図表|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

図表の種類と作り方

企画書やプレゼンテーションは、文字だけでは伝わりづらいもの。

企画書やプレゼンテーションは、文字だけでは伝わりづらいもの。箇条書きひとつにしても図表を使った方が圧倒的に分かりやすく一目での理解を促すことができます。こちらでは、ワード、エクセル、パワーポイントで使える図表作成テクニックをまとめました。

図表の種類と利用シーン

図表を使うポイントは、まずMicrosoftパワーポイントであれば、SmartArtを利用すると便利です。「挿入」タブをクリックし、SmartArtをクリックします。SmartArtにないイメージはテンプレートをダウンロードして挿入することがおすすめです。
>図表テンプレートはこちら

目次を「リスト」や「手順」の図表を使って作成

企画書の目次も、ただの箇条書きよりも、SmartArtの図表を利用した方がより視覚に訴えることが可能です。この資料・スライド全体がどのような構成になっているかを分かりやすい目次を図表を作って作りましょう。

組織図・プロジェクト体制図を作成しよう

組織図やプロジェクト体制図もSmartArtの「階層構造」を利用すれば簡単に作成できます。挿入すれば組織図の形式になっているので、あとは部署名や担当者名を入れていくだけで簡単に作成できます。項目もどんどん追加が可能で、複雑な組織図でも作ることが可能です。
ここで注意したいことは、配色です。同じ系統の部署を同じ色で統一することによって視覚的に体制が伝わりやすくなります。最初に配色をセットしてからあとは個別で色を指定していきましょう。

商品・サービスのメリットは「集合関係」の図表で表現しよう

商品・サービスのメリットは、文字で書くと長くなりがちで、読み手に正しいメッセージを送るのが困難になることがあります。そんな時こそ、SmartArtの「集合関係」を利用しましょう。その商品・サービスを利用するとどんなメリットがあるのかが一目でわかるように作成することができます。

関係図の作成には「マトリックス」の図表で表現しよう

例えば、会社の競争戦略を策定する際にはSWOT分析をしますが、内部環境の強み、弱み、外部環境の機会、脅威の記入には「マトリックス」の図表を利用するのが便利です。一目で現状分析ができ、取るべき戦略が明確になります。

図表の挿入方法とSmartArt

SmartArtをクリックすると、「SmartArtグラフィックの選択」が出てきます。例えば目次の作成であれば、左側のリストから「リスト」や「手順」をクリックすると、いろいろなグラフィックが出てきます。グラフィックをクリックすると、右下に、どのような場合に使うと最適かの説明が出ますので参考にしてください。最適だと思うグラフィックを選び、右下の「OK」をクリックするとテキスト入力画面が出てきます。テキストと書かれた部分をクリックし、文字の種類や大きさを選択して必要事項を入力していきます。入力が終わったら、ダブルクリックするとワードなどのページに挿入されますので、最適な位置にドラッグして完成です。便利な機能ですのでどんどん使ってみてください。

投稿日:
2016/02/09
更新日:
2016/02/09

他の図表の書式テンプレート

≫一覧を見る

図表に関連する書き方一覧

図表に関連する他の書き方は登録されておりません。

図表の書式・テンプレート

図表の書式テンプレート一覧です

4コマ漫画の枠

エクセル・ワード・パワーポイント企画書の図表テンプレート一覧と種類・作り方です。パワーポイントによる企画書の作成に役立ちます。企画書の項目…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

【女性らしいピンクとお花のシンプルなデザイン】簡単に綺麗なレイアウトで資料が作成出来るテンプレート(標準サイズ)

女性らしさが漂うピンクを基調としたお花のシンプルなデザインのテンプレートです。シンプルなので、どんなシーンにも使う事が出来ます。また、デザインがコンテンツの邪魔になる事がないので、スッキリとした資料…

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

図表の種類と作り方 トップへ