時間外勤務管理|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

時間外勤務管理の方法

時間外勤務とは、労働基準法等において、法定労働時間を超える労働のことをいい、同じ意味の言葉に、残業、超過勤務、超勤があります。

時間外勤務とは、労働基準法等において、法定労働時間を超える労働のことをいい、同じ意味の言葉に、残業、超過勤務、超勤があります。会社で定められた勤務時間を超える場合は、その時間外勤務をしっかり管理しましょう。時間外勤務を管理するためのテンプレートや、作成方法についてご説明します。

時間外勤務について

各企業によって時間外勤務については取決めがあるかと思いますが、基本は1日8時間、週で40時間を超えた労働は、法定労働時間を超えているため、時間外勤務として取り扱われます。労働基準法でも、一般的に36協定(さぶろうきょうてい)として厳しく管理されています。

時間外勤務手当とは

時間外勤務手当とは、残業手当や残業代として日常では使われています。いわいる基本給と呼ばれる給与とは異なり、時間外労働の時間数によって賃金が変動します。法定労働時間内の給与に関しては、各企業によって計算方法は様々です。一方、時間外勤務手当の計算方法に関しては最低限の数字が決められていますが、企業ごとの計算に関してはそれぞれ確認する必要があります。

時間外勤務手当の計算方法

時間外勤務手当で最低限の金額の算出方法は以下になります。

・1日8時間以上の勤務
時間数×2.5割増しの時給
・深夜労働の場合(22:00~翌5:00まで)
時間数×2.5割増しの時給
・休日手当(法定休日に出勤し働いた場合)
時間数×3.5割増しの時給

以上が、日ごとに計算されます。
さらに、1ヶ月のトータル時間数が60時間に達した場合は、時間数×時給の5割増しとなります。ただし、変動型労働時間制や裁量労働制を取っている会社は、この限りではないので注意が必要です。

時間外勤務中の休憩時間について

休憩時間については、8時間以上の労働をする場合は1時間以上の休憩が必要となります。そのため、労働時間内に1時間の休憩を取っていれば、時間外勤務中の休憩は取らなくてもよいということになります。当然、労働環境についての整備や従業員の健康を考えなければなりません。法律的にも健康面の上でも、労働時間に対する休憩時間の取得を守りましょう。

自動計算できるエクセル形式の勤怠管理表の作り方

労働時間外勤務については、勤怠管理表でわかりやすく管理しておくといいでしょう。テンプレートなどを有効活用し、自社向けにカスタマイズするのもおすすめです。まずは、基本となる勤務時間を記入できるようにしましょう。業務開始時間と終了時間を記入する欄と、時間外勤務について記入できる欄を用意します。時間外勤務では、残業区分と深夜労働区分に分けると管理がしやすいです。企業によって割増率が違う場合もあるので注意しましょう。また月間のサマリーとして、出勤日数と時間外勤務時間に関してはすぐに確認できるようにしておきます。
自動計算できるEXcel形式の勤怠管理表
>自動計算できるEXcel形式の勤怠管理表

給与形態が異なる場合の時間外勤務管理について

雇用形態や、職種によって給与形態が異なる場合は多くあります。全ての従業員を一律で管理できる企業は稀だと思います。各社員の雇用契約をしっかり確認し、時間外勤務の管理を行うことが必要です。重要なのは、出勤時刻と退勤時刻です。これをしっかり管理できるシステムを構築しなければなりません。

日給の場合の勤怠管理

こちらでご紹介する、日給は日給月給制についての説明ととらえてください。日給月給制は、給与の支払いは月に1度ですが、給与計算は1日ごとに行います。そのため、出勤・欠勤に関してしっかりと管理する必要があります。また、時間外の勤務に関しては、日給÷1日の所定労働時間で時給として算出し計算しますので、時間外の時間数にも正確に記録することも求められます。

勤怠管理(日給)と給与計算表の作り方

勤怠管理と給与計算表は、日ごとの出勤時刻と退社時刻と勤怠区分(出勤・欠勤・休日出勤など)を記入すると自動で計算されるものが使いやすいでしょう。さらに、日給の設定もしておくことにより、時間外勤務の時間数から日給へ自動換算されると便利です。自社に合わせたものをゼロから作るよりも、テンプレートなどをうまく活用し、自社向けにカスタマイズするといいでしょう。
勤怠管理と給与計算(日給)
>勤怠管理と給与計算(日給)

時給の場合の勤怠管理

時給の場合は給与計算がシンプルですが、業務時間について分単位で管理していかなければいけません。また、深夜の労働に関しては、1日の勤務時間に通常の時給と割増しの時給が混在するので、給与計算の際に間違えないようしっかり管理しましょう。

時間外勤務申請書の作り方

時間外勤務に関しては、基本給とは別の支払いになりますので、企業側としてもコスト管理を行う必要があります。多くの場合、各従業員裁量で残業することも多いので、しっかりと管理する必要があります。事後申請ではなく事前に申請を上げ、何時まで残業するかということを細かくコミットするべきでしょう。時間外勤務が過度に長くなると、業務時間内の集中力や健康状態にも影響するために、申請に対する承認は管理者として注意して行う必要があります。口頭承認だけでなく、管理を兼ねて申請書を作成するといいでしょう。この申請書の作成にも、テンプレートを使用すると便利です。
時間外勤務申請書_04
>時間外勤務申請書_04

まとめ
時間外の労働に関しては、各企業非常にセンシティブにとらえていると思います。管理者も従業員も時間外労働への意識と理解を求め、健全な労働環境を整えることが求められます。また、高額なシステムを導入する前に、テンプレートなどをうまく活用してみてはいかがでしょうか。手元でしっかり管理する体制を整えることで、管理部としての経験も積むことができるでしょう。

投稿日:
2016/06/06
更新日:
2016/06/07

他の時間外勤務管理の書式テンプレート

≫一覧を見る

時間外勤務管理に関連する書き方一覧

  • 【出勤簿の書き方】

    出勤簿とは、従業員の労働時間を把握するための帳簿のことです。労働基準法により、雇用主に作成が義務づけられており、その従業員が退職した日から3年間経過するまでは保管します。記載するべき項目の定めはなく、出勤・退勤時刻、欠勤・早退・遅刻等の事項、残業時間などを記入できれば十分といえます。タイムレコーダのカードで代用することも可能ですが、給与管理や労務管理に合わせた書式を工夫することで、事務作業の負担を軽減できます。出勤簿に関するテンプレートや書き方についてご説明します。

  • 【シフト管理の書き方】

    シフト管理といえば飲食店の勤怠管理のイメージが強いのではないでしょうか。だいたいホールとキッチンがそれぞれ何人が標準化はお店ごとに決まっています。曜日ごとに人数は異なり、金曜日と土曜日がスタッフの数が一番多くなります。そしてお店が回るようにするのはマネジメント側の仕事のひとつです。このときにシフト管理表があれば、いつ何人シフトに入っているのかがひと目でわかり、人数調整もしやすくなるでしょう。ここではアルバイト用のシフト管理だけではなく、社員用の有給休暇管理表も紹介しています。

  • 【休日・休暇届の書き方】

    年次有給休暇や夏季休暇など、会社カレンダーで休日ではない日に休暇をとる場合は、届出を義務付けることが一般的です。フォーマットは決まっておりませんが、テンプレート使って届出フローを決めておくことが一般的です。書式や書き方、理由の例文などをまとめました。

  • 【時間外勤務管理の書き方】

    時間外勤務とは、労働基準法等において、法定労働時間を超える労働のことをいい、同じ意味の言葉に、残業、超過勤務、超勤があります。時間外勤務管理は、会社で定められた勤務時間を超える場合に、その超過した時間を管理することです。

  • 【残業の書き方】

    残業届けとは、従業員が規定の労働時間を超えて勤務する際に、会社へ提出する文書のことです。残業には、「法定内残業」と「法定外残業」があります。法定労働時間(1日8時間、週40時間)の範囲内であれば、雇用主は割増賃金を支払う必要はありません。法定外残業には25%の割増賃金を支払うことになっています。ただし、法定外残業をさせるには、まず労使協定を結び、就業規則に残業の規定を設ける必要があります。

  • 【早退・遅刻の書き方】

    早退・遅刻届とは、従業員が早退・遅刻・私用外出・欠勤などをする際に、会社へ提出する文書のことです。正当な理由なく遅刻した従業員には、始末書を提出させ反省を促します。また、直行・直帰届は、従業員が会社へ寄らず、自宅から直接訪問先へ出向く場合や、訪問先から直接自宅へ帰る場合に会社へ提出する文書です。さまざまな早退・遅刻に関するテンプレートや書き方についてご説明します。

  • 【育児休業・育児休暇の書き方】

    育児休業・育児休暇は、養育する子が1歳(事情により1歳6ヶ月)に達するまで取得可能。休暇取得に関する社内規程を設け、申請書、申請への認否を通知する文書を用意しておくとよいでしょう。

  • 【休暇通知の書き方】

    休暇通知とは、自社の定めた休業日が取引や連絡に影響する場合、関係先の業務に支障をきたさないよう通知する文書のことです。休日の振替や夏季休業、臨時休業などのお知らせがこれに当たります。週休一日から週休二日に切り替える、従来の休業日を変更するといった抜本的な変更もあり得るでしょう。決定した休業日は社内にも通知します。一斉休業ではなく従業員各自で休暇をとらせる場合は、休暇取得の規定を設け、希望日を取りまとめます。また、会社の事情などでやむを得ず休業しなければならない時には、従業員に周知するために休職通知が必要になります。デリケートな内容なので漏れや抜けがないように連絡することが大切になります。

時間外勤務管理の書式・テンプレート

時間外勤務管理の書式テンプレート一覧です

勤怠管理と給与計算(時給)

時間外勤務に関する書式、テンプレート一覧です。時間外勤務とは、労働基準法等において、法定労働時間を超える労働のことをいい、同じ意味の言葉に…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

ハロウィン4

グリーティングカードや季節のお便り、あまり堅苦しくない媒体で幅広くお使い戴けますと嬉しいです。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

時間外勤務管理の方法 トップへ