7S分析|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

7S分析とは~分析方法と事例紹介~

7S分析とは、戦略(Strategy)、組織構造(Structure)、社内の仕組み(Systems)、人材(Staff)、能力(Skills)、経営スタイル(Style)、価値観(Shared Value)という7 つの要素を分析することにより企業診断をおこなう手法です。

7S分析とは、戦略(Strategy)組織構造(Structure)社内の仕組み(Systems)人材(Staff)能力(Skills)経営スタイル(Style)価値観(Shared Value)という7 つの要素を分析することにより企業診断をおこなう手法です。7S分析で使えるテンプレートについてご説明します。

7S分析とは

7S分析とは、世界的戦略コンサルであるマッキンゼー・アンド・カンパニーが提唱したもので、企業戦略におけるいくつかの要素の相互関係を表すものです。各要素がそれぞれを高め合い補いながら、戦略を実行されることが優良企業の証とされています。7Sは、ハードの3Sソフトの4Sに分類されます。

ハードのS

ハードのSは、確固たる意思や計画を持っていれば変更しやすく、比較的手がつけやすいという特徴があります。そのため、企業変革をおこなう場合にはハードの設計が重視され、それさえ運用できれば成功すると思われがちです。ですが実際は、ハードとソフトが融合し整合することが最も重要であるということを念頭に置いてください。

①戦略(Strategy)について

企業理念の下にビジョンが明確化されることは、目標も明示されることになります。目標が明確になったら、いかに目標を達成するかを考える必要があります。その具体策こそが戦略なのです。戦略の方向性や、事業ドメインの優先順位などについて分析します。

②組織構造(Structure)について

会社における組織の構造が、うまく構築されているかどうかを分析します。各役職の職務権限や指揮命令系統がどのような構造になっているか、ピラミッドがどう形成されていて、コミュニケーションはどう取られているかなどについて分析します。

③社内の仕組み(Systems)について

社内情報システムなどのハード系システムのみならず、業績考課制度、予算管理制度、目標管理制度などさまざまな社内の仕組みを指しています。それら企業活動を管理する制度がどのような体系になっているかを分析します。

ソフトのS

ハードのSは、比較的短期間で変更できることに対し、ソフトのSは、変更を簡単にはできません。ソフトのSは、企業体質や風土などを意味し、人の価値観や慣習に左右されるため、短期期間での変更は難しいのです。個人を取ってみても、これまで生活してきたスタイルや性格を急に変えるというのは難しいことですね。変更するには時間がかかり、またそれだけの原動力が必要であることが特徴といえるでしょう。

④人材(Staff)について

企業に属する人材そのものや、効率的に採用・教育が実施されているかどうかについて分析します。社員の管理体系や、人材がどのように意欲づけられ、モチベートされているかということも含まれます。

⑤能力(Skills)について

組織として最も優れている点、コア・コンピタンスを指しています。組織が持つ技術力、販売力、マーケティング力などについて分析します。また、戦略として必要であるにも関わらず、不足しているスキルがあれば特記しましょう。

⑥経営スタイル(Style)について

経営方針や企業風土、経営方針などについて分析します。経営陣のリーダーシップがどのように取られているか、社風の特徴も含まれます。意思決定の方法はトップダウンか、ボトムアップか、歓迎される社員像も企業によって異なります。

⑦価値観(Shared Value)について

組織ビジョンや企業理念、行動指針など、事業活動の基盤となるものを分析します。暗黙となっている行動規範も含まれます。社員が共有している会社の価値観はどのようなものか、経営陣との乖離はあるのかについてもみていく必要があります。

7S分析の事例

7Sは、人体構造に例えられることがあります。頭脳=Strategy、骨格=Structure、神経=System、血液=Staff、筋肉=Skill、性格=Style、志= Shared Value。このように当てはめてみると、イメージしやすいのではないでしょうか。

それでは、7S分析の事例をご紹介します。電子部品の研磨フィルム製造会社のトップは、顧客情報の管理体制に問題意識を持っていました。打合せで得た有力情報も一元管理されておらず、フォーマットもバラバラで情報を探すことに苦戦していました。そこで、ハード面で情報管理システムを導入しました。しかし、Systemを導入しただけでは、それまでに染み付いた体質を変えられないと考えたトップは、Styleの改善にも取り組みました。社内SNSを普及させ、社員同士が気軽に情報交換できるようにしたのです。

7S分析で成長阻害要因を取り除き、ハード面のみならずソフト面にも働きかけて、成長スピードがアップした事例です。同社は、創業100年の老舗でありながら、現在もマーケットシェア1位を維持しています。

7S分析の方法

7S分析チャートを広げてみましょう。エクセレントカンパニーは、中央に企業の価値観、ビジョンが据えられ、それを囲むようにして事業戦略組織構造能力経営スタイル人材社内システムが存在します。この7つのバランスが整合していなければなりません。各フレームワークに自社の情報を書き込んで整理し、成長を阻害している要因や成功要因などを分析します。

7S分析を活用した企画書の作成方法

7S分析を活用して企画書を作成してみましょう。ポイントは、分析が的確にされていることと、分析結果に対して明確な施策が打ち出されていることです。分析結果は、フレームワークが目で見てわかりやすい、テンプレートで表すとよいでしょう。

  • フレームワーク活用例:地方銀行
  • Strategy:法人向け融資から、個人向け融資に事業ドメイン移行。ハイリスクな顧客も対象。
  • Structure:一般的な銀行の支店別組織。階層数も平均。
  • System:大きな人事異動や左遷はほぼなし。
  • Style:できる社員が法人担当、個人担当は下という意識が強い。
  • Staff:意欲・能力は地方銀行平均レベル。ハイリスクな顧客経験は概ね少ない。
  • Skill:ハイリスクな個人顧客相手の与信管理のスキルや、情報の蓄積が不十分。
  • SharedValue:ローリスクローリターンに価値を置く。
分析結果
個人のハイリスク顧客をメインのドメインにする戦略を打ち出したものの、それを実行するに十分な知識や経験がない。意欲も追いついておらず、この戦略を実行しても頓挫する危険性がある。
企画提案
  • 人事異動の仕組みを抜本的に変える。
  • ハイリスク顧客向け研修を実施し、スキルアップを図る。

7S分析(Orange)
>7S分析(Orange)

まとめ
マッキンゼー・アンド・カンパニーが提唱した7S分析は、企業戦略の実現性を診断し、組織の整合性を測るフレームワークとして役立ちます。また、組織を構成する7つの要素から組織体制を可視化することもできます。企業の戦略立案から建て直しまで、新たな企画の検討に有効なツールです。テンプレートを参考にして、客観的に自社を診断してみては如何でしょうか。

投稿日:
2016/07/14
更新日:
2016/07/14

他の7S分析の書式テンプレート

≫一覧を見る

7S分析に関連する書き方一覧

  • 【企画書テンプレートの書き方】

    企画書を作る際に、伝えたいことに合わせてデザインテンプレートを使うと便利で早く仕上げることができます。例えばフローチャートやサービスの流れ、ガントチャートなど、決まったフォーマットがあります。パワーポイントのSmartArtもありますが、デザインセンスに自信がない方はぜひテンプレートを使いましょう。

  • 【フローの書き方】

    業務の流れやサービス利用の手順などを確認するには、フローチャートが便利です。流れや手順を図で表すので視覚的にとらえることができ、理解しやすくなります。内容が複雑なものや強調しておきたいことは、フローチャートを利用するとよいでしょう。

  • 【体制図の書き方】

    体制図とは組織図と同じような意味で作られる書類です。企画書などでのプロジェクト体制図はもちろんのこと、コーポレートガバナンスやコンプライアンスなど「組織」の定義づけが必要な書類には必ず使用させるフォーマットです。テンプレートを利用することで簡単に作成することが可能です。

  • 【SWOT分析の書き方】

    SWOT分析とは、さまざまな要素をS(強み)・W(弱み)・O(機会)・T(脅威)の4つに分類して、組織や自己の置かれた環境を分析、問題解決策を考える手法で、Strength(強み), Weakness(弱み), Opportunity(機会), Threat(脅威) の頭文字を取ったものです。

  • 【アクションプランの書き方】

    企画書_アクションプランのフォーマット・テンプレート一覧と書き方・例文です。パワーポイントによる企画書の作成に役立ちます。企画書の項目ごとにテンプレートが用意されているので、組み合わせてオリジナルを作成してください。事業計画を効率よく進めていくために、「何を」「いつまでに」「どのように」進めていくかのプロセスを決定したものが、アクションプランです。アクションプランは進捗状況を把握するものとして活用するため、プロジェクトメンバー全員で共有しなければなりません。書式の王様では、すべてのテンプレートを無料でダウンロードできます。

  • 【表紙の書き方】

    プレゼンテーションや企画書で大切なのは中身ですが、実は表紙のデザイン・レイアウトの美しさは見る人々のモチベーションを高める大切な役割を担っています。企画の素晴らしさを予感させる表紙を添え、セクションごとに中表紙を入れることで企画書のレベルがぐっと上がります。ここでは表紙作成のポイントをまとめました。

  • 【調査・分析の書き方】

    企画の背景や提案理由を述べるための調査・分析資料は、マーケティングリサーチの結果を分かりやすく見せる大切なコンテンツ。この見栄え、理解のしやすさは次に説明する施策を実行するかどうかを決める大切な役割になります。上手な表現・書き方を学びましょう。

  • 【収支計画の書き方】

    収支計画は事業を行う上で重要なものの一つです。事業を軌道に乗せるのにどれくらいの期間が必要で、どれくらいの費用が必要であるかを提示するために利用します。収支計画を分かりやすく表示するためには、見栄えの良いテンプレートを活用すると良いでしょう。

  • 【相関図の書き方】

    サービスや組織体制などの相互を一目で分かるように表すための図が相関図になります。複数のサービスやプロジェクトを展開する企画では必ずと言っていいほど使われる図になります。とても簡単に作ることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 【操作マニュアルの書き方】

    マニュアルは多くの会社で採用されています。おもに業務の手順・進め方をまとめていたり、アクシデントや休暇の連絡、ツールのユーザー登録、接客対応などさまざまです。マニュアルを活用することで何回も口で説明する必要がはぶけ、また各人がそれぞれ見直せるので便利でしょう。そのため、繰り返して使用するツールや業務のフローがある場合、それが単純なものであればマニュアル化することをおすすめします。このページでは、作業などをマニュアル化するときに使用できる文書と書き方を紹介しています。

  • 【ワード企画書の書き方】

    企画書と言えばパワーポイントですが、時折シンプルで単純な企画書をワードで作ることを求められることもあります。レイアウトを工夫することで1枚企画書がとても見やすく理解しやすいものになります。参考例とともに作り方を解説します。

  • 【PDCAの書き方】

    「PDCA」はPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)のそれぞれの頭文字を並べたもので、「PDCAサイクル」とも言われます。生産管理や品質管理などのあらゆる業務で実施し、企業活動を円滑に進め、向上させていくために利用されています。

  • 【グラフの書き方】

    企画書にグラフを盛り込むとインパクトのある提案ができます。また、データにより提案内容の裏付けができるので、信憑性が高まり、高い評価が得られるでしょう。グラフには選び方があり、時間的推移や変化の度合いを見せたいときは折れ線グラフが、量的な違いを表すには棒グラフが、割合を表すには円グラフが有効です。

  • 【WEBサイトの書き方】

    WEBサイトに関する企画書を作成するポイントは、1)誰に対する企画であるか、また、WEBサイトを制作する目的を把握すること、2)できるだけ箇条書きにし、長文にならないようにすること、3)図や画像、チャート、イラストなどを活用することです。効率の良い企画書の作成にはテンプレートが便利です。

  • 【3C分析の書き方】

    3C分析は、経営学におけるフレームワークの1つです。外部環境である市場と競合調査、そして自社の強みと弱みを分析することで経営戦略に活かせることができます。このように、かなり単純化された手順ではありますが、それゆえに明快なインプリケーションを得られる場合が多く、そのビジネス環境での成功要因(Key Success Factors)を発見するためによく使用されています。このページでは、すぐ使えるパワーポイントで作成された3C分析のテンプレートと、実際にどう分析すればいいかの方法を説明しています。

  • 【目次の書き方】

    企画書や提案資料・会社パンフレットなどボリュームがある書類には「目次」は不可欠です。そして、見やすいことはとても大切。中見出しタイトルとページ番号を羅列するだけでは魅力的な目次ができあがりません。使いやすいフォーマットと合わせて書き方やテクニック・ポイントをご紹介します。

  • 【結論の書き方】

    企画書で重要なのは、結論にたどり着くまでのプロセスです。どのような方法で目標を達成させるのかが、1枚の用紙にわかりやすく記載されているのが理想です。そのために、結論と、それを達成するまでのプロセスも合わせて表わすことのできるテンプレートを活用してみるとよいでしょう。

  • 【事例実績の書き方】

    企画書・提案書の1ページに事例や実績の紹介を行うことで、説得力が格段に上がります。そんな大切な事例・実績のページは見やすく分かりやすい魅力的な配置を心がけたいですよね。テンプレートや雛形を使って上手に賢く作る方法をお教えします。

  • 【4P分析の書き方】

    4P分析とはターゲットとする顧客を絞った後、どんな製品(Product)を、いくら(Price)で、どこで(Place)、どのように(Promotion)して売るかといったマーケティングにおける4つの視点を組み合わせた、企業戦略を策定するための分析手法です。ここでは4つの視点を踏まえたパワーポイントのテンプレートを紹介しています。企画書の項目ごとにテンプレートが用意されているので、組み合わせてオリジナルを作成してください。

  • 【5F分析(ファイブフォース)の書き方】

    5F分析(ファイブフォース)とは競争関係の5つの要因(5Force)となる(1)既存競合者同士の敵対関係(2)新規参入の脅威(3)代替製品・代替サービスの脅威(4)買い手の交渉力(5)供給者の支配について分析することで業界環境を把握するための手法です。ここではパワーポイントによるこの5つの要因をふまえたテンプレートを紹介しています。企画書の項目ごとにテンプレートが用意されているので、組み合わせてオリジナルを作成してください。

  • 【チャートの書き方】

    チャートとは、表やグラフ、図のことです。企画書では、文章だけで表すよりも、図やグラフを用いたほうが、提案内容がわかりやすくなります。また、見る人の印象に残りやすく、インパクトのある企画書になります。強調したいことや提案内容のポイントになる部分を見る人に伝えやすくなるので、企画書にチャートを活用してみましょう。

  • 【PPM分析の書き方】

    PPM分析とは、Product Portfolio Managementの略で、ボストン・コンサルティング・グループが考案した事業管理を考えるフレームワークです。自社製品や事業を「金のなる木」「花形製品」「問題児」「負け犬」の4つの象限に分類し、それぞれに適した事業展開を検討するものです。企画書の項目ごとにテンプレートが用意されているので、組み合わせてオリジナルを作成してください。

  • 【背景の書き方】

    「背景」とは2つの意味があり、企画書・提案資料の「背景」という項目と、書類の背景デザインになります。今回は主に「背景デザイン」のお話になりますが、「この企画書の背景は?」と求められた時の書き方も合わせてご紹介していきます。

  • 【リストの書き方】

    リストとは、企画書やプランなどを作成する際にピックアップした事項をわかりやすく箇条書きにしたものです。テンプレートを利用すれば、見やすいリストを効率よく作成することができます。

  • 【ステップアップの書き方】

    達成したい目標がある場合、一気に達成させようとするのは難しいものです。しかし、目標到達までの工程を細分化し、細分化した小さな目標の達成を続けてステップアップしていくことで、最終的に目標に近づいていくことができます。テンプレートを利用すれば、ステップアップの工程を手軽にわかりやすく作成することが可能です。

  • 【図表の書き方】

    企画書やプレゼンテーションは、文字だけでは伝わりづらいもの。箇条書きひとつにしても図表を使った方が圧倒的に分かりやすく一目での理解を促すことができます。こちらでは、エクセル・ワード・パワーポイントで使える図表作成テクニックをまとめました。

  • 【ターゲットの書き方】

    商品やサービスを提供する際には、その商品やサービスをどのようなターゲットに売り込んでいくのかを設定することが重要なポイントになります。どこに住んでいる人か、どんな仕事をしている人か、何歳くらいの人か、どんなライフスタイルの人か、どんなことに興味を持ち、どんな趣味を持っているのかなど、細かい部分にまで落とし込んで、ターゲット像を想定します。

  • 【連絡先の書き方】

    顧客に渡す企画書や資料で、自社の連絡先を記入しておくことはビジネスでは当たり前ですが、資料のテンプレートを作成していない企業の場合、意外と見落としがちです。または、テンプレートを持っていても連絡先のページがない場合などがあります。相手が連絡したいときにできるように、用意しておきましょう。ここでは、連絡先ページのテンプレートやデザインの特徴を解説します。

  • 【7S分析の書き方】

    7S分析とは、戦略(Strategy)、組織構造(Structure)、社内の仕組み(Systems)、人材(Staff)、能力(Skills)、経営スタイル(Style)、価値観(Shared Value)という7つの要素を分析することにより企業診断をおこなう手法です。ここではこの7つの要素をふまえたパワーポイントのテンプレートを紹介しています。企画書の項目ごとにテンプレートが用意されているので、組み合わせてオリジナルを作成してください。

  • 【MECEの書き方】

    MECEとは「それぞれ が重複することなく、全体としてモレがない」という意味で、物事の整理・分類を論理的に行うための思考方法です。プロジェクトの立上げや新商品の開発、調査項目・対象の設定など、正しく全体像を把握しなければならない場面において求められます。ここではパワーポイントによるMECEに役立つテンプレートを紹介しています。

  • 【AIDMAの書き方】

    AIDMAとは、人が商品やサービスを認知してから購買するまでの購買プロセスを示したものです。Aは (Attention) 注意喚起、Iは (Interest) 興味、Dは (Desire) 欲求、Mは (Memory) 記憶、Aは (Action) 行動となり、それぞれの頭文字となっています。販売促進の企画書作成の際には、AIDMAの法則に沿って購買活動に導くプランを立てると良いでしょう。

7S分析の書式・テンプレート

7S分析の書式テンプレート一覧です

7S分析(navy)

7S分析の書式、テンプレート一覧です。7S分析とは、戦略(Strategy)、組織構造(Structure)、社内の仕組み(Systems…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

2017年 卵と酉の書

2017年、可愛い卵と「酉」の書です。今回も書道家・中山美扇さんに「酉」部分を書き下ろしてもらいました。可愛くシンプルなデザインにしました。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

7S分析とは~分析方法と事例紹介~ トップへ