取締役会|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

取締役会で使う書類の書き方

取締役会は会社の重要な意思決定機関ですから、その機能を熟知し、スムーズに進めることが必要です。

取締役会は会社の最高意思決定機関であり、同時にその機関が開催する会議のことを示します。それだけにその機能を熟知して効率よく機能するように心配りをすることは会社の機能を直接的にアップさせるものと考えてもいいでしょう。こう考えれば、取締役会が開催された時に議事がスムーズに進行できるように整理された文書が必要不可欠なことはいうまでもありません。ちなみに、取締役会は非上場企業には義務付けられていませんが、上場企業には会社法によって義務付けられています。近い将来に、上場を考えているような会社の場合は早い段階で設置しておいたほうがいいでしょう。ここでは取締役会の機能や権限、開催までの進め方、利用できる文書などを紹介していきます。

取締役会の仕事と規程

会社法362条を参照すると、取締役会は以下の職務を行うことを規定しています。「一.取締役会設置会社の業務執行の決定 二.取締役の職務の執行の監督 三.代表取締役の選定及び解職」。代表取締役の選任なども職務のひとつです。なお、取締役会には実際に開催されなくても「書面決議」という手段で職務を果たすこともできると会社法370条で認められています。また委任状の提出も認められています。ただしこれらは、一.定款に定めがあること、二.取締役の全員が同意の意思表示をしていること、三.監査役が異議を述べないことが条件になります。また、相互の意思疎通が即時的に行えるという条件などを整えれば、テレビ会議や電話会議などでの開催も認められています。

取締役会の決議事項

取締役会には専権事項として下記の事項の決定が規定されています。「・重要な財産の処分と譲受 ・多額の借財 ・支配人その他の重要な使用人の選任と解任 ・支店その他の重要な組織の設置、変更、廃止 ・社債を引き受けるものの募集に関する重要な事項として法務省令で定める事項 ・取締役の職務の執行が法令と定款に適合することを確保するための体制その他株式会社の業務の適正を確保するために必要なものとして会社法施行規則で定める体制の整備・定款の規定に基づく役員等の責任軽減」。難解な条文が並びましたが、要するに、取締役会は会社運営上の最終的な意思決定を行う機関と把握しておけばいいでしょう。

(取締役会議事録)招集通知

会議の進め方

会社法では、取締役会は少なくとも三カ月に一度は開催することが義務付けられています。開催を招集する権限は取締役全員が持っていますが、開催するには然るべき手順を踏む必要があります。まず取締役(通常は代表取締役)が会議を「招集通知」を全取締役に配布して招集します。特段出欠を確認しなければいけない規定はありません。また、開催するには取締役の過半数の出席が必要です。この招集通知には招集者名、日時、場所、議決項目を明記しておきます。この場合の議決項目は専権事項に当たるものと考えておけばいいでしょう。ちなみに、会議中に「動議」として議案を緊急提案することも可能ですが、この場合は「動議の賛否を問うた後、賛成多数の場合は動議について検討する」という議会制民主主義の原則に沿った進行が必要になります。通常は招集通知に記載された議題だけを決議すると考えておけばいいでしょう。

(取締役会議事録)取締役就任承諾書

取締役会で必要な書類

取締役会で必要になる書類の代表的なものは「招集通知」や「議事録」ですが、議決されたものを文書で残すためには多岐に亘った書類が必要になります。それぞれの書類についてその概略を下記で説明していきましょう。
[招集通知]
取締役会の開催を招集するものです。招集者の氏名、会議の日時、場所、議題を明記して各取締役に配布します。テレビ会議や電話会議の場合にもメールやFAXなどで送付することが必要です。
[議事録]
会議の内容はすべて議事録に記録するのが原則ですが、通常は、会議終了後、議事録を簡潔に要約したものを作成します。内容としては日時、場所、参加者、議決内容を客観的に正確に記載して、後日確認した時に誰が読んでも誤解が起こらないようにまとめることが大切です。
[それ以外の書類]
公開すべきもの、非公開に徹するべきものと種類はいろいろですが、取締役会で議決されたものはすべて文書にして保存するのが原則です。たとえば取締役の就任や辞任、役員報酬の変更など人事に関するものから、本社の移転、支店の新設や廃止、新規事業の承認や既存事業の廃止、内部監査の実行、重要な社内規定の新設など会社運営に必要不可欠な決定まで多岐に亘ります。当然ですが、それに伴う定款の変更なども書類として保存します。このように多岐に亘る書類も『書式の王様』に用意されているテンプレートを活用すれば整頓された書類として残すことが可能です。数多く用意されていますが、項目に合ったテンプレートを探し出してください。ほとんどの場合、文面を変更するだけで利用できます。

投稿日:
2016/02/15
更新日:
2016/02/15

他の取締役会の書式テンプレート

≫一覧を見る

取締役会に関連する書き方一覧

  • 【事業計画の書き方】

    起業するとき、または既存事業以外の事業に進出するために金融機関から資金の借り入れをするとき、事業計画書が必要となります。事業に対する想い、事業内容、市場環境、戦略、資金の調達方法など、書くべき項目はたくさんあります。また、第三者の専門家にチェックしてもらうことで精度を高められます。このページでは、事業計画書の書き方の手順、確認しておくべきポイントなどを紹介しています。

  • 【株主名簿の書き方】

    株主名簿は、株式会社であれば記載が会社法で定められています。大企業のように多数の株式を発行しており、株主も数多くいる場合、株式管理は大手信託銀行の業務ですが、中小企業などの場合、自社で名簿を作成し管理することが必要になります。このページでは、株式名簿に記入する項目から作り方、雛型を紹介しています。

  • 【株主総会の書き方】

    株主総会とは、株主を構成員として、会社の戦略の方向性、会社の合併・解散の可否、取締役の選任などの意思決定をする機関です。定時または臨時に開催されます。定時株主総会とは毎決算期に1度開催され、主に決算承認、余剰金分配決議、役員の選任決議を目的としています。臨時株主総会は重大な意思決定の際に必要に応じて開催されます。このページでは、株主総会とは何かから、招集方法、進め方や使い書類などを紹介しています。

  • 【経営計画の書き方】

    経営計画書は、主に株主や金融機関に提出し、融資や資金を得るために用います。相手に納得してもらうため、しっかりとした根拠と目標を達成するための具体的な戦略を記述することが必要です。自社の財務状況やリソース、強みなどを振り返っておきましょう。また、経営計画書にもいくつか種類があり、それぞれ力を入れるポイントがあるため、きちんとおさえましょう。このページでは経営計画書の種類と、書き方を説明しています。

  • 【取締役会の書き方】

    取締役会は会社の重要な意思決定機関ですから、その機能を熟知し、スムーズに進めることが必要です。すべての株式会社に設置は義務付けられていませんが、上場している企業には義務付けられています。今は上場していなくても、将来上場を考えている場合も、設置しておく必要があるでしょう。このページでは、取締役会の機能や権限、開催するまでの進め方や、使える文書などを紹介します。

  • 【監査の書き方】

    監査とは、業務や会計が法令や社内規定に則って行われているかを、証拠を収集して評価することです。会社の財務状態が正しく計算書類に反映されているかを確認することが会計監査です。この役割は主に公認会計士または監査法人と、内部監査が担当します。このほかにも、内部監査は普段の業務が規定に沿って行われているかを確認します。このページでは、主に監査の方法やそのために使える書類を紹介しています。

  • 【会社登記の書き方】

    会社登記を行うには、法務省に会社登記に必要な書類と書き方「商業・法人登記申請」を提出し承認されることが必要となります。申請書と一緒に提出する書類・項目もありますので、漏れのないように確認していきましょう。提出はオンラインでも可能です。

  • 【定款の書き方】

    定款とは、会社・法人が商号、経営の目的や活動、業務など会社・法人の根幹にあたる規則を定める書式になります。この定款は会社設立と同時に作成する必要があり、会社登記申請で提出する書類となります。難しいものに感じますが、ある程度掲載する項目が決まっており、雛形を元に起業する本人が作成することも可能です。

  • 【増資の書き方】

    増資は、企業が成長を続けるうえで必要不可欠です。設備投資や新規事業の立ち上げを考えていても、自己資金だけでは足りない場合や財務の健全性への影響がありなかなか実行に移せません。そのときに企業は新規株式発行によって資金調達を行います。このときに、有償増資と無償増資の方法があります。このページではそれらの違いと、他の資金調達と比較した増資のメリット、そして増資の際に使える文書を紹介します。

  • 【組織変更の書き方】

    組織変更は会社法などに則り、組織形態の変更や会社分割、事業譲渡をすることや、企業内の部署を組み替えることを指します。組織変更をする場合、する前とした後でどのように変わったかを明確にするために文書を作成、公表する必要があります。このページでは組織図、組織規定、合同会社(LLC)から株式会社へ組織変更する時の必要書類、登記変更申請書など、企業の組織変更時に活用できる社内外の文書をまとめてご紹介しています。

  • 【M&Aの書き方】

    M&Aとは、企業の買収、吸収合併のことです。株式を購入して子会社化することによって自社にはない強みを獲得する、既存の市場シェアを拡大することができます。M&Aは買収する側される側の両企業にとって大きな決断であり、慎重な調整と手続きが求められます。このページでは、合併や買収、一部株式譲渡、営業権譲渡、事業譲渡、資本提携など、広い意味のM&Aの目的から使える書類の書き方を紹介しています。

  • 【株式管理の書き方】

    株式管理は、株式会社であれば対応は必須です。自社が今まで発行している部数、誰がどれだけ所有しているのか、自己株式取得などの株式の取扱い規程であったり、項目は多数に及びます。また、株式管理が難しいのは法律や専門知識からくる複雑さにもあります。このページでは、主に株式管理の方法やそのために使える書類を紹介しています。

取締役会の書式・テンプレート

取締役会の書式テンプレート一覧です

(取締役会議事録)取締役就任承諾書

取締役会で使える文書のテンプレート一覧、書き方です。取締役会とは、会社の業務執行機関のことで、重要な意思決定機関です。株式を公開している公…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

Fax Cover 022

英語のFAX送付状です。FAX送付状とは、顧客などに連絡事項を伝えるための送付状のことです。WhenIfax,Icanuseit.

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

取締役会で使う書類の書き方 トップへ