進退伺い|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

進退伺いの意味と書き方

進退伺いは辞表とは大きく違います。職務上の過失があったとき、責任を追って辞職するべきかどうかを上司にお伺いするときに使用しますが、辞職を決定しているものではありません。進退伺いには、責任の追う所存を伝えつつ、上司の指示を仰ぐ必要があり、文章や言い回しに気を使うこととなります。例文を入れて解説していきます。

進退伺いとは

進退伺いとは、文字通り何か業務上において失態を犯した者が、上位の者に自らの進退につき伺いをたて処分を委ねる文書をいいます。通常不始末を行った者は始末書を書くことになりますが、その始末書とともに出されるのが一般的です。その不祥事を犯した者の上司がさらに上位の処分権限を持つ者、もしくは社長に対して進退伺いを出す場合もあります。これは自らの不始末というよりも部下のミス、失敗、不始末につきその監督不行届きの責任を負って出される場合が多いと思われます。「私はこの部下が犯した不始末の件につき上司として責任がありますので、処分についてご判断をお待ちしております。」ということです。

進退伺いと辞表・退職願との違いとは

辞表・退職願とは会社に対して退職の意思を表明する文書であり、退職することを一方的に伝える文書です。これに対して進退伺いとは、自ら責任を認め会社の対応を待ちますという文書であり、解雇を含めた会社の処分を前提にして出される文書となります。通常は部下が不祥事を起こしたときに、直接責任はないその上司が監督責任を負う立場から謹慎の意味を込めて提出される場合も多く、何らかの懲戒処分は負うものの解雇にまでは至らない場合が多いかと思います。勿論部下の行為が故意もしくは重過失で会社に重大な損害を与えたような場合、しっかり管理していればそれを未然に防げたようなときには、当然進退伺いではなく責任をとって辞職願を出さざるを得ない場合もあるでしょう。また、本来であれば当然懲戒解雇となるような事案で、懲戒解雇を避けるために処分が下る前に辞表が提出される場合もあります。そのようなときは、会社は毅然として辞表の受理を拒み懲戒解雇にすればよいのです。一方、解雇になってもいたしかたないと判断されるような場合に、会社の寛大なる判断を期待して進退伺いを出すといった場面もあると思います。

進退伺いの書き方と例文

まず進退伺いを書くに至った不始末につきその内容を書きます。誰が、何を、どうしたのか、それはどのような原因で起こったのか、その結果どのような損害を会社にもたらしたのか、といった5W1Hの基本に忠実な内容について、すでに始末書等に記述している場合には詳細な説明は割愛します。次にこの事案の発生につき、自分に責任があることを表明して謝罪の文言を書きます。最後に自らの進退につき会社の指示を求める文言を記載します。

必要項目

  • 進退伺いを提出する年月日
  • 宛先(通常は社長あて)
  • 提出する者の役職・氏名
  • 表題(進退伺い)
  • 不始末の内容
  • 自分に責任がある旨の表明
  • 謝罪の言葉
  • いかなる処分も受ける旨の表明


> 進退伺い01

交通事故・飲酒運転の例文

私は、平成27年1月28日深夜、会社よりの帰宅途中に飲酒のうえ自動車を運転し、自動車事故を惹起し、負傷者を出して警察に検挙され、会社の信用と名誉に多大な損害を与えてしまいました。相手方には、治療費・通院費を全額負担するということで、○月○日に示談が成立いたしました。今回の不祥事を深く反省し、今後このような事故を二度と起こさぬよう、十分注意することをお誓い申し上げます。本件に関しましてはいかなる処分もお受けする所存でございますので、私の進退につきご指示をお待ちしております。(以上本文のみ)

部下の横領の監督責任の例文

平成28年1月28日の会計監査の折に発覚いたしました経理部長である私の部下○○による会社資金560万円の横領につきましては、本人の父親より弁済する旨連絡がありすでに560万円全額を受領し、本人も1月28日付で懲戒解雇いたしました。私は、日頃より、部下の監督指導には鋭意努力し、十分意を用いてまいったつもりでおりましたが、信頼のあまり長年にわたり〇〇一人に出金業務を任せ、牽制体制をとらなかったことは私の監督不行届き、管理の失態とその責任を痛感しております。あらためて会社に対しまして多大なご迷惑、損害をおかけしましたことを衷心よりお詫び申し上げます。またいかなるご処分も覚悟しておりますので、ご指示のほどお願い申し上げます。(以上本文のみ)

進退伺いの場合「会社都合」退職になる?

退職が果たして会社都合か自己都合かは、雇用保険法上、会社都合の方が待機期間はないなど優遇されるため、解雇される者にとっては大きな意味を持ちます。本人が不始末を認め進退伺いを出した結果、会社が懲戒解雇の処分を下した場合には、本人は退職願いを出しておらず、会社が解雇の処分を下したわけですから「会社都合」のように見えます。しかし雇用保険法上、懲戒解雇の場合には会社都合とはされず自己都合扱いになりますので注意が必要となります。

まとめ
以上のように進退伺いは、自らが不始末を犯したとき、もしくは自分の部下が不祥事を起こしたようなときに、自らの責任を認め、会社に対し恭順の意を表すために提出する文書ですので、手書きにより丁寧に楷書で書くことに留意ください。例文を見ながら該当する事案にあてはめていけば簡単に作成できるでしょう。

投稿日:
2016/02/04
更新日:
2017/01/31

他の進退伺いの書式テンプレート

≫一覧を見る

進退伺いに関連する書き方一覧

  • 【退職願・辞表の書き方】

    退職願とは雇用主に退職の希望を伝えるための書類。辞表という書式もありますが、一般的に退職願の方が使われます。辞表は役員や公務員が辞職の意を伝える書類になり、一般社員の方は使…

進退伺いの書式・テンプレート

進退伺いの書式テンプレート一覧です

進退伺01

進退伺いのテンプレート一覧と書き方・例文です。進退伺いとは、職務上過失があったとき、本人が責任を負って職を辞するか否かについて上司の処置を…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

張り子犬

ベーシックな色合いの年賀状です。 どなたにもお使いいただきやすいデザインです。 画像形式はjpgです。 Wordタイプもございます。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

進退伺いの意味と書き方 トップへ