年始年末|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

年末年始のお知らせ・挨拶状の書き方

年末年始の挨拶文は、日頃、ご愛顧いただいているお客様やお得意様に年始年末休業のお知らせの連絡に使用するものです。年末年始の挨拶・案内文について解説します。

年末年始の挨拶・お知らせとは

年末年始の挨拶状は、その年にいただいご愛顧へのお礼をお伝えするとともに、休業期間をお知らせする役割もあります。新しい年も変わらぬお付き合いをしていただけるよう、年末年始の挨拶状を出しましょう。

出す時期について

年末の挨拶は、一般的には12月25日から27日までにされるものと考えられています。しかし、会社や人によってはクリスマスから長期休暇に入ることもあるでしょう。そのため、25日前後に挨拶状を出すようにして準備をしておくことをオススメします。

記載する項目

年末年始の挨拶状にはどのようなことを書けば良いのでしょうか?記載すべき項目は下記のとおりです。

  • 季節の挨拶
  • 日頃のご愛顧への感謝
  • 休業期間のお知らせ
  • 結びの挨拶

年末年始の挨拶・お知らせの書き方・例文

年末年始の挨拶・お知らせの書き方は、大きく分けて2パターンあります。1つは挨拶をメインに休業期間をお知らせするもの、2つめは休業期間のお知らせをメインにして挨拶を入れるものです。販売業やサービス業では、営業日を明確にお伝えする必要があることから、休業期間をメインにしたお知らせ文がよく使われています。業種や業態によって使い分けると良いでしょう。

文例①

歳末(年末)のご挨拶
拝啓 師走の候、貴社いよいよご隆盛のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。おかげさまで本年は、弊社業績も順調に推移し、これもひとえに皆様の温かいご支援の賜物と、社員一同深く感謝致しております。
なお、弊社では誠に勝手ながら○月○日(○)~○月○日(○)を年末年始休業とさせていただきます。よろしくご了承のほどをお願い致します。
今後とも代わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。敬具
年末の挨拶状03
>年末の挨拶状03

文例②

年末年始休業期間のお知らせ
拝啓 慣例の候、貴社いよいよご清栄の段、慶賀の至りに存じます。平素は格別のご厚誼にあずかり、心より感謝申し上げます。さて、弊社本年度の年末年始につきましては、下記の期間休業とさせていただきます。誠に勝手ながらご了承のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。敬具

年末年始休業日
○○年○○月○○日(○曜日)から○○年○○月○○日(○曜日)までの○○日間
以上
年末年始休業日の通知書002
>年末年始休業日の通知書002

文例③

年末年始休暇について
例年どおり、年末年始の休暇を下記の要領で実施致します。
・○○年12月○○日(○曜)○○時まで 通常営業
○○時~ 社屋内の一斉清掃
○○時~ 「忘年会」○○○○にて

・○○年12月○○日(○曜)~○○年1月○○日(○曜)休暇(○○日間)

・○○年12月○○日(○曜)○○時~「社長年始挨拶」「年賀交歓会」
○○時~ 「新年会」○○○○にて
以上


年末年始休暇について
>年末年始休暇について

注意すべきこと

本来、年末年始のご挨拶は訪問して直接ご挨拶するのが正式です。そのため、とくに営業職の方は年末の挨拶回りで忙しいのではないでしょうか。年内最後の訪問日に仕事の話を含めながら、感謝の言葉を述べるのがベストです。この際にお歳暮を持参するのも良いでしょう。また、休業期間についてもお知らせしておきます。そのときに、相手方の休業期間についてもチェックしておきましょう。帰社後、先方が休業期間に入る前に、文書やメールでも挨拶状をお送りしておくと完璧です。

文書で出す場合

年末に直接挨拶に伺えない場合は、挨拶状を郵送で送りましょう。気をつけなければならないのは送るタイミングです。先方が休暇に入ってしまってから届いたのでは意味がありません。先方の手元に届くタイミングを考慮し、余裕を持って投函するようにしてください。また、他の書類を送るついでではなく、挨拶状はできるだけ別送して送ると良いでしょう。

メールで送信する場合

年末年始の挨拶状は、メールより文書で郵送するほうがより丁寧です。しかし、ただでさえ忙しい師走の時期、多くの取引先に文書を発送することが難しい場合もありますね。最近ではメールで年末年始のご挨拶を送るケースも増えています。メールを送る際も挨拶として記載する内容は郵送の場合と同じです。ただしメールの場合、文字数を気にせず書けるため、長々と文章を書かないよう注意が必要です。あくまでも用件は、挨拶と休業の連絡だけに留めておきましょう。

掲示する場合

年末年始の挨拶状は、社員向けに社内に掲示することもあれば、店舗では貼り出して掲示することもあるでしょう。社内に掲示をする際、役職者の掲示許可を事前にもらわなければならない場合がありますので注意してください。また、掲示する場所はわかりやすいところにし、目につくよう大きめのフォントにするなどの工夫も必要です。店舗に掲示する場合にもいえることですが、あらかじめ掲示期間を決めておくことも大切です。年が明けたにも関わらず、いつまでたっても年末年始のお知らせが掲示されているのはおかしいですね。適切な時期に掲示をはがすということを忘れずに。

まとめ
仕事で忙しい毎日を過ごしていると、あっという間に年末年始がやってきます。お世話になった人への感謝を伝えて、気持ちよく新しい年を迎えられるよう、挨拶状の準備は早めにしておきましょう。業種や業態によって適切なテンプレートを選んで参考にしてください。

投稿日:
2016/11/04
更新日:
2016/11/04

他の年始年末の書式テンプレート

≫一覧を見る

年始年末に関連する書き方一覧

  • 【忘年会の書き方】

    忘年会とはその年の苦労を忘れるために年末に行われる宴会で、会社の取引先、同僚や知人などの中で行われます。忘年会を開催するにあたって、日時や場所、参加者など開催の知らせをする案内状を作成し、忘年会当日には、上司や取引先に対して行うスピーチ、挨拶の言葉や幹事・司会の進行例、余興について等、計画しておかなければならないことが多くあります。

  • 【お歳暮の書き方】

    お歳暮はお正月の準備を始める12月初旬から12月25日ぐらいまでに、日頃お世話になっている親戚や知人、会社の上司の方などに「1年間ありがとうございました」という感謝の気持ちを伝えるための心のこもった贈り物をする行事のことです。もともとは「事始めの日」の12月13日から12月20日までに贈るものでしたが、現在は11月末頃から贈る方も多いです。12月26日以降は御年賀もしくは寒中御見舞いとして贈ります。

  • 【年始年末の書き方】

    年末年始の挨拶文は、日頃、ご愛顧いただいているお客様やお得意様に年始年末休業のお知らせの連絡に使用するものです。また、お客様に会社やお店の忘年会のお知らせや、一年間お世話になったお得意様へのお礼、年始の営業開始のご案内などにも使用します。

  • 【お中元の書き方】

    お中元は何も添えずにお品物だけをお送りしても構いませんが、挨拶状があるとより心が伝わります。特にビジネスシーンでは一言添えるようにしましょう。また、頂いたお中元に対しお礼状を送りましょう。メールで簡単に済ませるよりずっと感謝の気持ちが伝わります。お中元に関する書類とマナーについて解説します。

  • 【暑中見舞いの書き方】

    暑中お見舞いとはそもそも、1年の一番暑い時期に日頃なかなか会えない親戚・知人・友人・お客様に近況報告と安否を伺う挨拶状です。とはいえ、現在は社交辞令の側面を持つようになっています。また、立秋以降に相手に送る場合は残暑見舞いといいます。どちらか片方出すのが一般的です。このページでは暑中見舞いの詳しい時期、おすすめのデザインや書き方を紹介しています。

  • 【残暑見舞いの書き方】

    残暑見舞いの書き方、書式、テンプレート一覧です。残暑見舞いとは、夏の暑さの厳しい折、相手の健康を気遣い、思いやるという意味で送るお手紙です。期間は立秋(8月初旬)から白露(9月初旬)の前日までです。

年始年末の書式・テンプレート

年始年末の書式テンプレート一覧です

年末の挨拶状02

年末年始に関する書式、テンプレート一覧です。年始年末の挨拶文は、日頃、ご愛顧いただいているお客様やお得意様に年始年末休業のお知らせの連絡に…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

2017年 卵と酉の書

2017年、可愛い卵と「酉」の書です。今回も書道家・中山美扇さんに「酉」部分を書き下ろしてもらいました。可愛くシンプルなデザインにしました。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

年末年始のお知らせ・挨拶状の書き方 トップへ