人件費管理|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

人件費管理に使える文書の書き方

人件費は、労働者に支払う賃金だけではありません。企業が負担する社会保険料や福利厚生費、退職金、手当など多岐にわたります。

人件費は、労働者に支払う賃金だけではありません。企業が負担する社会保険料や福利厚生費、退職金、手当など多岐にわたります。正社員とパート・アルバイトでは給与の計算から保険・福利厚生の有無なども変わりますからそこも考慮する必要があります。このページでは、人件費の中に含まれる費用の説明、人件費管理をすることで何ができるか、そして管理に使える文書を紹介しています。

人件費管理でできること

人件費を正しくとらえ、その変動などを的確に把握しておくことは経営の要素として極めて重要な内容です。そのためには、まず人件費を構成する項目(給与、賞与、退職金、福利厚生費など)を確認することが必要です。そして、実際の数字を時系列的に把握すること、また給与以外にそれぞれに対応する社員の情報(年齢、役割、等級、評価結果、業務内容など)を併せて多角的な分析を行うことが重要です。それにより、人件費をどこに優先的に投下していくかの判断指標として活用できます。例えば、社員のモチベーションに向上につなげていくためにはどういった分野にどれくらいのコストをかけていくか、などの有効な判断材料となりえます。まず現状を把握したうえで、将来の計画に照らし合わせ、それに向けたシミュレーションを行うことで計画的に適切な人件費管理を行えます。

人件費管理でできること

人件費を正しくとらえ、その変動などを的確に把握しておくことは経営の要素として極めて重要な内容です。そのためには、まず人件費を構成する項目(給与、賞与、退職金、福利厚生費など)を確認することが必要です。そして、実際の数字を時系列的に把握すること、また給与以外にそれぞれに対応する社員の情報(年齢、役割、等級、評価結果、業務内容など)を併せて多角的な分析を行うことが重要です。それにより、人件費をどこに優先的に投下していくかの判断指標として活用できます。例えば、社員のモチベーションに向上につなげていくためにはどういった分野にどれくらいのコストをかけていくか、などの有効な判断材料となりえます。まず現状を把握したうえで、将来の計画に照らし合わせ、それに向けたシミュレーションを行うことで計画的に適切な人件費管理を行えます。

人件費の範囲はどこまで?

人件費と聞くと、直接支払いが起きる給与や賞与、退職金などが思い浮かびます。しかし、実際にはこういった直接支払いが発生する物以外に様々な項目があります。代表的なものとしては社会保険や福利厚生費などがあげられます。福利厚生費は企業の考え方によってその内容が違います。福利厚生というと保養所、社宅、スポーツクラブ、社員割引など一般的には目に見える形で発生するこういった費用に目が行きます。それ以外にも、例えば社員の健康管理などにかけられている費用や、社員のコミュニケーションや会社に対する帰属意識の向上などを目的に使われる費用なども人件費としてとらえるべき内容です。さらに言えば、社員に提供しているOffice環境のコストなども人件費としてとらえるという考え方もあります。こういった費用を正しく把握しておくことで、社員に直接支払う費用以外にどれくらいの費用が発生するかを併せて、一人当たりの平均コストを正しく把握でき、正しい経営判断につなげることを可能にします。

>人件費集計表

人件費管理に使える文書
人件費の管理にはExcelなどの表計算を用いて行うのが効率的です。経営の指標として必要な要素を確認し、各項目の集計に必要な計算式を考えオリジナルの表を作成します。分析に必要な関数なども豊富に用意されていますので、うまく活用することで効率的な管理を実現できます。可能であればマクロ(自動実行のための簡単なプログラム)を書き、定期的な分析やレポート作成などを自動化するとさらに効率的です。また自分でそういった表のデザインを行うことが難しい場合は、市販のものやWEBなどからダウンロードできる標準的なフォーマットを入手して、自社の状況に併せて変更して活用するという方法がよいでしょう。

投稿日:
2016/02/15
更新日:
2016/02/15

他の人件費管理の書式テンプレート

≫一覧を見る

人件費管理に関連する書き方一覧

  • 【給与明細の書き方】

    給与明細とは、雇用契約における労働対価の金額やその内訳を項目別に細かく書き出した文書のことです。一般的に、労働日数や労働時間、残業時間などの給与計算の根拠となる情報と、基本給や手当、交通費などの支給項目とその金額、源泉徴収や社会保険料などの控除項目とその金額、差引支給額、の4種類を記載します。雇用主には、給与を支払う相手に対してその明細を発行することが、法律で義務づけられています。

  • 【給与計算の書き方】

    給与計算ソフトを導入するまでは、エクセルで管理する企業が多く見られます。特にアルバイト・パートの出社時間・退社時間入力で勤怠管理を行いながら給与計算も行い、給与明細の出力までとなるとかなりのエクセル関数テクニックが必要になります。まずは見本・雛形をダウンロードし、カスタマイズしながら作りましょう。

  • 【年末調整の書き方】

    年末調整とは、従業員の年間の給与から徴収される所得税額を雇用主が計算し、源泉徴収した額との過不足を調整する手続きのことです。基本的には年末の時点で、在職している従業員や一定の要件を満たす退職者について行いますが、海外転勤や死亡などがあった従業員については、年末を待たずに調整します。所得税には様々な控除が設定されているため、従業員には、控除の申告書類に必要事項を記入させ、証明書とともに回収する必要があります。書き方・やり方を詳しく解説します。

  • 【給与振込の書き方】

    給与振込に関する書類はいくつかあります。一つに、社員から会社に提出する「振込口座指定」を行う、給与振込同意書です。その他にも、給与振込依頼を行う際の依頼書などもあります。書式に従い、書き方をご説明します。

  • 【賃金規程の書き方】

    賃金規定とは、別名給与規定とも呼ばれその名のとおり賃金・給与に関する取り決めを記した書類になります。会社の締め日、給与支払(振り込み)日、残業代やその割増率など細かい規定を定義します。項目の抜け落ちがあると大きなトラブルに発展するので、雛形を使いつつ重要なポジションの方に回覧して作ることが大切です。

  • 【人件費管理の書き方】

    人件費は、労働者に支払う賃金だけではありません。企業が負担する社会保険料や福利厚生費、退職金、手当など多岐にわたります。正社員とパート・アルバイトでは給与の計算から保険・福利厚生の有無なども変わりますからそこも考慮する必要があります。このページでは、人件費の中に含まれる費用の説明、人件費管理をすることで何ができるか、そして管理に使える文書を紹介しています。

人件費管理の書式・テンプレート

人件費管理の書式テンプレート一覧です

人員及び人件費計画表

人件費管理に使える文書のテンプレート一覧、書き方です。人件費管理とは、従業員に支払う賃金や、社会保険料の企業負担分、退職金の引き当て、福利…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

人件費管理に使える文書の書き方 トップへ