遺産分割協議書|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

遺産分割協議書の書き方と例

遺産分割協議書とは、親族が死亡し遺産相続を行うとき、相続人が遺産分割協議の結果、各相続人に分配される財産の内容を記した文書です。遺産分割協議書や遺産分割協議書に関する書類の書き方について解説します。

遺産分割協議書とは

被相続人の死後、誰がどの遺産を引き継ぐのかを話し合い、相続人全員が合意した協議内容を書面にまとめたものを遺産分割協議書といいます。起こりうるトラブルを避ける目的のほか、不動産・預貯金・株式等の名義変更の際にも必要になります。また、相続税の申告書に添付する用途もあります。

遺産分割協議書の効力

遺産分割協議書は相続にあたって各種手続きや名義変更などで必要になるものですが、法的な効力はあるのでしょうか?相続人がもし協議内容を履行しなかった場合でも、相続人に対しては何の罰則もなく、実は強制力もないのです。裁判になった場合証拠としての効力はありますが、最高裁の判例でも原告が敗訴となったケースもあります。ですが、遺産分割協議書を公正証書で作成しておけば効力は増します。差し押さえに踏み込む強制力が生まれてくるからです。

遺産分割協議書の提出先について

主に不動産や預貯金の名義変更をする際に遺産分割協議書の提出が必要になります。また、提出先は各財産の帰属によって異なります。

  • 不動産の名義変更・・・法務局
  • 預貯金の名義変更・・・金融機関
  • 相続税の申告・・・税務署
  • 株式の名義変更・・・証券会社
  • 自動車の名義変更・・・陸運局

必要書類について

有効な遺産分割協議書を作成するにあたって、必要な書類がいくつかあります。

  • 被相続人の12歳頃から死亡までの除籍謄本・改製原戸籍
  • 法定相続人が確定するまでの戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍
  • 被相続人の住民票の除票・戸籍の附票
  • 相続人全員の住民票
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 相続人全員の実印
  • 登記簿謄本、預金通帳、車検証、保険証書など

遺産分割協議書の書き方

法律で定められたフォーマットはありませんが、記載すべき事項や印鑑の押印などは必要となります。また、協議は必ずしも全員が集まらなければいけないわけではありません。誰かが作成した遺産分割協議書を他の相続人に送付し、実印を押してもらえば承諾をしたとみなされます。それでは詳しく見ていきましょう。

必ず記載すべきこと

  • 被相続人の情報(氏名、住所、本籍、生年月日、死亡日)
  • 財産の記載
    誰がどの財産を取得したか(相続人氏名、続柄、住所、本籍、生年月日、被相続人) 不動産の表示
    預貯金(銀行名、口座番号、残高)
  • 日付について

署名について

厳密にいえば記名・押印でもよいのですが、トラブルを避けるためにも必ず署名をするようにしましょう。相続人本人による自署であるかということが最も重要です。

印鑑は実印を使用する

印鑑については必ず実印を使います。また、印鑑証明書の添付も必要になりますので必ず準備をしておきましょう。

捨印について

遺産分割協議書を作成し、相続人全員の署名押印が済んだ後にもし間違いを発見した場合は、誤りを訂正した上で全員の訂正印を押さなければなりません。または作成し直しになることもあります。そんなときのために、捨印を押しておけばそれを訂正印とすることができ、軽微な間違いであれば修正することができます。相続人同士が遠方にいるケースでは捨印を押しておくと便利です。しかし、勝手に内容を書き換えられてしまう危険性もありますので注意が必要です。

割印について

また、遺産分割協議書が複数に渡る場合は必ず割印を押さなければなりません。法定相続人全員の実印で割印をします。なお、相続放棄者及び相続欠落者については相続人とはならないため、署名も押印も不要です。

①基本的な書き方

遺産分割協議書に書式や形式にルールはありませんので、縦書きでも横書きでも問題ありません。また、手書きでも印字でもどちらでもOKです。ただし、署名や相続人の住所や氏名は手書きのほうがよいとされています。
遺産分割協議書01
>遺産分割協議書01

②自動車についての書き方

自動車の記載は、車検証に記載されている項目に従いましょう。登録番号、車名、型式、車台番号を書きます。手続きにはその他自動車検査証、戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書、車庫証明が必要です。

③預金についての書き方

預金については、預金口座番号、残高情報を書きます。例えば複数の相続人が預金を相続する場合は『次の預金について、○○と○○が2分の1ずつ取得する。』というように書き、口座情報を続けます。

遺産分割協議書で注意すべきこと

・土地建物などの不動産の書き方
不動産の記載は登記簿謄本の通りに正確に書きましょう。誤りがあると名義変更が受け付けられないこともあります。
・財産の内容は正確に
預貯金や自動車、株式、生命保険など、遺産だけでなく債務も記載もれのないように書きます。特定がしやすいように正確に記載しましょう。
・相続人が遺産を取得する代わりに、他の相続人に金銭の支払いをする代償分割がある場合は、代償金額と支払期限を明確に記載してください。

財産目録を作成することで争いを防ぐ

財産や負債も含めた相続遺産がどれだけあるのかを一覧にしたものを財産目録といいます。相続対象財産を明確にすることで、相続税の申告要否や納付額を判断する際にも役立ちます。また、財産目録を作成しておくと誤解を招きづらく争いを防ぐことにも繋がります。
遺産目録
>遺産目録

まとめ
被相続人の死後、相続人全員が合意した協議内容を書面にまとめたものが遺産分割協議書です。相続人の間でトラブルになった場合、証拠としての能力は持ちますが強制力はありません。揉め事が懸念される場合は、遺産分割協議書を公正証書にしておくことをオススメします。書き方について書式は問いませんが、署名や住所の記載だけは自署するようにしましょう。テンプレートを参考にして、有効な遺産分割協議書を作成してください。

投稿日:
2016/12/27
更新日:
2016/12/27

他の遺産分割協議書の書式テンプレート

≫一覧を見る

遺産分割協議書に関連する書き方一覧

  • 【相続手続きの書き方】

    相続手続きには、法律に関係する書類を使用することになります。親族が死亡した時に相続人が相続財産について遺産分割の協議などの書類や相続人関係図、所有権移転登記申請書、相続登記…

遺産分割協議書の書式・テンプレート

遺産分割協議書の書式テンプレート一覧です

遺産分割協議書01

「遺産分割協議書」の書式、テンプレート、書き方一覧です。遺産分割協議書とは、親族が死亡し遺産相続を行うとき、相続人が遺産分割協議の結果、各…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

2018_フィギュアスケート(word)

2018年の年賀状です。オリンピックイヤーに初雪でスケーティングする犬のイラストです。 こちらはword形式です。テキストボックスの文章を自由に編集してお使いいただけます。(JPEG画像のみのもの…

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

遺産分割協議書の書き方と例 トップへ