人事考課|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

人事考課の書き方と例文集

人事考課書は人事評価時に使用します。企業にとって重要であるのは人材の活性化です。

人事考課書は人事評価時に使用します。企業にとって重要であるのは人材の活性化です。そして活性化には社員たちのやる気を引き出す必要があり、それは公平で明確な評価制度によって支えられています。また、人事考課は社員たちだけではなく、評価をする上司にとっても重要です。なぜならば、人事考課によって部下の能力と適性を把握することで配置や任せるプロジェクトを変えることで適材適所を達成できるのです。

人事考課表の項目

>人事考課表はこちら
人事考課表の項目は主に職能評価と業績評価の2つに分かれています。職能評価とは、責任感、協調性、自己啓発、理解力など社会人として仕事を遂行するうえで必要な能力について評価します。職能評価は業種に問わず共通の項目が多いことが特徴です。これらは明確な数字で表すことが難しいため、定性的な評価です。

次に業績評価は、業務やプロジェクトの達成度と結果を評価する項目です。これは前回の人事考課のときに互いが合意した目標である場合もあります。月〇〇万円の売上、目標獲得案件数などが該当します。業績評価は明確な数字で表すことができるため、定量的な評価です。

このように、定性的な評価と定量的な評価を組み合わせることにより、一方に偏りがない人事評価ができます。どちらの割合を多くするかは、部署によることが多いです。たとえば営業であれば、どうしても定量的な評価の方のウェイトが大きくなります。一方、コンサルタントやディレクターは、案件を顧客と進めるため定性的な評価のウェイトが相対的に大きくなるでしょう。

同一の人事考課表の継続的使用

人事考課は一大イベントといえるでしょう。そのとき、前回と異なる項目が存在する、前回のアドバイスを受けて努力した項目が消えているなど、前回と人事考課表が同一でなければ混乱してしまいます。結果、評価される側の不信を招き、やる気や努力への意気込みがそがれてしまいます。滅多なことがない限り、同一のテンプレートを使用し、もし変更があるのであれば次回以降の人事考課に加えることを事前に伝えておきましょう。

相互が納得する人事考課を

人を評価することはとても難しいことです。ゆえに項目と基準を設けて評価します。しかし、1人が評価するだけでは信頼性が低くなるので、可能であれば複数人が評価シートに記入することが望ましいです。そして結果を評価対象者にフィードバックして、相手が気になった項目を確認し合うことで両者が納得する人事考課をすることが必要です。部下が、しっかりと評価してもらえると感じれば、次回の人事考課のために仕事に励むことになるでしょう。組織にとっての宝は人材ですから、人材を評価する人事考課はとても重要です。

文書の書き方リンク集

書式の王様では、人事考課に関する文書の書き方をご用意しております。ぜひご覧ください。
【人事考課の書き方】
http://www.bizocean.jp/doc/howto/106/
【研修の書き方】
http://www.bizocean.jp/doc/howto/109/
【目標管理の書き方】
http://www.bizocean.jp/doc/howto/108/

投稿日:
2016/02/16
更新日:
2017/04/20

他の人事考課の書式テンプレート

≫一覧を見る

人事考課に関連する書き方一覧

人事考課に関連する他の書き方は登録されておりません。

人事考課の書式・テンプレート

人事考課の書式テンプレート一覧です

人事考課表38

人事考課に関する書類のテンプレート一覧です。 人事考課とは、従業員の業務成績や能力・態度を人事評価制度に乗っ取って評価するための文書のこ…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

緊急時連絡先登録票

緊急に連絡を取らなければ行けないときに、必要な情報がわかるようにした帳票です。常に最新の状態にしておきましょう。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

人事考課の書き方と例文集 トップへ