証明書|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

使いやすい証明書のテンプレートと書き方

証明書とは、厳密に言うとある条件を満たした時に、その真偽を証明するために発行される書面です。

証明書とは、厳密に言うとある条件を満たした時に、その真偽を証明するために発行される書面です。身分や資格の所持を証明するもの、承認や許可を得たことを証明するものなどがあります。ここでは使用しやすい証明書のテンプレートをご紹介します。

さまざまな種類の証明書

ひと口に証明書と言っても、数多くのものがあります。たとえば、身分や資格などを証明する免許証や在職証明書、研修や教育課程の修了を証明する修了証や卒業証書、試験や検定などに合格したことを証明する合格証などがあります。また、駐車許可証や認定証など、承認や許可を得たことを認定するものなどもよく目にします。証明書はあらゆる所で使われる「真偽を証明するもの」なのです。
また、企業から従業員に発行する証明書などは、従業員の企業内の立場を示したり、社会的な証明としても使われたりするものが多く、なかば公的な存在になっています。それだけに過不足のない適切なものを準備する必要がありますので、証明書を発行する立場にある時は、この点にも留意しましょう。

証明書に必要な項目

では、証明書にはどんな内容が記載されていればいいのでしょうか。ここでは、一般的に証明書に記載される項目について、ご紹介していきましょう。

証明書番号
同種類の証明書には必ず別々の番号を振らなければいけません。たとえば連番で振られた番号がそれに当たります。
証明(認定)した者の記名押印
証明書はあくまでも公文書です。その証明は誰がしたものなのかを示さないと公的な価値はありません。日本の場合は、必ず押印することも必要です。
証明された者の氏名などの記載
証明書には、証明書を与えられる(使用する)者の氏名、生年月日が最低限記載されていないといけません。免許証のように住所なども記載されることも多いでしょう。なお、業務用の場合には所属する企業名も併記されるのが一般的です。
発行年月日
証明した日付は欠かせません。試験などで資格を取得した場合でも、試験に合格した日ではなく発行日として記載されます。
証明内容
当然ですが、何についての証明かを明記することも必要です。社員証であれば部署や役職など、資格が必要な専門職の認定ならその資格や職種を明記します。
条件や業務範囲など
業務用の証明書の場合、仕事範囲を明確にすることがあります。また、公的な資格を取得した場合は、専門範囲を限定する場合もあります。
有効期限
一生同じ証明書を使う場合なら必要ありませんが、資格などが更新されるほとんどの場合は有効期限も表記されます。たとえば健康保険証の有効期限などもその一例です。
失効の要件
いくら証明したとはいっても、その証明書や認定書を利用して、不正を働いた場合や期限が切れ更新されなかった場合には、その証明書は失効します。その要件なども記載しておく必要があります。

離職票と離職証明書(退職証明書)

離職票も離職証明書も、退職する(した)従業員に対して会社が発行する書面で、失業手当に関するものです。どちらも最終的にはハローワークが保管しますが、離職票は退職者に、離職証明書はハローワークにそれぞれ送付されます。

離職票

退職日から10日前後で働いていた企業から郵送で送られてくるのが通例になっています。2種類の書類でワンセットになっていますが、退職日には受け取れないものなので、いつ頃、どうやって送られるのかを確認しておくほうがいいでしょう。
離職票を受け取ったらハローワークに提出してください。「-2」の用紙には企業がハローワークに提出した「退職の理由」と「退職直前6ヶ月間の給与」が明記されています。退職者は「-1」の用紙に失業手当の振込先などを記載して両方を提出してください。この際、給与総額や残業代、退職理由、社印押印などに間違いや抜け落ちがないかどうか必ず確認しておきましょう。

離職証明書

従業員が退職した場合、企業はその従業員を雇用保険から脱退させるために、「離職証明書(雇用保険被保険者離職証明書)」と「雇用保険被保険者資格喪失届」を10日以内にハローワークに提出することになっています。この離職証明書と自宅などに送付された離職票の内容に相違がないかどうかを確認した後、失業手当が支給されることになります。ちなみに、支給には1~2ヶ月かかりますが、正確にはハローワークで確認するとよいでしょう。

>退職証明書01

在職証明書とは

在職証明書は、簡単に言えば、ある企業に何年間在職していたか、退職時の役職はどうだったか、給与はいくらだったかなどを証明するものと考えてください。転職した場合、以前在職していた企業から在職証明書をもらってほしいと言われることがあります。なお、在職中に他社に転職することが決まり、在職証明書が必要になった場合でも企業側は作成することになっています。しかし、一旦退職した企業から証明書をもらうのは抵抗があるものです。また、企業によっては発行を渋る場合もあります。
在職証明書には本人の氏名、退職時の住所、退職理由、在職期間、退職時の役職や給与総額などが明記されたうえで、企業名、本社住所などが記載され、社印が押印されます。電話で在職証明が欲しいと言えばすぐに発行してくれる場合もあれば、当時の状況をメモとして送ってほしいと言われることもあり、時間がかかることもあります。このように、証明書の発行に関する手続きはケースバイケースと言っても過言ではありません。細かく打ち合わせをしながら手続きを進めることが大切でしょう。

在職証明書06

解雇理由証明書とは

企業から解雇すると通達された場合に従業員が企業に請求できる証明書が解雇理由証明書です。予告の場合は解雇予告証明書と名前は変わりますが、内容的にはほぼ同様、予告か決定かの違いと考えておけばいいでしょう。企業側がこの証明書の発行を拒んだ場合は、自主退職とみなされるケースもあります。会社都合と自己都合の退職では退職金などにも大きな違いが出てくるので、必要になりそうなら請求を考えましょう。従業員本人に非がある場合は、請求の必要はありませんが、解雇に納得できない場合には、この証明書を請求するといいでしょう。

この解雇理由証明書を従業員が請求する場合は、下記の項目のうち必要と思えるものについての記載を請求することができます。また、労働基準法では企業側が従業員の請求した項目以外のことを記載することを禁じています。

  • 雇用期間
  • 業務の種類や内容
  • その業務における地位(役職)
  • 賃金(毎月の給与総額)
  • 退職事由(解雇の場合はその理由)

なお、この証明書に限っては、解雇を告げられた時から請求できます。また、企業側は速やかに発行するように定められています。万一、発行が遅れている場合は労働基準局に通報するといいでしょう。悪意があると判断された場合は企業に罰金が課せられます。


>解雇理由証明書

給与証明書とは

住宅ローンを組みたい時、転職して新たな会社で前職の給与水準が知りたいと言われた時、あるいは帰化しようとしている時に在勤証明書と同時に要求されるものであり、実際の収入を証明するのが給与証明書です。どちらかと言うと毎月発行される給与明細に近いものと理解していいものですが、給与総額から所得税額や社会保険、通勤手当などの非課税部分を除いたものか、別項に記載したものが適切です。給与証明書には下記の項目が記載されるのが一般的とされています。なお、発行するのに時間はかかりません。ほとんどの企業では1~2日、長くても1週間程度あれば発行してくれます。

  • 氏名
  • 前月の給与総額(非課税部分を除いたもの)
  • 前年の年収(非課税部分を除いたもの)
  • 扶養家族

この証明書を作成する場合にも『書式の王様』のテンプレートを活用すると記載漏れなどのない証明書が発行できます。

>給与証明書

まとめ
証明書は、身分や資格の所持の証明や、承認や許可を得たことなどを証明する書類です。証明書があれば、自分のバックグラウンドや実力を証明することができます。まさに「自分証明」。証明書が必要となるシチュエーションも多々あると思います。多種多様な雛形をダウンロードできる『書式の王様』を利用し、用途に合わせて必要なものを活用してください。

投稿日:
2016/02/05
更新日:
2016/02/05

他の証明書の書式テンプレート

≫一覧を見る

証明書に関連する書き方一覧

  • 【報告書の書き方】

    報告書とは、調査や研究の結果、業務の結果について述べた文書のことです。例えば、定期報告書、研究報告書、収支報告書、会計報告書、事故報告書などがあります。報告書を作成するときは、表題→要旨→詳細のピラミッド構造で説明するのがコツです。また、記載する内容は正確な情報を簡潔にまとめることが大事です。そして最後に感想や総括、今後の対応を書き添えると良いでしょう。

  • 【チェックシートの書き方】

    チェックシートとは、ミスを防ぐための点検や確認を目的としたものと、現状把握や情報の整理をするための記録用のものがあります。自分の行いたい作業に合ったものを使用しましょう。チェックシートの選び方や作り方、また簡単に使えるフォーマットについてご紹介します。

  • 【議事録の書き方】

    議事録とは会議やセミナーの討議内容や議決結果をまとめ、社内や部署内で共有するために利用さえれる文書です。フォーマットに大きな決まりはないですが、書き方のテクニックやコツが必要とされるものになります。単なるメモにならないよう、分かりやすく書く方法を解説します。

  • 【始末書の書き方】

    始末書とは、過ちを謝罪するために事情を記載して提出する文書のことです。責任を明確にして、不始末の内容を明らかにして謝罪し、再発させないことを書面にて誓約します。そのために、始末書には、1)不始末の発生経緯、2)発生原因とその理由、3)不始末に対する反省と謝罪、4)再発を防ぐために今後やるべきこと、といった4点を必ず盛り込むようにしましょう。自分の非を認め、誠意をもってお詫びする気持ちが大切です。

  • 【誓約書の書き方】

    誓約書とは両者で交わす約束の覚書です。有名なものに「機密保持誓約書」などがあります。誓約書は通常2部作成し、両者で保管することが多い書類ですが、両者のサインがあれば1部でも効力はあります。しかし、1部しか作成していないと紛失の恐れや、トラブルの元になるので注意が必要です。誓約書の書き方や注意点をまとめました。

  • 【電話メモの書き方】

    電話で対応した時、必ずしも担当者がその場にいるとは限りません。取引先相手への訪問や外出していて不在しているときもあるでしょう。さらに電話で聴いただけでは、すぐ忘れてしまいます。そのようなときに便利なのが電話メモです。聴きながらメモをするというのは想像以上に大変です。フォーマットやデザインに一工夫いれることで、書く内容を最小限に抑えたメモを紹介します。

  • 【管理表の書き方】

    管理表とは、事が円滑に運ぶよう、全体がうまく統制されるよう、どのように管理するかをまとめた書類のことです。主に売上表、在庫管理表、工程管理表、顧客管理表などがあります。ここでは、ビジネスで役立つ見やすい管理表の作成方法についてご紹介します。

  • 【提案書の書き方】

    提案書とは、取引先や社内に対しての企画やアイデア、意見をまとめた文書のことです。提案を行う際には、なぜ提案が必要なのかを明確にして、提案の目的、抱えている課題や目指したい目標、課題の解決方法や目標達成の手段、解決案や手段を実現可能にする具体的なもの、サービスなどをわかりやすく記載します。また、文章はだらだらと綴るのではなく、読みやすく簡潔な文章で、時に図表などを用いると理解されやすくなります。

  • 【稟議書の書き方】

    稟議書とは、行いたい施策・購入したいものなどに対し会社が決裁するための書類。上司や経営者まで閲覧するため、目的や理由、実施する施策の内容、予算と効果がしっかり伝わることが重要です。書き方のテクニックを学ばなければ自分が企画した施策を行えないことになってしまいます。例文を入れて書き方を解説していきます。

  • 【顛末書の書き方】

    顛末書とは、経緯書とも呼ばれ、事件や事故、仕事上のトラブルが生じたり、または、商品やサービスに不備が発生したりといった問題が起きた場合に、上司や会社に対して状況や経緯の一部始終を報告する文書のことです。事故やトラブルなどが起こった原因、経緯、結果、損害額などについて、客観的、かつ、公平な立場から正確に記載する必要があります。その際、表現が自己弁護にならないよう注意しましょう。

  • 【伝言メモの書き方】

    伝言メモとは、相手の不在時に用件を伝えるメモ用紙のことです。白紙の場合はどのような内容を書いておけばいいのか迷うことがあるかもしれません。しかし、連絡するべき項目をあらかじめ記載した定型フォーマットなら、誰が伝言メモを書いても洩れなく伝わります。また、重要な用件を伝え忘れるミスを防ぐこともできます。伝達ミスを防ぐためにも、伝言メモを用意しておくとよいでしょう。

  • 【計画書の書き方】

    計画書とは、あることを達成するために考えた方法や手順などを記載した文書のことで、事業計画書、創業計画書、研究計画書などがあります。計画書の書き方や例をご説明します。

  • 【研修報告書の書き方】

    社内・社外問わず研修へ参加すると、研修報告書の提出が必要とされることがあります。報告書には受講内容や所感を記載しますが、記載方法やまとめ方が分からない方もいるでしょう。このページでは研修報告書の書き方例を紹介しています。

  • 【社内通知の書き方】

    辞令や人事通知(異動や退職など)、会議・イベント開催や訃報など多岐に渡る社内通知。目的は情報を必要な人に分かりやすく素早く通達することになり、書式はシンプルかつ一目で分かるものが好まれます。細かい部分では書き出しに気配りをすることで、より多くの人が内容をしっかり見てくれるようになります。されど社内通知、目からウロコのテクニックもご紹介します。

  • 【分析表の書き方】

    分析表とは、ある事柄の内容を明らかにするため、部分・要素・条件などに分け入って説明した文書のことです。財務分析、自己分析、市場分析、ユーザー分析など、データをまとめて分析することにより、どのように事業を展開していけばよいかなど、今後の戦略を練るための資料として活用できます。

  • 【計算書の書き方】

    損益計算書や貸借対照表、出納帳、原価計算書などの会計関連から給与計算、事業計画書まで、企業の業績や計画を数値化するため書類をまとめて紹介しています。会計関連の計算書は記載事項も多く、内容が複雑なため、テンプレートを上手く活用するとよいでしょう。ここでは書き方を詳しく解説します。

  • 【出張報告書の書き方】

    出張報告書とは、交渉や打ち合わせなどの出張の成果や、現地での業務内容を報告するためのものです。出張報告書を記載するときは、表題→要旨→詳細のピラミッド構造で説明するのがコツです。また、記載する内容はいつ、どこに、何のために出張したか正確な情報を簡潔にまとめることが大事です。そして最後に感想や総括、今後の対応を書き添えると良いでしょう。

  • 【辞令の書き方】

    辞令とは、人事異動があったときにその旨を本人に知らせるための通知書です。一般的な連絡文書ではなく命令文書であるということに気をつけましょう。書き方と例文を解説します。

  • 【明細書の書き方】

    明細書は、給与や費用の内訳を表します。そのため何に、どれだけ支払われたかを確認するために使用されます。給与でいえばどのように現金支給額が計算されたのかや、医療費明細書ではどの医療内容にどれだけ費用がかかったかを知ることができます。もし何かあったときのためにしっかりと保管しておきましょう。このページでは、用途に合わせた明細書のテンプレートと書き方を紹介しています。

  • 【証明書の書き方】

    証明書とは、ある条件を満たした時に、その真偽を証明するために発行される書面です。身分や資格の所持を証明するもの、承認や許可を得たことを証明するものなどがあります。さまざまな証明書の種類や書き方、必要な項目、使用しやすい証明書のテンプレートをご紹介します。

  • 【リスト・名簿の書き方】

    リスト・名簿とは、目的に合わせ、名前や数字などの項目を一定の形式に従って書き並べたものです。社員、従業員、役員、職員、会員、参加者など、社内、社外を問わず、名簿を管理する場面は多いでしょう。名前、会社名、電話番号など、管理したい項目をピックアップしてリスト化しておきます。

  • 【回覧書の書き方】

    回覧書は、忙しい業務中に読むものです。文章は、簡潔なわかりやすい文章で記載するようにしましょう。また、回覧者が捺印するスペースを作っておくと、回覧漏れを防ぐことが可能です。連絡事項によっては日付欄や備考欄が必要になります。一方、送別会のお知らせや新年会・忘年会の告知などは連絡事項を記載するのみです。このページでは、用途に合わせた回覧書のテンプレートと書き方を紹介しています。

  • 【マニュアルの書き方】

    業務効率化を行うにあたって、短時間で良質なマニュアルを作ることはとても重要です。読み手のレベルに合わせて読みやすく理解しやすいマニュアルを作る方法とともにテンプレートをご紹介します。

  • 【念書の書き方】

    念書とは、後日に証拠となる書き付けのことで、念のために作成しておく文書です。お互いの署名、捺印を必要とする契約書とは違い、当事者間の一方が他方に対し約束事を記載したものに、差し出す側が署名し捺印するのみで書類は完成します。基本的に、念書は法的な強制力や拘束力はありません。しかし、書類としては契約書とまではいきませんが簡単な合意書であり、契約を交わした証拠にもなるので、記載された約束事を履行する義務が発生します。

  • 【一覧表の書き方】

    一覧表はただ項目をまとめるだけではなく、それを管理・活用することが大事です。たとえば業務上扱うデータを月別・年間で数値をまとめたり、従業員のシフトを一覧でまとめたりするなど、どの程度で増減しているかや進捗状況を把握し、対策や施策を考えることができます。ここでは経営を行う上で使用する項目をまとめることができる一覧表を紹介しています。

  • 【集計表の書き方】

    集計表とは、データや数値を集めて計算した表のことです。例えば1か月間にどれくらいの売上が発生したのか、客単価はどれくらいだったか、人件費はどれくらい必要であったかなど、集めたデータは週間、月間、年間単位で必ず集計表にまとめておくとよいでしょう。

  • 【手順書の書き方】

    手順書とは、能率良く、作業や業務を行えるよう作成します。手順書通りに進めれば、作業効率が高まるだけでなく、トラブルも最小限に抑えることができるでしょう。誰が見てもわかりやすく表現する必要があります。そのために写真や図を使って理解しやすくなるよう工夫しましょう。

  • 【上申書の書き方】

    上申書とは、官公庁や警察などに対して法律に基づかない場合の意見や報告などを行うための文書のことです。法律に基づく場合は「○○申請書」「○○申立書」となります。特許庁に対し特許出願を分割する際や商標登録に対し意見する場合にも上申書を用います。また、上司に意見を申し述べる書類を指す場合もあります。上申書は簡潔にわかりやすい文章で作成し、必要であれば参考資料を添えると良いでしょう。

  • 【予定表の書き方】

    予定表には年間予定表、月間予定表、週間予定表などがあります。予定表に記載して社内で共有することで、もし外出中に客先から連絡が入った場合なども、社内に残っている者がその旨を伝えることができますし、新規のアポイントにも対応しやすくなります。業務を効率よく進めるためにも、予定を立てて、予定表に記載しておくと便利です。

  • 【指示書の書き方】

    指示書とは、業務内容や命令の内容などを指示する文書のことです。作成する際には、読み手を意識し、相手が理解できる用語で具体的に記載しましょう。5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、どのように、どうした)を踏まえて作成すると、指示の漏れを防ぐことができます。また、要点は箇条書きなどで簡潔に記載しましょう。

  • 【表彰状の書き方】

    表彰状とは、特に優秀な成績をあげた人や優れた行いがあった人を褒めたたえた書状のことです。会社関連では、永年勤続、功労、営業成績、安全無事故など模範となる人をたたえて、表彰を行います。表彰状の書き方としては、句読点は用いず、文の区切りでも改行せずに一文字分だけ空けて文を続けます。文章は簡潔に短く区切りますが、表彰する理由や何の表彰であるかは、具体的に記載します。

  • 【願書の書き方】

    願書の書き方、書式、テンプレート一覧です。願書とは、許可を得るために提出する文書のことです。主なものとして、退職を希望する際の退職願、会社や行政などに問題点を指摘して改善を求める嘆願書などがあります。要点をわかりやすく記載するようにしましょう。また、幼稚園への入園、小学校、中学校、高等学校、大学、短大、専門学校、職業訓練校などの入学試験を受験するために、希望する学校に提出する入学願書があります。入学願書は、学校によって所定の用紙が用意されている場合があるので確認しましょう。

  • 【記録書の書き方】

    記録書とは、後日まで確認できるよう物事を書き記した書類、もしくは、成績や結果を記載した文書のことです。例えば、退職者面接記録、残業記録、面接記録など、記録として後々まで残しておきたい事項について、記録書を作成して保存しておきます。また、数々の記録は、今後の参考資料としても利用できるでしょう。

  • 【保証書の書き方】

    保証書とは、ある一定の条件で物事を保証する旨を記載した文書のことです。例えば、従業員が会社や事業主に提出する身元保証書は、家電製品などに添付される製品保証書などがあります。保証書の種類や書き方を解説します。

  • 【申告書の書き方】

    申告書とは、国民が法律上の義務として、官庁などに一定の事実を申し出る内容を記載した文書のことです。例えば、確定申告書、法人税申告書、退職所得申告書、扶養控除申告書、還付申告書、償却資産申告書、失業認定申告書などさまざまな種類のものがあり、所定のフォーマットに必要事項を記載して、税務署などの申告先に提出します。申告書には申告期限が定められているので、注意が必要です。また、社内で活用できる申告書として、健康状態・職務内容・自己評価などを記載する自己申告書や通勤経路申告書、異動希望申告書などがあります。

  • 【調査書の書き方】

    調査書とは、調査の結果を報告する文書のことです。営業戦略やマーケティング、新人育成、競合店調査など、業務上必要な内容について調査を行い、結果を調査書にまとめることで、今後の戦略や計画などに役立てることができます。この他、学校の入学判定や就職の際の選抜資料として、受験先に提出される文書も調査書の一種で、内申書とも呼ばれます。

  • 【承認書の書き方】

    承認書とは、相手の願いや要求などを聞いて、正当と判断すること、もしくは認めることを記載した文書です。社内では、社員が願い出た育児休業、介護休業、勤務時間短縮などを承認するときに作成します。書面には、日付、タイトル、相手の氏名、承認内容、自分の名前を盛り込みます。文章は簡潔に、必要事項のみを記載します。承認書のテンプレートには、さまざまなパターンのものがあるので、利用してみるとよいでしょう。

  • 【決議書の書き方】

    決議書の書き方、書式、テンプレート一覧です。決議書とは、会議での決定事項や意見を記載した文書のことです。必要事項のみをピックアップし、箇条書きなどで簡潔にわかりやすく記載します。書面は、誰が見てもわかりやすい構成にしましょう。テンプレートを用意しておくと、必要事項を入れるだけで、手間なく決議書を作成することができます。

  • 【進退伺いの書き方】

    進退伺いは辞表とは大きく違います。職務上の過失があったとき、責任を追って辞職するべきかどうかを上司にお伺いするときに使用しますが、辞職を決定しているものではありません。進退伺いには、責任の追う所存を伝えつつ、上司の指示を仰ぐ必要があり、文章や言い回しに気を使うこととなります。例文を入れて解説していきます。

証明書の書式・テンプレート

証明書の書式テンプレート一覧です

在職証明書06

証明書の書き方、テンプレート一覧です。証明書とは、あることの真偽を、証拠を挙げて明らかにした文書のことで、資格や条件などを満たしたときに発…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

2017年 卵と酉の書

2017年、可愛い卵と「酉」の書です。今回も書道家・中山美扇さんに「酉」部分を書き下ろしてもらいました。可愛くシンプルなデザインにしました。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

使いやすい証明書のテンプレートと書き方 トップへ