のし・熨斗|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

熨斗(のし)の書き方について

慶事の贈答品の飾りに用いられる熨斗(のし)。熨斗とは飾りだけのことを指し、熨斗・用紙・水引の全てをあわせたものは、熨斗紙と言います。

慶事の贈答品の飾りに用いられる熨斗(のし)。熨斗とは飾りだけのことを指し、熨斗・用紙・水引の全てをあわせたものは、熨斗紙と言います。熨斗の書き方、マナーについて紹介します。

熨斗とは

古来日本では神道において、神前に奉納品を供えていたことが贈答の起源であると言われています。神様の食べ物としてお供え物となる作物を和紙で包み、数本の白い紙縒り(こより)で丸結びされていたことが熨斗紙の発祥とされています。

熨斗という言葉は、当時干した鮑(伸し鮑)を、長く伸びるようにという縁起物として贈答されていたことに由来します。伸した鮑→熨斗鮑→熨斗と変化していったという説が有力とされています。大正時代に入り、印刷技術の発展と共に簡素化され、現在の熨斗紙へ姿を変えていきました。そして、熨斗や水引が印刷された熨斗紙が、現在一般的に使われています。

熨斗は飾りの部分だけを指しますが、この飾りの中央に包まれている黄色いものが『伸し鮑』です。

熨斗(のし)001
>熨斗(のし)001

熨斗紙の種類と使い分けについて

熨斗紙は慶事、弔事、贈答などで使われます。その種類によって使う熨斗紙が異なりますので注意しましょう。熨斗紙の種類は4種類あります。紅白蝶結び紅白結びきり白黒結びきり黄白結びきりの4つです。それぞれどのようなシーンで使われるかを見ていきましょう。

①紅白蝶結び

結び目を何度でも結びなおせることから、何度繰り返してもよいお祝い事やお礼に使います。例えば長寿、出産、入学、卒業、新築、開業などのお祝いがこれにあたります。

②紅白結びきり

一度結んだら簡単にはほどけないことから、一度きりであってほしいお祝い事に使います。例えば結婚、お見舞い、病の回復などのお祝いがこれにあたります。

③白黒結びきり

一度きりであってほしい弔事には、結びきりの熨斗を使います。通夜・葬儀前後の御霊前や御供、法事のお返しものに用い、弔辞にはお祝いごとを表す熨斗鮑の飾りはつけません。白黒の結びきりは、どの宗教でも使うことができるとされています。

④黄白結びきり

白黒結びきりの熨斗紙と同様の用途で使うことができますが、関西の仏式では黄白はあまり使われないようです。

内熨斗・外熨斗について

熨斗紙のかけ方には内熨斗、外熨斗の2種類があります。地方によってもその使われ方は異なりますが、一般的に贈答品を持参する場合は『外熨斗』、宅急便などで配送する場合や記念品などを持ち帰る場合は『内熨斗』が選ばれることが多いようです。発送の場合に内熨斗を用いられる理由は、熨斗紙が汚れてしまったり破けてしまったりする恐れがあるからです。

熨斗紙のかけ方

贈答品に熨斗紙をかける際、その目的によってかけ方が異なります。お祝い事には『慶事かけ』、お悔やみ事には『弔事かけ』として使い分けられていますので注意しましょう。

  • 慶事かけ・・・贈答品を裏返したときに、向かって右側にくる熨斗紙を上にしてかける
  • 弔事かけ・・・贈答品を裏返したときに、向かって左側にくる熨斗紙を上にしてかける

慶事かけと弔事かけを誤ってしまうと、贈答品マナーに反するだけでなく先方にも不快な思いをさせてしまいます。贈答包装担当者がこれを知らないケースもありますので、注意が必要です。また、直接渡す場合、風呂敷や紙袋に入ったまま渡すのもマナー違反となります。必ず風呂敷や紙袋から取り出し、熨斗紙の上方を手前にして、相手に向かって差し向けて渡すようにしましょう。

表書きの書き方

熨斗紙の表書きは、毛筆楷書が正式な書き方です。万年筆やボールペンはできる限り避けましょう。また、不祝儀の際は薄墨で書きます。関西の一部地域では、慶事は朱色の墨で書くケースもあります。熨斗や水引に文字が重ならないように、表書きを上段に書きましょう。

表書きに書く名前とは

名前は水引の下段に書きます。フルネームの個人名を書きますが、表書きよりも小さい文字で書きます。目下の人へ贈る場合は苗字だけでも構いません。肩書きは名前の右側に、宛名を入れる場合は左上に書き入れます。贈り主が大勢いる場合は会社名・部署名など+一同と書きます。『有志一同』と書く場合は中に有志全員の名前を書いた紙を入れます。

連名の場合

連名は3名までとし、目上の人の名前を右から順に書きます。しかし、もし左上に宛名を入れる場合は、目上の人の名前を左から順に書きます。連名で代表者の氏名だけを書く場合は、代表者の氏名を中央に書き、左側に『外一同』と小さく書いて、中にその他の人の名前を書いた紙を入れます。

表書きを書くときの注意点

入学御祝、還暦御祝などの4文字の表書きは『死文字』とも言われ、気にする人もいます。その場合は御入学御祝、祝還暦などとして3文字、5文字にするとよいでしょう。5文字では長くなってしまう場合は二行にして書くこともあります。

短冊タイプの熨斗について

贈り物業界でもエコ包装が浸透してきており、最近では短冊タイプの熨斗もよく使われるようになってきました。主に年賀や季節のご挨拶でよく使われています。また、贈答品が大きかったり、定型に収まらなかったりする場合に、よく短冊タイプの熨斗が使われます。

例えば最近多いのが出産祝いに贈るおむつケーキです。おむつケーキは大きさもあり、形もウエディングケーキのように包装が難しい形状をしています。そのため、包装は透明のフィルムでおむつケーキを包み、リボンやカラーテープ、バルーンなどで装飾がされます。熨斗紙では包めないので、短冊タイプの熨斗が使われます。短冊タイプの熨斗は略式とはされていますが、きれいにデコレーションされた包装では見劣りすることもなく、便利に使うことができます。

短冊タイプの熨斗の貼り方と位置

短冊タイプの熨斗は、正面の右上に貼りつけましょう。両面テープを短冊タイプの熨斗の上下につけると、きれいに貼りつけることができます。短冊タイプの熨斗にも、名入れはフルネームで書きますが、短冊が小さい場合には無理に名前を書く必要はありません。

カラフルな のし紙(短冊)
>カラフルな のし紙(短冊)

まとめ
日本で古くから贈答に用いられてきた熨斗ですが、意外と知らないことも多いですよね。マナーの裏には面白いルーツが隠されているものです。贈り物をするときには熨斗の由来を思い浮かべながら書くと、自然とマナーが身につくかもしれません。冠婚葬祭のシーンでも慌てることなく贈答ができるよう、おさらいしてみてくだい。

投稿日:
2016/09/05
更新日:
2016/09/05

他ののし・熨斗の書式テンプレート

≫一覧を見る

のし・熨斗に関連する書き方一覧

  • 【御霊前・香典の書き方】

    故人への霊前に供える香典。その袋に書かれている御霊前のテンプレート・フォーマットになります。使用する際は先方の宗教も必ず確認し、ご利用ください。文字は薄墨で、ボールペンは使わないようにしましょう。

  • 【のし・熨斗の書き方】

    熨斗とは、熨斗紙や祝儀袋の右上に印刷された飾りのことを言います。熨斗とは飾りだけのことを指し、熨斗・用紙・水引の全てをあわせたものは、熨斗紙と言います。熨斗に包まれた細長い黄色いものは縁起物のアワビで、特別な贈り物のシーンには、この「あわびのし」が使われていました。現代ではそれが簡略化され、熨斗紙に印刷したものを慶事の贈答品の飾りとして用いています。

のし・熨斗の書式・テンプレート

のし・熨斗の書式テンプレート一覧です

カラフルな のし紙(短冊)

熨斗(のし)の書き方、書式、テンプレート一覧です。熨斗とは飾りだけのことを指し、熨斗・用紙・水引の全てをあわせたものは、熨斗紙と言います。…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

Fax Cover 022

英語のFAX送付状です。FAX送付状とは、顧客などに連絡事項を伝えるための送付状のことです。WhenIfax,Icanuseit.

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

熨斗(のし)の書き方について トップへ