株主総会|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

株主総会で使う文書の書き方

株主総会とは、株主を構成員として、会社の戦略の方向性、会社の合併・解散の可否、取締役の選任などの意思決定をする機関です。

株主総会とは、株主を構成員として、会社の戦略の方向性、会社の合併・解散の可否、取締役の選任などの意思決定をする機関です。定時または臨時に開催されます。定時株主総会とは毎決算期に1度開催され、主に決算承認、剰余金配当決議、役員の選任決議を目的としています。臨時株主総会は重大な意思決定の際に必要に応じて開催されます。このページでは、株主総会とは何かから、招集方法、進め方や使い書類などを紹介しています。

株主総会の基礎知識

なぜ株主総会をするのでしょうか?それは、株式会社を所有しているのは株を購入している株主だからです。株主総会とは、株式会社の最高意思決定機関であり、実質的な所有者である株主により構成され、株式会社の基本的な方針や重要な事項について決議されます。株主総会は、株主総会のいかなる事項も意思決定できるわけではなく、所有と経営の分離という概念の下、定款に定められた事項のみを意思決定し、その他の経営上の意思決定は取締役会に委ねることとなっています。株主総会の決議事項の例として、取締役・監査役の選解任、剰余金の配当、定款変更などがあります。

定款変更をするには?

定款とは、株式会社の基本規則を記したものであり、事業の目的、機関設計、株主総会の運営ルール、事業年度など、会社運営の根幹となる事業が定められています。そのため、定款変更をするには株主総会の決議を経る必要があります。具体的には、取締役会にて定款変更案を決定し株主総会を招集します。株主総会では、特別決議という出席株主の議決権の3分の2以上の多数(普通決議は過半数)の賛成を経て、定款変更の内容を決定します。なお、定款変更により登記事項(事業の目的、本社住所、機関設計など)が変更になる場合は、法務担当者は法務局へ登記事項の変更届をする必要があります。

開催時期はいつ?

株主総会は開催時期により、決算承認・剰余金の配当・役員の選任決議を目的とする定時株主総会と、定款変更・株式の併合・合併など重要な事項が発生した都度開かれる臨時株主総会があります。
定時株主総会は、事業年度末より3ヶ月以内に開催する必要があると会社法により定められており、一般的には事業年度末より2ヶ月~3ヶ月以内に開催されます。一方、臨時株主総会の開催時期は決まっておらず、重要な事項が発生した都度、取締役会により臨時に招集されます。

総会の決議方法

株主総会の決議方法については、会社法で普通決議、特別決議、特殊決議の3種類が定められています。それぞれ、決議のために必要な定足数と賛成の数が異なります。
普通決議は、「議決権の過半数の定足数」+「出席株主の議決権の過半数による決議」により決定します。特別決議は、「議決権総数の過半数の定足数」+「出席株主の議決権の3分の2以上による決議」により決定します。特殊決議は、「議決権を有する株主の頭数の半数以上の定足数」+「総株主の議決権の3分の2以上による決議」により決定します。

株主総会議事録(役員報酬額の変更)

進め方と使う文書

株主総会の進め方と用意すべき文書は会社法により定められており、例えば定時株主総会は具体的に次のように進めます。

STEP1取締役会による株主総会招集決議
まず、取締役会にて、株主総会における決議事項と、招集通知の内容を決定します。その際に必要な主な文書は、定時株主総会招集通知株主総会参考資料事業報告・計算書類があります。

STEP2 招集通知の発送
株主総会の2週間前まで(非公開会社は1週間前まで)に、書面により、全株主へ招集通知を発送します。

STEP3 株主総会の開催
株主総会には株主のほか、取締役と監査役が出席します。議事は代表取締役が担当し、事前に 法務担当者が準備したシナリオに基づき進められます。

STEP4 株主総会議事録と決議通知書の作成
株主総会開催後は議事録と決議通知書を作成し、決議通知書は全株主に書面により発送します。

お土産はなにがいい?

株主の何人かが楽しみにしているのが、株主総会時に企業から渡されるお土産です。会社は、株主総会に参加してくれた株主への感謝の気持ちを伝えるため、自社商品について知ってもらうためなど、会社は様々な目的で株主に対してお土産を用意します。どんなお土産を用意すべきなのでしょうか?
BtoCの商品を取り扱っているメーカーや小売店は、株主に自社商品に対する理解を深めてもらう絶好の機会ですので、自社商品を渡すのが良いでしょう。一方で、工作機械や自動車部品などを製造しているメーカーは、自社商品をお土産に渡しても株主は喜びませんので、別のものを用意することが一般的です。
自社商品以外にはクオカードが渡すことが一般的です。多くの株主が最も喜ぶお土産であることと、株主総会まで足を運んでくれた株主に対して交通費相当額をお返しするという意味もあるようです。

投稿日:
2016/02/15
更新日:
2016/02/15

他の株主総会の書式テンプレート

≫一覧を見る

株主総会に関連する書き方一覧

  • 【事業計画の書き方】

    起業するとき、または既存事業以外の事業に進出するために金融機関から資金の借り入れをするとき、事業計画書が必要となります。事業に対する想い、事業内容、市場環境、戦略、資金の調達方法など、書くべき項目はたくさんあります。また、第三者の専門家にチェックしてもらうことで精度を高められます。このページでは、事業計画書の書き方の手順、確認しておくべきポイントなどを紹介しています。

  • 【株主名簿の書き方】

    株主名簿は、株式会社であれば記載が会社法で定められています。大企業のように多数の株式を発行しており、株主も数多くいる場合、株式管理は大手信託銀行の業務ですが、中小企業などの場合、自社で名簿を作成し管理することが必要になります。このページでは、株式名簿に記入する項目から作り方、雛型を紹介しています。

  • 【株主総会の書き方】

    株主総会とは、株主を構成員として、会社の戦略の方向性、会社の合併・解散の可否、取締役の選任などの意思決定をする機関です。定時または臨時に開催されます。定時株主総会とは毎決算期に1度開催され、主に決算承認、余剰金分配決議、役員の選任決議を目的としています。臨時株主総会は重大な意思決定の際に必要に応じて開催されます。このページでは、株主総会とは何かから、招集方法、進め方や使い書類などを紹介しています。

  • 【経営計画の書き方】

    経営計画書は、主に株主や金融機関に提出し、融資や資金を得るために用います。相手に納得してもらうため、しっかりとした根拠と目標を達成するための具体的な戦略を記述することが必要です。自社の財務状況やリソース、強みなどを振り返っておきましょう。また、経営計画書にもいくつか種類があり、それぞれ力を入れるポイントがあるため、きちんとおさえましょう。このページでは経営計画書の種類と、書き方を説明しています。

  • 【取締役会の書き方】

    取締役会は会社の重要な意思決定機関ですから、その機能を熟知し、スムーズに進めることが必要です。すべての株式会社に設置は義務付けられていませんが、上場している企業には義務付けられています。今は上場していなくても、将来上場を考えている場合も、設置しておく必要があるでしょう。このページでは、取締役会の機能や権限、開催するまでの進め方や、使える文書などを紹介します。

  • 【監査の書き方】

    監査とは、業務や会計が法令や社内規定に則って行われているかを、証拠を収集して評価することです。会社の財務状態が正しく計算書類に反映されているかを確認することが会計監査です。この役割は主に公認会計士または監査法人と、内部監査が担当します。このほかにも、内部監査は普段の業務が規定に沿って行われているかを確認します。このページでは、主に監査の方法やそのために使える書類を紹介しています。

  • 【会社登記の書き方】

    会社登記を行うには、法務省に会社登記に必要な書類と書き方「商業・法人登記申請」を提出し承認されることが必要となります。申請書と一緒に提出する書類・項目もありますので、漏れのないように確認していきましょう。提出はオンラインでも可能です。

  • 【定款の書き方】

    定款とは、会社・法人が商号、経営の目的や活動、業務など会社・法人の根幹にあたる規則を定める書式になります。この定款は会社設立と同時に作成する必要があり、会社登記申請で提出する書類となります。難しいものに感じますが、ある程度掲載する項目が決まっており、雛形を元に起業する本人が作成することも可能です。

  • 【増資の書き方】

    増資は、企業が成長を続けるうえで必要不可欠です。設備投資や新規事業の立ち上げを考えていても、自己資金だけでは足りない場合や財務の健全性への影響がありなかなか実行に移せません。そのときに企業は新規株式発行によって資金調達を行います。このときに、有償増資と無償増資の方法があります。このページではそれらの違いと、他の資金調達と比較した増資のメリット、そして増資の際に使える文書を紹介します。

  • 【組織変更の書き方】

    組織変更は会社法などに則り、組織形態の変更や会社分割、事業譲渡をすることや、企業内の部署を組み替えることを指します。組織変更をする場合、する前とした後でどのように変わったかを明確にするために文書を作成、公表する必要があります。このページでは組織図、組織規定、合同会社(LLC)から株式会社へ組織変更する時の必要書類、登記変更申請書など、企業の組織変更時に活用できる社内外の文書をまとめてご紹介しています。

  • 【M&Aの書き方】

    M&Aとは、企業の買収、吸収合併のことです。株式を購入して子会社化することによって自社にはない強みを獲得する、既存の市場シェアを拡大することができます。M&Aは買収する側される側の両企業にとって大きな決断であり、慎重な調整と手続きが求められます。このページでは、合併や買収、一部株式譲渡、営業権譲渡、事業譲渡、資本提携など、広い意味のM&Aの目的から使える書類の書き方を紹介しています。

  • 【株式管理の書き方】

    株式管理は、株式会社であれば対応は必須です。自社が今まで発行している部数、誰がどれだけ所有しているのか、自己株式取得などの株式の取扱い規程であったり、項目は多数に及びます。また、株式管理が難しいのは法律や専門知識からくる複雑さにもあります。このページでは、主に株式管理の方法やそのために使える書類を紹介しています。

株主総会の書式・テンプレート

株主総会の書式テンプレート一覧です

株主総会議事録(役員報酬額の変更)

株主総会とは、株主を構成員として、会社の戦略の方向性、会社の合併・解散の可否、取締役の選任などの意思決定をする機関です。株式会社内部の最高…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

Fax Cover 022

英語のFAX送付状です。FAX送付状とは、顧客などに連絡事項を伝えるための送付状のことです。WhenIfax,Icanuseit.

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

株主総会で使う文書の書き方 トップへ