お中元|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

お中元の挨拶状・お礼状の書き方

お中元は何も添えずにお品物だけをお送りしても構いませんが、挨拶状があるとより心が伝わります

お中元は何も添えずにお品物だけをお送りしても構いませんが、挨拶状があるとより心が伝わります。特にビジネスシーンでは一言添えるようにしましょう。また、頂いたお中元に対しお礼状を送りましょう。メールで簡単に済ませるよりずっと感謝の気持ちが伝わります。お中元に関する書類とマナーについて解説します。

お中元のマナー

お中元は、古来中国より伝わってきた風習です。中国の道教の行事で、三元と呼ばれる贖罪の日があります。三元とは、上元(1月15日)・中元(7月15日)・下元(10月15日)のことを指します。そのうちの中元だけが日本に伝来しました。それが仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ・7月15日)と重なり、先祖へのお供え物を親しい人に配る習慣ができました。それが、お世話になった人への感謝を表す夏の風物詩として現在の形に定着したといわれています。

お中元のマナーとして、自分があげたい物ではなく、相手がもらってうれしいものを選ぶ心づかいが挙げられます。特にインターネットでお中元を注文する場合は品物を確かめることができませんから、慎重に吟味してください。ビジネスでは品物を贈るだけではなく、日ごろお世話になっていることに対する感謝を示す挨拶状を添えるようにしましょう。その心遣いこそが、今後のお付き合いにつながっていくのです。

また、取引先へ贈る場合、部署内に配布されることが考えられます。その方が所属する部署に社員が何名くらい在籍しているのか、男女比がどのくらいなのか、事前情報があると品物選びに役立ちます。部署の人数に対して品物が少なかったり、シェアしづらいものであったりすると先方が困ってしまうこともあります。小分けにされたお菓子や、配りやすいものを選ぶとよいかもしれません。

お中元は慶事とは関係ありませんから、贈る側、受け取る側のどちらかが喪中の場合でも差支えはありません。ただし、四十九日が明けていない場合や気落ちされているのではないかと気になる場合には、『忌中御見舞』として贈るか、了解を得たうえで『残暑御見舞』として贈るとよいでしょう。

贈る時期

お中元は、1年の上半期の締めくくりを表していますので、6月から8月までの間に贈ることが一般的とされています。地方によっても時期が異なることがありますので注意してください。東日本では7月初旬から中旬までの間に、西日本では8月初旬から中旬までが贈答時期とされています。土用の入り前までに贈るものとされていますので、もし時期を逃してしまった場合には『暑中御見舞』『残暑御見舞』として贈りましょう。また、目上の方には『暑中御伺い』『残暑御伺い』として贈ります。

正しい贈り方

お中元の本来の習わしでは、直接お宅へお伺いしてお中元を持参します。しかし、現実的には訪問するのが難しいため、宅配便を利用することが一般的になっています。お中元の品物にかける熨斗紙は、紅白の5本もしくは7本の蝶結びがついたものを使います。表書きは濃い色の墨で楷書で書くのが基本です。名前書きはフルネームで入れましょう。
贈り先は、両親、親戚、上司、取引先、仲人、先生などが挙げられます。贈る期間は付き合いによって異なりますが、基本的にはお世話になっている間は贈るケースが多いようです。仲人や媒酌人には最低3年は贈るべきであるとされています。
お中元は、今までの感謝とともに今後も変わらぬお付き合いをお願いする意味が込められています。今年だけ特別お世話になり、今回だけ贈りたい場合は、『御礼』として贈るとよいでしょう。

挨拶状の書き方

お中元は本来持参するものですから、挨拶状には時候の挨拶から書くようにしましょう。一般的なビジネスレターと同様、前文、末文の基本形に則って書きます。感謝の気持ちを表す言葉を入れ、健康を祈る言葉で結びます。挨拶状を同梱できない場合は別送でも構いません。しかし、はがきは略式ですから、ビジネスでは手紙で贈るようにしましょう。

>お中元に添える手紙01(一般)

お礼状の書き方

お中元はお世話になった方に贈るものですからお返しは必要としませんが、お礼状を出すのがマナーです。もらいっぱなしにしてはいけません。贈っていただいた方に無事受け取ったことをお知らせする意味でも大切です。どうしてもお返しがしたい場合は、返礼として同額程度のお中元を贈っても問題はありません。お礼状は、お中元を受け取ってからできるだけ速やかに書くようにしましょう。
時候の挨拶から書きましょう。まず、相手の安否を気遣う1文を添えます。そして、品物をいただいたことへの感謝の気持ちを表現します。日ごろお世話になっていることへのお礼とこちらの状況を伝える文章を入れます。最後に相手の健勝を祈る1文を加えたら結びの挨拶で締めくくります。
夫宛てのお中元に対して妻がお礼状を書く場合は、夫の名前を書いた左脇に小さく『内』と書きます。また、本人以外の者が代筆する場合は、本人の名前を書いた左脇に小さく『代』と書き、その下に代筆者の名前を書きます。

>お中元に添える手紙01(一般)お中元のお礼の手紙03(仕事関係者宛)

まとめ
日ごろお世話になっている方への感謝の気持ちを表すお中元は、もらうとうれしいものです。そこに感謝の手紙が添えられていれば、より心が伝わります。毎年何を贈ろうか迷う人は、贈った品物や金額をメモしておくとよいでしょう。次回の参考にもなりますし、喜ばれた物を毎年贈るのもよいですね。今後も変わらぬお付き合いをするためにも、心のこもった挨拶状・お礼状を添える気配りが大切です。

投稿日:
2016/02/05
更新日:
2016/02/05

他のお中元の書式テンプレート

≫一覧を見る

お中元に関連する書き方一覧

  • 【忘年会の書き方】

    忘年会とはその年の苦労を忘れるために年末に行われる宴会で、会社の取引先、同僚や知人などの中で行われます。忘年会を開催するにあたって、日時や場所、参加者など開催の知らせをする案内状を作成し、忘年会当日には、上司や取引先に対して行うスピーチ、挨拶の言葉や幹事・司会の進行例、余興について等、計画しておかなければならないことが多くあります。

  • 【お歳暮の書き方】

    お歳暮はお正月の準備を始める12月初旬から12月25日ぐらいまでに、日頃お世話になっている親戚や知人、会社の上司の方などに「1年間ありがとうございました」という感謝の気持ちを伝えるための心のこもった贈り物をする行事のことです。もともとは「事始めの日」の12月13日から12月20日までに贈るものでしたが、現在は11月末頃から贈る方も多いです。12月26日以降は御年賀もしくは寒中御見舞いとして贈ります。

  • 【年始年末の書き方】

    年末年始の挨拶文は、日頃、ご愛顧いただいているお客様やお得意様に年始年末休業のお知らせの連絡に使用するものです。また、お客様に会社やお店の忘年会のお知らせや、一年間お世話になったお得意様へのお礼、年始の営業開始のご案内などにも使用します。

  • 【お中元の書き方】

    お中元は何も添えずにお品物だけをお送りしても構いませんが、挨拶状があるとより心が伝わります。特にビジネスシーンでは一言添えるようにしましょう。また、頂いたお中元に対しお礼状を送りましょう。メールで簡単に済ませるよりずっと感謝の気持ちが伝わります。お中元に関する書類とマナーについて解説します。

  • 【暑中見舞いの書き方】

    暑中お見舞いとはそもそも、1年の一番暑い時期に日頃なかなか会えない親戚・知人・友人・お客様に近況報告と安否を伺う挨拶状です。とはいえ、現在は社交辞令の側面を持つようになっています。また、立秋以降に相手に送る場合は残暑見舞いといいます。どちらか片方出すのが一般的です。このページでは暑中見舞いの詳しい時期、おすすめのデザインや書き方を紹介しています。

  • 【残暑見舞いの書き方】

    残暑見舞いの書き方、書式、テンプレート一覧です。残暑見舞いとは、夏の暑さの厳しい折、相手の健康を気遣い、思いやるという意味で送るお手紙です。期間は立秋(8月初旬)から白露(9月初旬)の前日までです。

お中元の書式・テンプレート

お中元の書式テンプレート一覧です

お中元のお礼の手紙03(仕事関係者宛)

挨拶状、お礼状などビジネスで使えるお中元のテンプレート一覧と例文・書き方です。お中元とは仕事や学校先で日頃お世話になっている方や、前の年に…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

お中元の挨拶状・お礼状の書き方 トップへ