事業計画書の書き方(既存事業編)

第二章 市場性
③【強みの活用】

2013/1/25

株式会社コンパス
代表取締役/ マーケティング・コンサルタント

鈴木 進介

事業計画書の書き方(既存事業編)
第一章 第二章【1234、】 第三章 第四章 第五章 第六章 第七章 第八章

強みの活用

このページでは、事業に活用できる経営資源や強みを記述します。成功する事業とは強みが活きる事業です。
また経営資源が充分になければ、事業の推進もできません。そこで、経営資源や強みを記述し、事業計画の有効性を説明しましょう。

【活用できる経営資源】

まずは、当事業に活用できる経営資源をリストアップしてみましょう。書式の項目に限らず、どんどん書き出してみてください。内容と共に、事業計画への活用度を●△×で表現すれば、一目瞭然になります。

大切なことは、経営資源とは必ずしも目に見えるものばかりではありません。目に見えるものとは、資金や設備、技術のことです。目に見えない、ブランドイメージやスピード、ノウハウなども大切な経営資源です。あくまでも事業計画に必要な経営資源という視点でリストアップしてみましょう。

【当社の強み】

あらゆる経営資源を活用した上で、何を強みとして事業展開をしていくのかを明確に書いてください。単に経営資源があるだけでは、事業の継続や、競合企業との勝負には負けてしまいます。

例えば、先の「子連れママのためのカフェ事業」であれば、「フランチャイズ経営のノウハウを活かして、出店スピードを他社の2倍にできることが強み」とします。またネットを活用した物販であれば、「過去に蓄積してきた会員データ100万人分を活かして、顧客数を強みとする」などと表現します。
いずれにしろ、強みを明確にするために1点に絞って下さい。あれもこれもだと、顧客にも伝わらなくなります。

提供元:株式会社コンパス

« コラムの王様トップ »
このページの上部へ