暑中見舞い|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

暑中見舞いの文例

暑中お見舞いとはそもそも、1年の一番暑い時期に日頃なかなか会えない親戚・知人・友人・お客様に近況報告と安否を伺う挨拶状です。

暑中お見舞いとは、そもそも1年の一番暑い時期に日頃なかなか会えない親戚・知人・友人・お客様に近況報告と安否を伺う挨拶状です。とはいえ、現在は社交辞令の側面を持つようになっています。また、立秋以降に相手に送る場合は残暑見舞いといいます。どちらか片方を出すのが一般的です。このページでは暑中見舞いの詳しい時期、おすすめのデザインや書き方を紹介します。

暑中お見舞いの時期

暑中見舞いの頃をレトロな感じでいいますと「三伏の候」といいます。三伏とは日本古来の暦の一つの具注暦(ぐちゅうれき)にも記載されています。現代の新暦で言うと7月中旬から8月中旬にあたり夏のもっとも暑い時期からそろそろ秋の気配を感じ始める時期の事を言い暑さが降伏すると云う意味合いから三伏と言います。したがって「三伏の候」と書けば「酷暑の候」という意味で、暑中見舞いの季語に当たりますが、現在一般的には「猛暑の候」、「猛暑の折」などと同じです。正式には「小暑」から「大暑」の間に送るので「暑中」となり、夏季の挨拶です。 ではいつ頃に出すものかというと、いくつか説があります。実際のカレンダー上の日付は毎年の暦によって異なりますが、
1.土用の節 立秋の前日まで(7月19日~8月7日)
2.小暑の節 立秋の前日まで(7月7日~8月7日)
3.梅雨明け 立秋の前日まで(7月中旬~8月7日)
以上の三節が一般的に認められています。

おすすめのデザイン

ハガキの人気デザインは夏を感じられるものが多いです。いくつかおすすめのデザインをご紹介します。

かわいいアサガオの暑中お見舞いハガキ

ほおずき・鬼灯の暑中お見舞いハガキ

鯉・コイの暑中お見舞いハガキ
サンプルデザイン 無料サイト

デザインをハガキに印刷するには?

気に入ったデザインがあれば、次はハガキに印刷します。ハガキデザインキットを使用すれば誰でも簡単に作ることができます。
サンプルデザイン 無料サイト
上記サイトから無料書式のダウンロードができます。ワードデータになっていますのでダウンロード後に挨拶文を好きなように追加して、あなた自身のオリジナルなハガキを作りましょう。文章を追加したら後は印刷です。年賀状の印刷などと同様なやり方で印刷してみましょう。

暑中見舞いの文例

挨拶便の用途により文例は多少変わってきます。
挨拶分の脈絡は下記の内容が一般的です。
1.暑中見舞いの文例
① 盛夏お伺い申し上げます
② 暑中お伺い申し上げます
③ 猛暑のお伺い申し上げます
④ 暑中お見舞い申し上げます

2.相手方へ敬いの気持ちをこめた文例
① 貴社(貴店)におかれましては、いよいよご隆昌のことと存じます
② ご家族の皆様(○○様)におかれましては、ますますご壮健のことと存じます
③ 猛暑が続いておりますが、皆様(ご家族の皆様)にはますますご健勝のことと存じます

3.挨拶以降の文章
3-1.日ごろの感謝の文例
・平素より一方ならぬご愛顧にあずかり心より御礼申し上げます
・平素は毎度格別なお引き立てを賜り感謝いたしております
・日頃は弊社製品の販売に(ご協力頂き/ご尽力頂き)、深く感謝いたします
・日頃は、何かとお世話になりましてありがたく存じます
・平素は、公私共にご厚情を賜り厚くお礼申し上げます
3-2.自社もしくは自分自身の近況
・お陰様で弊社も恙無く社業に専心いたしております
・弊社が順調な業績を上げられるのも、(貴社/○○様)のおかげと感謝いたしておる次第です
・当店スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしておりますので、近くにお出かけの際には、是非足をお運びください
3-3.ご支援のお願いの文例
・まだまだ未熟な若輩どもではありますが、今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます
・今後とも、ご指導の程よろしくお願い致します
・今後とも一層の(お引き立て/ご支援/ご愛顧)を賜りますようお願い申し上げます
・今後とも倍旧のご愛顧を賜りたく、謹んでお願い申し上げます
・新参者の私どもではありますが、今後ともご指導の程よろしくお願い申し上げます
3-4.必要がある時に追加する用件の文例 ・つきましては今年も恒例のXXXXを○月○日から○日まで開催いたしますので是非とも足をお運びいただければ幸いです
・なお、誠に勝手ながら○月○日から○日間、例年通り夏季休暇を取らせて頂きます事を予めお知らせいたしておきます
4.結びの文章
個人の場合は先方の活躍や健康を願う、または相手を思いやる言葉、会社の場合は先方の更なる繁栄や発展を願う言葉で結びます。
・ご多忙中とは存じますが、くれぐれも健康に留意しご自愛ください。
・暑さきびしき折、皆様(貴社の皆様)のご健康とご発展をお祈り申し上げます
・猛暑の折ですが、皆様におかれましてはくれぐれもご健康に留意しご自愛下さい
・まずは、暑中のお見舞いと近況報告まで

投稿日:
2016/02/09
更新日:
2016/02/09

他の暑中見舞いの書式テンプレート

≫一覧を見る

暑中見舞いに関連する書き方一覧

  • 【忘年会の書き方】

    忘年会とはその年の苦労を忘れるために年末に行われる宴会で、会社の取引先、同僚や知人などの中で行われます。忘年会を開催するにあたって、日時や場所、参加者など開催の知らせをする案内状を作成し、忘年会当日には、上司や取引先に対して行うスピーチ、挨拶の言葉や幹事・司会の進行例、余興について等、計画しておかなければならないことが多くあります。

  • 【お歳暮の書き方】

    お歳暮はお正月の準備を始める12月初旬から12月25日ぐらいまでに、日頃お世話になっている親戚や知人、会社の上司の方などに「1年間ありがとうございました」という感謝の気持ちを伝えるための心のこもった贈り物をする行事のことです。もともとは「事始めの日」の12月13日から12月20日までに贈るものでしたが、現在は11月末頃から贈る方も多いです。12月26日以降は御年賀もしくは寒中御見舞いとして贈ります。

  • 【年始年末の書き方】

    年末年始の挨拶文は、日頃、ご愛顧いただいているお客様やお得意様に年始年末休業のお知らせの連絡に使用するものです。また、お客様に会社やお店の忘年会のお知らせや、一年間お世話になったお得意様へのお礼、年始の営業開始のご案内などにも使用します。

  • 【お中元の書き方】

    お中元は何も添えずにお品物だけをお送りしても構いませんが、挨拶状があるとより心が伝わります。特にビジネスシーンでは一言添えるようにしましょう。また、頂いたお中元に対しお礼状を送りましょう。メールで簡単に済ませるよりずっと感謝の気持ちが伝わります。お中元に関する書類とマナーについて解説します。

  • 【暑中見舞いの書き方】

    暑中お見舞いとはそもそも、1年の一番暑い時期に日頃なかなか会えない親戚・知人・友人・お客様に近況報告と安否を伺う挨拶状です。とはいえ、現在は社交辞令の側面を持つようになっています。また、立秋以降に相手に送る場合は残暑見舞いといいます。どちらか片方出すのが一般的です。このページでは暑中見舞いの詳しい時期、おすすめのデザインや書き方を紹介しています。

  • 【残暑見舞いの書き方】

    残暑見舞いの書き方、書式、テンプレート一覧です。残暑見舞いとは、夏の暑さの厳しい折、相手の健康を気遣い、思いやるという意味で送るお手紙です。期間は立秋(8月初旬)から白露(9月初旬)の前日までです。

暑中見舞いの書式・テンプレート

暑中見舞いの書式テンプレート一覧です

かわいいアサガオの暑中お見舞いハガキ

暑中見舞いの文例、例文を紹介しています。暑中見舞いとは、日頃お世話になっている方や遠方の親戚、知人、会社の上司の方などに季節の便りを乗せて…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

暑中見舞いの文例 トップへ