心に明かりが灯る「寒中お見舞い」

第2回 心を伝えるステップ1,2,3

2013/12/26

キャリア・ウィングス
代表 大久保 祐子

心に明かりが灯る「寒中お見舞い」
第1回第2回第3回第4回

春の無料イラスト・素材・挿絵・画像の無料テンプレート|書式の王様

“最高の笑顔”は、こうしてイメージする

懐かしい友の声を聴いたあなたは、静かに携帯電話を閉じ、はがきを握りしめています。

何度も何度も読み返し、友との時間に想いを巡らせながら、
あなたは、友と過ごした時を心のスクリーンに映し出しています。
“最高の笑顔”を浮かべながら・・・

心のサービスは無限大です。場合によっては、一週間後、一年後でも、このはがきを手に取り、暖かな気持ちを味わってくれるかもしれません。

たった一枚のはがきだからこそ、一言一言の言葉に想いを込める、その言葉を作り出すフレームワークが、この≪心を伝えるステップ1,2,3≫なのです。

それでは、この3つのステップをひとつひとつ見ていきましょう。

【Step.1】送る相手は今、何を想い、何を感じている?

大切なことは、自分の視点ではなく、相手を大切にし、相手の視点に立って、考え方や感情を理解する=「共感力」です。

最初のステップは、相手の「今、その時」の感情に向き合うことです。

◇相手は、今どんな不安な状態にいるのだろう?
◇ネガティブな感情を作り出している孤独や寂しさはどこからきているのだろう?

たとえば、
・大切な家族のことを、何より心配しているのかもしれません。
・仕事がなかなか順調に進まないことを、気にしているかもしれません。
・今元気でいるだろうかと、あなたを案じているかもしれません。

相手を取り巻く周囲の環境が、今どうなっているのか、想像して書きだしてみましょう。

【Step.2】 相手の心の変化(与える価値)

次のステップは、あなたが心を伝えることで、相手の心の変化(=与える価値)を捉えることです。

◇あなたのはがきを受け取ることで、相手はどんな気持ちになるのでしょう?
◇はがきを読んで、どんなポジティブな行動を起こしてほしいですか?

たとえば、
・家族に笑顔で優しく接し、楽しい家族団らんの時間を過ごしている。
・明日への仕事のエネルギーを呼び覚まし、朝起きることが辛くなくなる。
・あなたの元気な様子を知らせることで、「また会おう!」と電話をかけてくる。

相手の”最高の笑顔”を思い浮かべながら楽しくイメージしましょう。

【Step.3】 あなたが本当に伝えたいこと

さぁ、最後のステップです。
相手が、【Step.1】ネガティブな状態から、【Step.2】ポジティブな状態になるために、あなたが本当に伝えたいことを書きだすのです。

◇ネガティブな感情を持つ相手に、あなたが本当に伝えたいことは何?
◇相手に価値を与え、ポジティブな行動を起こすためにあなたにできることは何?

たとえば、
・あなたを見守るご家族に、心からの感謝をお伝えください。
・きっとできる!一緒に頑張ろう!
・ふたりで見た風景、きっと忘れない。また一緒に見よう!

あなたのあふれる愛情を、照れずに言葉に書き出してみましょう!

“最高の笑顔”を引き出す魔法の言葉

この【Step.3】に書かれた言葉を、「寒中お見舞い」の「②本当に伝えたいこと」にひと言添えてみましょう。

この言葉に込めた心が相手に伝わった時、”最高の笑顔”を引き出す魔法の言葉になるのです!

相手への愛情の表現方法には、決まりはありません。
思いやりのある態度を示してもらった時には、誰もがうれしく感じることでしょう。
「共感力」は人間関係の鍵ともいえるのです。

「いつも、本当にありがとうございます。」
相手を思う心と、偽りのない感謝の気持ちは、自然と言葉にあふれ出て、相手の心に伝わっていくのです。

第3回では、世界でたったひとつのあなただけの便りを書いてみましょう。

春の無料イラスト・素材・挿絵・画像の無料テンプレート|書式の王様

<続く>

提供元:ドリームゲート

« コラムの王様トップ »
このページの上部へ