近年の相続法改正により大きな変更があった日本の相続制度。相続法は私達国民をはじめ、中小企業・中小企業・ベンチャー企業の事業承継に大きな影響があることも。

まずは相続の基本や改正ポイントを正しく理解することからはじめ、トラブルやリスク回避のための事前準備をしておくことも大切です。

相続特集コラムでは、相続問題を顕在化させずスムーズに継承を行うためのポイントを、弁護士、司法書士などの専門家が詳しく解説しております。

相続関連コラム一覧 – 2ページ目

中小企業・ベンチャー企業のための事業承継と相続
~配偶者居住権制度の創設と事業承継への活用~

中小企業の事業承継には創業者をはじめ経営者の相続が密接に関わる。配偶者の相続(二次
相続)も考慮に入れたリスク回避など、円滑な事業承継を図るためにはどうすべきか解説。
2021/01/12

中小企業・ベンチャー企業のための事業承継と遺言2

会社経営者の場合には死亡後の紛争防止や、安定経営実現のためにも、事業承継において
遺言書作成は重要。自筆証書遺言と公正証書遺言の違い、制度を利用する際の留意点を解説。
2020/12/17

中小企業・ベンチャー企業のための事業承継と遺言

遺言とは自分が死亡した際に遺産を誰にどのように分けるか等を記載し、最終の意思表示の
ために遺すものです。今回は事業承継において種類と特徴、自筆証書遺言の書き方を解説。
2020/10/29

中小企業・ベンチャー企業のための事業承継と遺留分

後継者への株式や事業用資産の承継は、問題を顕在化させずスムーズに行うことが重要。
遺留分・遺留分減殺請求、旧法化での問題点、新法の改正ポイントなど事業承継対策を解説。
2020/09/30

遺言書保管法の概要について

2020年7月10日に「遺言書保管法」が施行され、改正法が適用となります。今回は規定の解説
と、遺言書作成後の保管から遺言書の効力発生後に相続人が採るべき対応を整理します。
2020/09/30

相続関連書式