シフト管理|テンプレートのダウンロードと書き方は書式の王様

エクセルのシフト管理表作成方法

シフト管理といえば飲食店のイメージが多いのではないでしょうか。だいたいホールとキッチンがそれぞれ何人が標準化はお店ごとに決まっています。

シフト管理といえば飲食店のイメージが多いのではないでしょうか。ホールとキッチンの標準人数はだいたいお店ごとに決まっています。曜日ごとに人数は異なり、金曜日と土曜日がスタッフの数が一番多くなります。シフトを管理し、曜日によらず、お店がうまく回るようにするのがマネジメント側の仕事のひとつです。この時にシフト管理表があれば、いつに何人が、シフトに入っているのかがひと目でわかり、人数調整もしやすくなるでしょう。ここではアルバイト用のシフト管理だけではなく、社員用の有給休暇管理表も紹介します。

シフト管理は経営の土台

お店を経営していると、どうしても数字に目がいきがちです。もちろん、売上をあげなければ経営を続けていくことはできません。しかし売上は、従業員が努力をして積み重なるものです。
従業員に不満・不平があれば、それが業務態度にも表れ、お店のブランドや印象が悪くなり、売上減につながるでしょう。一番気をつけなくてはいけないのは、シフトに入っている日にもかかわらず、従業員が来ないことです(無断欠勤)。原因はさまざまですが、ひとつには、シフトを多く入れられてしまい、自分の時間が取れないことです。希望していないにもかかわらず、お店の都合で、1人にシフトが集中していないかを見直しましょう。
とはいえ、急の予定ができてしまいシフトに入れず、やむなく他の人に代わってもらうこともあるでしょう。その時は、代わってくれた人に申し訳ない気持ちを伝えましょう。ただし、その人が快くシフトを交代してくれたからといって何度も頼まないようにしましょう。逆に、その人が休みたい日があった時に、率先して代わってあげるといった気遣いが大切です。
提供できるサービスは、提供できる従業員がいてこそ。みんなが気持ちよく働けて、同時にお客様に良いサービスを提供できる人員・人数に調整しましょう。

シフトを増減する基準

業態にもよりますが、1週間全く同じシフト人数ということはほぼありません。曜日やキャンペーンごとに人数を調整するのが基本です。ここではいくつか人数調整をするときに考慮すべき事項を紹介します。
・曜日と時間
飲食店の場合、週末の金曜日(花金)がピークとなるお店が多いようです。日曜日や仕事が始まったばかりの月曜日は比較的お客様は少ないです。また時間帯では、19~21時頃がピークなので、ヘルプに入ってもらう人には18~22時のピンポイントで入ってもらうなど工夫しましょう。
・スタッフの属性
学生、主婦、フリーター……スタッフの属性によっていつどれだけシフトに入れるかが決まります。学生の場合は期末テストの日はあまり入りたくないけれども、長期休みの日はガッツリ入りたいという人もいます。主婦の場合は、フル勤務は難しいかもしれません。

管理表の種類

それでは、実際に使えるExcelのシフト管理表を紹介します。

>Excelで作るA41枚のタイムシフト表
この表はどの接客業にも使えます。その日の人数や時間を管理できます。「開始」と「終了」のセルに数字を入れれば自動的に右側の勤務時間が黒く塗りつぶされるので、視覚的にもわかりやすいです。

次に紹介するのは、有給休暇の管理表です。こちらはどの業界でも使用できます。誰が何月に何日有給休暇を取得したかが管理でき、残りの日数や来年の繰り越し日数も計算可能です。

>有給休暇管理表どれだけシフトに入れるか、どれだけ有給を取得しているかといった問題は、そのまま仕事の取り組みやモチベーションに反映されます。しっかりと管理してシフトに入りすぎている、有給が取れていないなどの問題が発見されたら、解決に取り組みましょう。これらの取り組みは、きっとお店または会社にとってプラスになるはずです。

投稿日:
2016/02/08
更新日:
2016/02/08

他のシフト管理の書式テンプレート

≫一覧を見る

シフト管理に関連する書き方一覧

  • 【出勤簿の書き方】

    出勤簿とは、従業員の労働時間を把握するための帳簿のことです。労働基準法により、雇用主に作成が義務づけられており、その従業員が退職した日から3年間経過するまでは保管します。記載するべき項目の定めはなく、出勤・退勤時刻、欠勤・早退・遅刻等の事項、残業時間などを記入できれば十分といえます。タイムレコーダのカードで代用することも可能ですが、給与管理や労務管理に合わせた書式を工夫することで、事務作業の負担を軽減できます。出勤簿に関するテンプレートや書き方についてご説明します。

  • 【シフト管理の書き方】

    シフト管理といえば飲食店の勤怠管理のイメージが強いのではないでしょうか。だいたいホールとキッチンがそれぞれ何人が標準化はお店ごとに決まっています。曜日ごとに人数は異なり、金曜日と土曜日がスタッフの数が一番多くなります。そしてお店が回るようにするのはマネジメント側の仕事のひとつです。このときにシフト管理表があれば、いつ何人シフトに入っているのかがひと目でわかり、人数調整もしやすくなるでしょう。ここではアルバイト用のシフト管理だけではなく、社員用の有給休暇管理表も紹介しています。

  • 【休日・休暇届の書き方】

    年次有給休暇や夏季休暇など、会社カレンダーで休日ではない日に休暇をとる場合は、届出を義務付けることが一般的です。フォーマットは決まっておりませんが、テンプレート使って届出フローを決めておくことが一般的です。書式や書き方、理由の例文などをまとめました。

  • 【時間外勤務管理の書き方】

    時間外勤務とは、労働基準法等において、法定労働時間を超える労働のことをいい、同じ意味の言葉に、残業、超過勤務、超勤があります。時間外勤務管理は、会社で定められた勤務時間を超える場合に、その超過した時間を管理することです。

  • 【残業の書き方】

    残業届けとは、従業員が規定の労働時間を超えて勤務する際に、会社へ提出する文書のことです。残業には、「法定内残業」と「法定外残業」があります。法定労働時間(1日8時間、週40時間)の範囲内であれば、雇用主は割増賃金を支払う必要はありません。法定外残業には25%の割増賃金を支払うことになっています。ただし、法定外残業をさせるには、まず労使協定を結び、就業規則に残業の規定を設ける必要があります。

  • 【育児休業・育児休暇の書き方】

    育児休業・育児休暇は、養育する子が1歳(事情により1歳6ヶ月)に達するまで取得可能。休暇取得に関する社内規程を設け、申請書、申請への認否を通知する文書を用意しておくとよいでしょう。

  • 【早退・遅刻の書き方】

    早退・遅刻届とは、従業員が早退・遅刻・私用外出・欠勤などをする際に、会社へ提出する文書のことです。正当な理由なく遅刻した従業員には、始末書を提出させ反省を促します。また、直行・直帰届は、従業員が会社へ寄らず、自宅から直接訪問先へ出向く場合や、訪問先から直接自宅へ帰る場合に会社へ提出する文書です。さまざまな早退・遅刻に関するテンプレートや書き方についてご説明します。

  • 【休暇通知の書き方】

    休暇通知とは、自社の定めた休業日が取引や連絡に影響する場合、関係先の業務に支障をきたさないよう通知する文書のことです。休日の振替や夏季休業、臨時休業などのお知らせがこれに当たります。週休一日から週休二日に切り替える、従来の休業日を変更するといった抜本的な変更もあり得るでしょう。決定した休業日は社内にも通知します。一斉休業ではなく従業員各自で休暇をとらせる場合は、休暇取得の規定を設け、希望日を取りまとめます。また、会社の事情などでやむを得ず休業しなければならない時には、従業員に周知するために休職通知が必要になります。デリケートな内容なので漏れや抜けがないように連絡することが大切になります。

シフト管理の書式・テンプレート

シフト管理の書式テンプレート一覧です

タイムシフト管理表(飲食業用)

シフト管理に使えるテンプレート一覧、書き方です。シフト管理表は派遣やパート、バイトとして働いていただいている人たちに記入してもらう文書のこ…

≫広告掲載について

最新アップロード書式

最近追加された書式テンプレートです

縁起物いろいろ 2017 word

お正月の縁起物をあしらったデザインの年賀状です。無料でダウンロード可能です。Word形式になっていますので、文章を変更してそのまま印刷できます。

≫最近追加された書式一覧

おすすめ情報

今bizoceanがおすすめする情報です

キーワード検索

書式カテゴリ検索

価格区分で絞り込み

ファイルで絞り込み

エクセルのシフト管理表作成方法 トップへ