事業計画書の書き方(新規起業編)

第三章 小売業の場合
③【必要な資金と調達の方法】

2013/3/22

経営企画室 株式会社
代表取締役/中小企業診断士

小林 隆

事業計画書の書き方(新規起業編)
第一章 第二章 第三章【1234】 第四章 第五章

必要な資金と調達の方法

先生

ここからは、思い描いている事業構想が実際に成り立つか、数値によって表現する部分になります。

創業される方の多くは、夢と希望をもち、やる気満々の方がほとんどですが、「お金」の話になると、少し苦手とされている方がいらっしゃいます。

「お金」の計算とは、実際に数字でその事業が成り立つのかどうかをシミュレーションしてみることです。これをやらないで、事業を開始すると、思わぬに落とし穴や、そもそも事業として成り立たず、営業すればするほど赤字を出してしまう、といった事態に陥ってしまうことがあります。

Aさん

それは、どういうことですか?

先生

例えば、よくあるのが、「店舗の内装にお金をかけすぎて、投資をいつまでたっても回収できない」といったケースや、「粗利益(売上総利益)が低すぎて、そもそも商売がなりたたない」といったケース、「業務をこなすための人員を確保するのに必要な人件費が確保されていないため、業務がこなせなくなる」、といったケースがあります。

Aさん

それはこまりますね。

先生

だからこそ、事前に数値のシミュレーションはきちんとやって、事業をスタートさせなければならないのですよ。だからこそ、「事業計画書」には、「何をやります」といった「事業構想」を書く欄と、それを「数値」で表現する欄があるのですよ。

Aさん

なるほど。そうしたい意味では、金融機関に見せるためというより、自分のためにもきっちんと「数値計画」を組んでおく必要があるわけですね。

先生

その通りです。「数値計画」は、「必要な資金と調達の方法」と「事業の見通し」の二つの項目からなります。

「必要な資金と調達の方法」は、「投資計画」と「資金調達」にかかわる計画であり、その事業がどれだけ稼ぐ力があるかを表す「事業の見通し」すなわち「損益計画」にかかわる項目からなります。

Aさん

そうなんですね~。だいぶ頭の中が、イッパイ イッパイ になってきました。

先生

大丈夫です。中身を見てみると意外に当たり前の項目がならんでいて、どこに何が当てはまるかさえわかれば、なんなくできますから。それでは一緒に見ていきましょう。

それではまず、「必要な資金」の考え方から、説明しますね。
最初に検討するのが店舗にかかわるお金です。小売業で事業を開始するには、まず店舗が必要になります。それらの店舗の内外装の「改装」、「什器・備品」や「駐車場」、「倉庫」といった店舗・施設にかかる資金が必要になります。これらの資金を「設備資金」と言います。

その一方で、店舗を開設して営業を行うためには、商品を仕入れるための仕入れ費用が必要になります。そのほかにも、当面の店舗運営にかかる「人件費」や「広告費」等 の資金が必要となります。これらは、売上代金が回収され、その資金で支払いがなされるサイクルが確立されれば問題はないのですが、創業当初は、通常は売上代金の回収に先立ち、支払いが先に行われます。このため、これらの支払いを行うための資金が必要となってきます。これが「運転資金」と言われるものです。

このように「事業計画書」では、開業にあたって必要となる資金を見積もって「計画」に記載します。なお、「設備資金」には、実際の「見積書」を添付する必要があります。

Aさん

わかりました。具体的に言うと、どのような項目が「設備資金」になりますか?

先生

そうですね。通常は、みなさん店舗は、借りてお店をスタートしますね。

Aさん

ハイ。私はまさにそのパターンです。

先生

その場合店舗を借りるために要した、「敷金(保証金)」が挙げられます。そして店舗を自分の店舗コンセプトに合わせるための内外装の「改装費用」が必要ですね。

その次に必要になるのが、商品を陳列したり見せたりするための「什器」や「棚」、「ディスプレー」、「レジ」といった売場を創るための備品類です。什器備品等は、リースやレンタルを活用してそろえることもありますが、その場合リース費用は経費となり、「運転資金」として取り扱われることになります。

Aさん

なるほど。どのように調達するかによってもかわってくるのですね。

先生

そうなんです。ただ、最初はあまり難しく考えず、おおまかなレイアウト図を作成し、商品アイテムの関係からどんな什器備品が必要か、リストアップすることから始めるとよいでしょう。

Aさん

わかりました。「運転資金」には何が入りますか?

先生

まずは、商品を仕入れない事には、始まりませんから、当面の商品の「仕入」費用です。そして、同じく当面のご自分の「役員報酬」や従業員さんの「人件費」、毎月の「家賃」、チラシやホームページなどの「広告宣伝費」を記載しておきます。その他の細かな項目は「その他諸経費」としてまとめて記載しておくとよいでしょう。何を記載しなければならないといった決まりがあるものではありませんから、主要な経費項目を自分で選びクローズアップして記載しおきましょう。

Aさん

なるほど、よくわかりました。ところで「当面」の仕入や「当面」の経費の「当面」ってどれくらいの期間のことですか?

先生

いい質問ですね。これは扱い商品によっても異なりますが、仕入た商品がすべて売れるのに、およそどれくらいの期間がかかるか、で判断します。「仕入代金」は先に支払いますし、人件費等もその間先に支払っているわけですから、「運転資金」がないと資金が足りなくなります。ですから、その期間を見積もって、資金を調達しておかなければなりません。
目安としては、子供服販売であれば、およそ3~4ヶ月くらいでしょうか。

Aさん

そうゆうことなんですね。やっと少しずつ、わかってきました。苦手だと思っていましたが、手順よく丁寧に説明を受ける、ずいぶんちがうものなんですね。

先生

さて、それでは次にその「必要な資金」をどこから「調達」する予定か、考えます。

まずは、「自己資金」です。「自己資金」とは、会社を設立するにあたって経営者ご自身がどれだけ支出したかの金額です。

「親、兄弟、知人、友人等からの借入」、「その他の金融機関等」がある場合には、借入額とともに返済条件等も合わせて記載しておきます。

最後に不足額を「日本政策金融公庫」等、借入を申し込む金融機関からの借り入れとして記入します。

Aさん

なるほど。なんとなく、わかってきました。

⇒必要な資金である「設備資金」+「運転資金」の合計額(借方)と調達の方法である「自己資金」+「親、兄弟、知人、友人等からの借入」+「日本政策金融公庫からの借入」+「その他の金融機関等」の合計額(貸方)は貸借一致します。

⇒「設備資金」には、必ず見積書や契約書、領収書等の添付資料が求められます。

⇒「運転資金」は、内訳を記入し、内訳ごとの金額を記入します。Aさんの場合、「経費」はおよそ3か月分を見積もりました。(貸借合わせるため、端数は諸経費の項目で調整しています。)

⇒借入を申し入れる金融機関(ここでは日本政策金融公庫)の「返済条件」は、希望する返済条件を記入します。(返済期間、据置期間 等)
金利は予測にて記入します。

提供元:士業ねっと

« コラムの王様トップ »
このページの上部へ