履歴書|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

履歴書書き方のポイント~簡単に履歴書を作成できる方法も~

履歴書は大切な就職を決める書類の一つです。採用担当者に自分の良さを分かりやすく伝え、是非会ってみたいと採用担当者に思わせたいですね。

履歴書の書き方とポイント

それではここから、履歴書を書く際のポイントを項目毎にお伝えしていきます。

❶学歴の書き方

履歴書の学歴の書き方

学歴は新卒者の場合には中学卒業から、転職者の場合には、高校入学から記述します。学校名は略称ではなく正式名称を記述するようにしましょう。
学歴の入学・卒業の年月日も正しく記入しなければなりません。間違いがあれば経歴詐称となってしまいます。大学の卒論のテーマは、それが志望する会社の業種にアピールするものである場合には記載しておきましょう。留学経験は1年以上にわたる場合に学歴欄に記入します。短期留学の場合には、自己アピール欄等に語学能力をアピールする際に記入します。1年や2年の浪人や留年は特に記載する必要はありませんが、休学や自主退学は記載する必要があります。

❷職歴の書き方

職歴の記載は、会社名だけでは業種等が分からない会社は注記します。株式会社、有限会社といった法人表記は省略することなく、正式名称を記載しましょう。
配属先、職務内容も職務経験を判断する重要な項目ですのでできるだけ具体的に記載します。

アルバイト・パートの場合

アルバイト・パートの職歴は、短期の職歴が多く、すべて書き込むのは困難です。その場合には、「8社で勤務。主に配送、飲食店でのホール勤務、物販業での小売店での接客など、現場担当者として勤務」等まとめて記入することもできます。
しかし、以前に経験のある職種でのアルバイト・パートに応募する場合には、その職務経験が重要なポイントになりますので、同種の経験は抜き出して詳しく記載し、その他の職歴はまとめて書くなどの工夫が必要です。

派遣社員の場合

派遣社員としての職歴も必ず履歴書に記載します。記載しないとその間の職歴がなくなり空白期間が発生してしまいますし、派遣社員として業務に従事したことも立派なキャリアだからです。
ただし、派遣社員として勤務したことを明示する必要があります。その場合は、「派遣先A社に勤務(派遣元B社よりの派遣社員として)」といった書き方になります。

正社員の場合

正社員としての職歴は在籍したすべての会社の入社・退社年月を記入します。ごく短期間しか在籍しなかった会社も必ず記載します。
学歴と同様、入退社の年月も正確に記載しないと経歴詐称になります。アルバイト、パート、派遣社員から正社員に登用された場合には、必ずその旨を記載します。

❸顔写真

写真はスピード写真でも可ですが、できれば写真館でとった証明写真を貼付すると良いでしょう。 当然のことですが、スナップ写真やプリクラは絶対に避けましょう。健康的で清潔感あふれる第一印象を与えることが大切です。

❹免許・資格の書き方

免許・資格の書き方

免許・資格は、免許から記載します。免許の名称は正式名称を記載し、名称の後に「取得」と記載します。資格は、国家資格から記載していきますが、会社業務に無関係な資格については省略してもかまいません。

❺志望動機・本人希望欄の書き方

応募先の企業の求人内容をよく理解し、自分がどんな想いを持ってその企業に応募をしたのかを伝えましょう。 志望動機は曖昧なものではなく、具体的に記述する必要があります。

その他:特技・趣味・得意科目・健康状態などの書き方

稀に「特技や趣味、得意科目」などの欄がある場合があります。
この欄は、『今まで応募者が何に打ち込んできたのか、それで達成した成果は何か?』といった自身をアピールする機会の一つと言えるでしょう。ここで大いに応募者の個性・実績をアピールするとともに、仕事に活かせる面も強調できますので積極的に記載してみましょう。面接の際の面接官の話のきっかけを作るという効用もあります。

企業側が健康状態を履歴書に書いてほしい、と考える理由は、『業務遂行に問題ない健康状態であるかどうかを確認するため』です。
持病があって月1回通院する必要があるが、通常の業務遂行には問題ない、といった場合には「良好」と記載しても構いませんが、持病と通院回数を書いておけば、入社後に通院する場合にも配慮してもらえるかもしれません。

履歴書は手書きの方が好印象?

履歴書を書く際に多くの方が疑問に思う「手書きがいいの?パソコンでもいいの?」についてです。
会社の指定がなければ、手書きでもパソコンでも基本的にはかまいませんが、一般的に認識されているルールとしては、履歴書は手書き、職務経歴書はそうでなくとも可となっているようです。
履歴書を手書きする場合には、もちろん丁寧に書きましょう。手書きであっても、ぞんざいに書くとイメージは悪くなります。
手書きの指定がない場合、ワードやエクセルがインストールされていないパソコンや、スマートフォンでも作成できるWebサービスがあります。そちらを使うのも良いでしょう。
ちなみに上記の履歴書例は下記のサイトで作成してみました。とてもスムーズに進めていけますし、サポートのヤギが可愛いです。
>ブラウザでつくれる履歴書「yagish(ヤギッシュ)」

履歴書を書く際に注意すること

手書きで書く場合にはとても神経を使いますし1枚書くのに時間もかかるので出来れば失敗はしたくないですよね。基本的な方法ではありますが、鉛筆やシャーペンで下書きをしてからボールペンで清書をすることでやはり書き損じを減らせます。下書きをする場合は、跡が残らないように筆圧が高くならないように気をつけましょう。

また手書き必須の企業へ応募する場合には、パソコンで作成しプリントアウトしたものを見本にするのも手です。一文字一文字注意をしながら見本を参考にして書いていきます。

想いのこもった履歴書が完成したらついに企業への送付です。
送付の際には一緒に「送付状(送り状)」を入れるのがマナーです。また、送る際の封筒にも「書類在中」などの文言をいれるといったルールもありますので確認してから送るようにしてください。
下記ページにて、送り状についてや、封筒の書き方について詳しく説明をしていますので是非参考にしてくださいね。
>履歴書やビジネスに!送付状の書き方【スマートな見本・テンプレート付き】
>【画像でわかる】封筒の書き方~ビジネスや就活にも~

まとめ

履歴書は手書きの場合、とにかく丁寧に書く事が大事です。また、職務経歴書を同時に提出する時にも、やはり職務内容などの説明欄には出来る限り細かく記載するようにしてください。
採用担当者は、求人企業に応募する志望動機は何か、抽象的ではなく、その企業、求人内容をよく理解したうえでの志望動機であるかどうか、また応募者が求人内容に即した経験・スキルを持っているかどうか、企業に対して応募者が何をもってどう貢献できるのか、といった内容に注意しながら履歴書段階で確認しています。
しっかりと、「自身は応募先企業の求める人材である」という事をアピールできるような履歴書を作成していきましょう。

投稿日:
2016/02/01
更新日:
2018/09/19

他の履歴書の書式テンプレート

≫一覧を見る

履歴書に関連する書き方一覧

  • 【職務経歴書の書き方】

    職務経歴書は過去に勤めた会社と業務内容を伝えるだけでなく、実績・成果を存分に伝えるための大切な自己PRです。何社も受ける場合も、相手の会社の業務内容や理念に合うように少しず…

  • 【入社書類の書き方】

    入社に必要な書類はいくつかあります。内定・入社誓約書や雇用契約書、機密情報保持誓約書など各種同意書に加え、内定者に健康診断書などご用意いただくための説明書や添え状が必要にな…

履歴書の書式・テンプレート

履歴書の書式テンプレート一覧です

履歴書001

履歴書のテンプレート一覧と書き方・見本です。履歴書とは、就職・転職活動のときに自分の経歴を記載し、応募先の企業などに提出する文書のことです…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

亥イラスト1

茶色系でも明るいイメージで手掛けました。png形式画像です。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

履歴書書き方のポイント~簡単に履歴書を作成できる方法も~ トップへ