資産管理|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

資産管理の方法と管理表の作り方

資産管理とは、個人や企業の現金、株式などの金融資産や、不動産、車両など、あらゆる資産を管理することを言います。

資産管理とは、個人や企業の現金、株式などの金融資産や、不動産、車両など、あらゆる資産を管理することを言います。資産管理の方法や資産管理に必要な管理表の作り方をご紹介します。

資産管理とは

企業が業務活動するにあたって必要となる車両、機器、パソコン、備品は全て固定資産となります。企業の場合はこれらの不正利用や紛失を防ぎ、効率的に利用する内部統制の面からも、納税や減価償却費の計上等の財務面からも資産管理をする必要が出てきます。個人事業主である場合は、事業のために購入したパソコンやプリンター等の備品代を経費計上できる場合があります。小額減価償却資産の特例を受けられる場合がありますので、青色申告や白色申告をしている個人事業主の方は資産管理を漏れなく行ないましょう。

また、事業をしていなくても不動産、土地・建物を所有している場合は固定資産税の納税義務があるだけでなく、将来の相続についても視野に入れておかなければなりません。本人も把握していないような資産が出てきた場合、遺された方は準備ができずに困ってしまうこともあります。混乱のないよう生前贈与や遺言といったものであらかじめ資産を整理することもできます。そのため、資産の管理は個人にとっても企業にとっても大切なのです。

個人の資産とは

個人の資産として、下記が挙げられます。

  • 土地
  • 建物
  • 銀行預金
  • 株券
  • 債券
  • 生命保険契約の価値
  • 投資信託

企業の資産とは

企業の資産として、下記が挙げられます。

  • 土地
  • 建物
  • 銀行預金
  • 売掛金
  • 受取手形
  • 製品
  • 機械
  • IT資産

IT資産とは、パソコンやプリンター、スキャナー、サーバー等のネットワーク機器、OSやソフトウェア等が含まれます。現代の企業活動においてITは、不可欠と言っても過言ではないでしょう。デジタルデータには様々な情報が含まれています。また、ライセンス契約が必要であったり、バージョンアップが必要であったりと、今やIT資産管理は業務効率化に関るとても重要なものであると言えます。IT資産管理は個人情報保護などのコンプライアンスやセキュリティ面からみても大切です。管理を怠ると会社運営さえ致命的となるほどの打撃を受けかねないものと理解しておきましょう。

固定資産とは

固定資産とは、販売目的ではないながら継続して使用することを目的とする財産のことを言います。固定資産の中でも土地や建物、機械のような有形固定資産と、営業権、特許権、商標権などの無形固定資産、投資その他の資産に分けられます。固定資産は小さなものもありますが、貸借対照表に占める固定資産の額が多くなりがちです。減価償却費が損益計算書に大きな影響を与えるため、固定資産管理をすることが大切になるのです。
また、固定資産は所有しているだけで固定資産税がかかり、市町村への納税義務が発生します。そのため、取得する際のどのような企業活動で必要となるのか熟考しなければなりません。また、不要であれば売却した方が良い場合もあるでしょう。固定資産は価値が徐々に減っていくもので、すぐに価値がゼロとなるものはありません。それゆえ、会計処理上取得した固定資産を減価償却し支出を分配する必要があることを覚えておいてください。

固定資産棚卸し

固定資産は、年に1-2回、棚卸しをしなければなりません。棚卸しをする目的は次の3つの理由からです。

  1. 固定資産台帳を適正化するため
  2. 償却資産税を正確に算出するため
  3. セキュリティ・資産を保全するため

棚卸しを行ない、利用者や利用場所等の管理状況を把握し、必要に応じて不要な固定資産を除却することで節税にも繋がります。固定資産は会社の財産ですから、定期的に棚卸しをすることで財産の滅失や盗難を防ぐこともできるのです。

資産を表で管理

所有する資産は表で管理しておくと手続きをする際に便利です。すぐに使わない書類は紛失してしまうこともありますから、固定資産管理台帳に記録して残しておきましょう。必要項目を例に挙げてみます。資産種類、物件名、管理部門、所在地、取得年月日、耐用年数、償却方法、償却率、残存割合、取得価額、期首圧縮科学、特別償却率、増加償却率、構造、経費、変更、異動履歴等です。

固定資産管理台帳のフォーマット

固定資産管理台帳は、記載すべき項目が多岐に渡ります。1枚にまとめられるよう余白なく枠をうまく利用したフォーマットにすると良いでしょう。棚卸しの際にも必要な情報をすぐに得られるように、データだけを記しておけるよう簡潔なものにします。

>固定資産管理台帳

エクセル家計簿の作り方

家庭の資産管理には、使いやすくシンプルなフォーマットにしましょう。エクセルなら簡単に行を追加することもできますし、計算も自動でしてくれるので便利です。下記フォーマットを例に挙げてみましょう。1列が1つの月のお金の動きを表します。固定費は毎月かかる家賃や駐車場代などを記載します。そして、銀行の預金残高や収入・支出、カード引き落とし費用の他、特別なイベント(家族の誕生日や旅行等)にかかる費用があれば記載します。その他購入にかかった費用を記載します。支出をマイナスいくらで表せば、最後に自動計算をかけた時にその月の収支がどうであったか、一目で確認ができるでしょう。

>かんたん家計簿

土地管理簿

土地管理簿とは、所有している固定資産のうち土地に限定して管理記録をつけるための帳簿です。法人の場合は本社や支店等の土地が借地ではなく所有地である時に管理簿として活用し、個人の場合は田んぼや空き地など、所有している土地の管理簿として活用します。書類をバラバラに管理していると所有年数や面積等、情報が必要になった時に調べるのに時間がかかってしまうこともあります。ですが土地管理簿にまとめておけばそれをみれば、すぐに情報を得ることができます。

>土地管理簿

資産管理会社・資産管理ソフト

管理すべき資産の規模が大きい場合や大企業の場合は、資産管理会社の利用や資産管理ソフトの導入を検討しても良いでしょう。資産管理会社は特に相続税、所得税の節税効果が高いとされています。資産運用すべき資産が一定額を越える場合は、資産管理会社の設立や導入を検討した方が良いかもしれません。
資産管理ソフトは、収入・支出・資産の管理を自動で管理できるソフトで、銀行、証券、年金、土地等全てが包括されているものから、あるものに特化したもの等、様々な種類の便利なソフトが出ています。必要に応じてソフトの導入も検討しましょう。

まとめ
資産管理は、資産運用、納税、節税に関わる大切な項目です。どんな資産をどのくらい所有しているのかを把握し、必要に応じて運用や除却しましょう。それらを管理するためには帳簿が必要です。エクセルやワードフォーマットを参考にして管理表を作ってみましょう。資産の規模が大きい場合は、資産管理会社に管理の依頼を検討するのもおすすめです。また、資産の種類が多い場合は資産管理ソフトを導入することも有効となります。まずは、所有する資産をリストアップして管理方法を検討してみては如何でしょうか。

投稿日:
2016/03/02
更新日:
2016/03/02

他の資産管理の書式テンプレート

≫一覧を見る

資産管理に関連する書き方一覧

  • 【領収書の書き方】

    領収書とは、金銭支払いの証拠となる文書のことです。普段買物をしたときにもらうレシートや、ネットで購入した後にメールで送られてくることもあります。会社では、経緯での支払いのために管理されることが一般的です。金銭の支払いの証拠となるので収入印紙や但し書きなどの扱い方法をしっかり覚えましょう。ここでは領収書の取り扱い方から書き方について説明します。

  • 【出納帳・試算表の書き方】

    出納帳も試算表も凝ったものを作るよりオーソドックスなテンプレートを少し編集して作ることが望ましいものです。特に現金出納帳はフォーマットが決まっており、エクセルテンプレートを使えば数式まで初めに用意されています。しかし、その意味を知っておかないと間違った入力をしてしますので注意が必要です。

  • 【伝票の書き方】

    伝票とは、会社の金銭の出入や取引内容を記載して記録しておく文書のことです。仕訳帳に記入する場合、1冊しかないので効率が悪く作業がはかどりません。しかし、伝票を使うことにより、伝票ごとに仕事を分担することができて、仕訳帳に記入する必要がなくなり作業が簡略化されます。ここでは伝票の種類から書き方、管理方法について説明します。

  • 【売掛金管理の書き方】

    売掛管理表は仕訳帳などの帳簿とは別に管理する補助簿の一つです。取引先別に売掛金の残高を明確にし、売上を確実に回収するために用意する書類です。掛け売りが多い企業は用意しておくと便利です。管理項目などはエクセルのテンプレートからヒントを得て作成しましょう。

  • 【支払管理の書き方】

    支払管理とは、顧客などに支払った金額を管理することです。エクセルで表を作成して管理するのが良いでしょう。支払管理の方法や使いやすいテンプレートをご紹介します。

  • 【資産管理の書き方】

    資産管理とは、個人や企業の現金、株式などの金融資産や、不動産、車両など、あらゆる資産を管理することを言います。お持ちの資産をいつでも確認できるよう、一覧表などにまとめておきましょう。資産管理に関するフォーマットをご紹介します。

  • 【買掛金管理の書き方】

    買掛金とはいわゆるツケで在庫仕入や原料仕入を行った金額のこと。現金の管理と分けてファイルを用意することで「後でいくらくらい払わなければならないのか」を明確にし、支払期日を忘れないようにするメリットがあります。少し手間ですが、買掛管理表(=買掛帳)は作っておきましょう。

  • 【借入金管理の書き方】

    借入金管理とは、銀行などから借りた返済義務のあるお金を管理することです。そのためには、借入金管理表を作成すると便利です。返済計画をまとめるには借入金返済計画表を、月ごとの借入金残高を確認するには借入金残高月報、取引している銀行が複数ある場合は取引銀行明細表などを作成するのがおすすめです。簡単に使用できるテンプレートをご紹介します。

  • 【経理日報の書き方】

    経理日報は、会社の収益、有価証券、借入金などを日々記録するもので、収支日計表、会計日記帳、売上高・客単価一覧表などがあります。その他、月ごとの支払いを記録するための経費支払月報、日ごとの当座性資金と固定性資金の収支を表すための現預金日報、月ごとの手形や預金の出入りを表すための手形・現預金月報など、様々な目的のテンプレートをご紹介します。

  • 【決算・税務の書き方】

    決算・税務とは、1年間の収入や支出を計算して、その年の利益や損益を出し、その結果をもとに税務申告を行うことです。決算・税務申告を行うには多くのデータや書類が必要になります。モレや抜けがないように効率よく処理することが大切です。

  • 【債権管理の書き方】

    債権とは、お金を貸した人が借りた人に対して、返金など一定の要求ができる権利です。返金が完了するまで財産を維持し、利用や改良など管理して、債権を確実に回収できるように管理することです。

  • 【販管費管理の書き方】

    販管費とは販売費及び一般管理費の略称で、販売管理費や営業費とも呼ばれます。商品を直接販売する際にかかった費用や販売には直接関係ないけれども会社管理にかかった費用を正確に管理し、営業利益を把握することができる重要なものです。さまざまな販管費管理のテンプレートや書き方についてご説明します。

資産管理の書式・テンプレート

資産管理の書式テンプレート一覧です

社有車両管理規程

資産管理に関するフォーマット一覧です。固定資産管理台帳は、固定資産を管理・記録するための帳簿です。業務に使用する車両の運用管理には車両管理…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

2017 梅淡花年賀状

企業用等でも利用できるようシンプルかつやや固めのあいさつ文を入れた年賀状です。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

資産管理の方法と管理表の作り方 トップへ