません。雇用条件の書面による明示を義務付けた労働基準法第15条には、試用期間を除外する旨の規定はありません。これは正社員での雇用か、パート・アルバイトといった非正規雇用かといった場合にもすべておしなべて雇用契約の締結が求められています。

製本と押印方法

作成した契約書はそれぞれ2通、印刷します。これは会社と従業員がそれぞれ1通保管することを意味し、相手方が勝手に条項に改ざんを加えることを防ぐことができます。最後に会社と従業員がそれぞれ署名・捺印をします。契約書が2枚以上になる場合には、ページの差し替えを防ぐために契印を押すか、袋とじにして保管します。

見本と雛形

雇用契約書の作成手順は以上のとおりですが、条文一つ一つについて、言葉遣いや言い回しなど、いちいち考えながら条文を作成していくのは大変手間がかかる作業です。また、契約上の書き方に慣れていないと思わぬミスも発生します。そういう場合には、雛形に従い、雇用契約書を作成していくのが簡便です。雇用契約書を一から作成するよりは、雛形をダウンロードして使えば、記載例を参考にできるからです。条項の漏れも防げます。しかし、従業員と合意した雇用契約の内容と雛形が一致しているとは限りませんので、雛形に書かれた内容を書き換える必要があります。

>雇用契約書(正社員用)

>パートタイマーアルバイト雇用契約書(Word)

雇用契約書関連のトラブル例

雇用契約書に記載しなければならない内容は、多岐にわたります。よく読んでみると、休日の規定はあるが、有給休暇の規定がない、といったことが起こりえます。また雇用契約書の内容に対し、説明をきちんと受けないまま署名・捺印をさせられた、といった事例もよく聞きます。説明を行わない会社に対して、当然信頼を持てないので、従業員は安心して仕事を続けていくことはできないでしょう。雇用契約書作成にあたっては、自社に適した雛形を使って雇用条件をもれなく記載するとともに、従業員が安心して働けるように、雇用の最初に雇用条件をよく理解のうえ、納得のうえで署名・捺印をしてもらえるよう配慮すべきです。

以上のように、雇用契約書は従業員が誤解なく納得して仕事に従事するために必要な書類です。必ず作成するようにしましょう。その際には記載内容に漏れが生じないように、雇用契約書のテンプレートなどを使用し、数あるテンプレートの中から、自社に合ったテンプレートを使いましょう。
> 雇用契約書のテンプレート一覧

投稿日:
2016/02/08
更新日:
2016/03/10

他の雇用契約書の書式テンプレート

≫一覧を見る

雇用契約書に関連する書き方一覧

  • 【履歴書の書き方】

    履歴書は大切な就職を決める書類の一つ。採用担当に自分の良さを分かりやすく伝えたいですね。パート・アルバイトや派遣、正社員や職種によるポイントを解説しながら、基本項目、職歴、志望動機などの書き方を分かりやすく解説します。

  • 【職務経歴書の書き方】

    職務経歴書は過去に勤めた会社と業務内容を伝えるだけでなく、実績・成果を存分に伝えるための大切な自己PRです。何社も受ける場合も、相手の会社の業務内容や理念に合うように少しずつ変えることもテクニックの一つです。採用担当にあなたの魅力が伝わるよう、アルバイト・派遣・正社員などシーンに合わせた書き方をご紹介します。

  • 【雇用契約書の書き方】

    雇用契約書は雇用側と内定者が交わす契約書のことです。労働条件通知書と違い、双方が署名捺印する書類になります。労働条件に加えて合意しておいた方がいい内容を盛り込むことでトラブルを防ぐことができます。雛形や見本を見ながら書き方を学びましょう。

  • 【内定通知の書き方】

    内定通知とは、会社が求人応募者またはその紹介元に対し、ある期日から応募者を雇用すると約束する文書のことです。入社日や必要書類、入社前に研修を行う場合はその日時・場所なども通知します。主に新卒採用や転職者の採用など、すぐには雇用を開始しない場合に使用します。内定後にその解除を希望する場合、雇われる側からは2週間の予告期間を置けば可能です。ただし、会社側からの解除には、解雇と同程度の厳しい制限があります。内定通知の書き方や雛形についてご説明します。

  • 【採用通知の書き方】

    採用通知書とは、採用が決定した求職者に送る書類になります。内定の旨を伝える文章とともに、入社承諾書など必要な書類を送付します。シンプルなフォーマットではありますが、抜け漏れがあると後からトラブルになることも。書き方や例文を解説していきます。

  • 【身元保証書の書き方】

    時折入社時などに人事担当から求められる身元保証書は、従業員が万一会社に損害を与えた場合に連帯保証人となった保証人が連帯責任を追うことを約束するものです。とても大げさな感じがしてしまいますが、大手企業ならごく普通のことで履歴書や職務経歴書と同じ感覚で書類提出が行われています。多くは企業の人事担当が用意し、求められた従業員は必要事項を記入して提出するようになっています。

  • 【会社案内の書き方】

    会社案内・パンフレットは少ないページ数で、その会社の理念や事業、業績などが一目で分かるように作る必要があります。内容構成はもちろんのこと、デザインにもこだわりたいですね。こちらでは、簡単に会社案内が作れるよう制作方法やデザイン参考例をまとめました。

  • 【労働条件通知の書き方】

    労働条件通知書とは雇用側と内定者で労働条件を明確にするための書類です。トラブルを防止するために労働条件は明示するよう労働基準法で定められています。明示する必要がある項目が漏れると後から問題になることもありますので、雛形を使いながら書き方を学ぶことが大切です。

  • 【不採用通知の書き方】

    不採用通知を送る求人応募者は、潜在的な顧客、取引先、出資者ですから、丁重な断りの文面を用意したいものです。また、大学や専門学校、人材紹介会社から紹介を受けた場合は、今後も紹介を受けられるよう申し添えます。近年ますます個人情報保護が重視されているため、応募書類を返却するか責任をもって廃棄するかも、書面に明記した方がよいでしょう。様々な種類の不採用通知のテンプレートや書き方についてご説明します。

  • 【採用試験・面接の書き方】

    採用試験から面接、内定に至るまでの採用活動に欠かせない書類がいくつかあります。特に面接チェックシートは採用のマニュアルとして必ず用意しましょう。その他、内定者に送る合格通知や、応募者への試験日の通知などいくつか必要な書類があります。進め方に合わせて必要となる書類をご説明します。

  • 【求人案内の書き方】

    ハローワークや各種大学・専門学校、そして求人サイトや広告に記載する求人案内はターゲットに対しメリットや魅力を存分に伝える大切な書類です。また、必要なスキルや資格などを分かりやすく掲載したいですね。求人案内の書き方について詳しく解説していきます。

  • 【入社書類の書き方】

    入社に必要な書類はいくつかあります。内定・入社誓約書や雇用契約書、機密情報保持誓約書など各種同意書に加え、内定者に健康診断書などご用意いただくための説明書や添え状が必要になります。その準備方法と書き方を詳しく解説していきます。

  • 【採用規程の書き方】

    優秀な人材を採用するために、明文化された基準・規定は必要不可欠です。規程を設けることで、選考基準がある程度統一され書類選考から面接までの採用工程が効率化できるだけではなく、スキルの低い人材を誤って採用してしまうことを防ぎ、公正な採用を行うことができます。

  • 【採用申請の書き方】

    採用申請書とは、従業員の採用にあたり現場から人事部門に申請する書類になります。その書類は企業によっては稟議書同様会社のトップまで閲覧することも。どうしても採用を進めたいなら人事に伝わる書き方テクニックが必要になります。書式とともに例文を入れて解説していきます。

雇用契約書の書式・テンプレート

雇用契約書の書式テンプレート一覧です

雇用契約書03

「雇用契約書」の雛形、書き方一覧ページです。ワードやエクセル形式で作られているので無料ダウンロード後すぐにお使いいただけます。雇用契約書と…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

ハロウィン4

グリーティングカードや季節のお便り、あまり堅苦しくない媒体で幅広くお使い戴けますと嬉しいです。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

雇用契約書の書き方・見本 トップへ