自社の経営が透けて見える使って「ドキドキな」書式10撰

2010/7/5

福田公認会計士事務所
所長 福田秀幸

チェックシート経営計画分析表事業計画計算書売上管理集計表

達人の専門分野について

監査法人勤務時代から情報通信サービス業、コンテンツ制作業などの非製造業の会社に関与してきたため、業種特性について精通している部分があります。また、20代から会計事務所を開業した経験を活かし、「ビジネスプランの構築」、「事業計画書の作成」を通じ、若手起業家を支援してきました。さらに、業績管理を重視する経営者へは、システムやERPを活用し、「見える」会社組織作りをサポートしています。

経歴概略

福田秀幸
福田公認会計士事務所
所長

(2003年3月)
中央大学商学部会計学科 卒業
(2003年10月)
公認会計士第二次試験に合格後、大手監査法人に就職。上場企業の会計監査以外にも、上場準備支援やM&A、企業再生支援の業務に従事。
(2009年5月)
税理士登録後、地元である群馬県桐生市で会計事務所を開業。税務顧問業務以外にも、群馬県の公職などを通じて地域経済の活性化を図ったり、ドリームゲートを通じて起業家支援を行ってます。

あなたを導く~達人の視点~

先行き不透明な経済不況の中、業績改善のポイントに迷っておられる経営者様が多いことと思います。

特に、経営者様の立場としては、タイムリーに生きたデータを把握し、それをスピーディーかつ適切に経営戦略に反映させて、月次など定期的にそのフィードバックを得る「PDCAサイクル」を回すことが重要です。

今回は、会社の置かれている状況を客観的に把握して、「どこに問題があるか」から、「どう問題を解決するか」をサポートするツールとして、経営の「見える化」に役立つ書式をピックアップしました。

「どこに問題があるか?」、「今何をすべきか?」といったデータの与えてくれる道しるべを頼りに、事業計画を適切かつ柔軟に軌道修正し、迅速に対応していきましょう!

これを起業時から、いや、今からでも続けていれば、会社がどれほど大きくなっても、会社の状況が手に取るようにわかり、適切な処置を打つことができるようになるでしょう。

自社の経営が透けて見える使って「ドキドキな」書式10撰

1
 業績不振症状チェックシート

おすすめ度:10点

活用のツボ

・会計数値から業績不振の原因を特定できます。
・成長期から安定期への移行する会社にとっては特に重要です。
・特定された問題への対応はここを出発点に考えましょう。

2
 業績悪化のステップ

おすすめ度:10点

活用のツボ

・業績悪化の状態がどの段階か把握できます。
・こちらも成長期から安定期への移行する会社向けです。

3
 業績傾向分析表

おすすめ度:10点

活用のツボ

・業績の傾向が大局的に把握できます。
・部門別に作成すれば、問題の特定に役立ちます。
・銀行等への説明にも一層説得力が増します。

4

活用のツボ

・部門別または事業別に損益を把握できます。
・まずは会社全体で変動費と固定費に分解します。
・変動費と固定費に分解することでコスト削減の糸口を発見。

5

活用のツボ

・毎月の売上予想と売上実績を入力して、予実分析が可能です。
・グラフまで一括表示してくれるところがわかりやすいです。
・売上予想まで出してくれるところがポイントです。

6
 損益計画実績報告書

おすすめ度:9点

活用のツボ

・月次損益を分類ごとに、計画と実績を比較できます。
・まずは、損益計画を作成が必要です。
・損益計画では、追跡したい重要項目を慎重に選ぶのがポイント。

7

活用のツボ

・飲食業を経営する会社の3点セットの1つです。
・売上総額だけでは増減の原因が把握できません。
・日別で売上と来客数を入力し、客単価・回転率を分析します。

8
 売上比率管理表(飲食業用)

おすすめ度:8点

活用のツボ

・飲食業を経営する会社の3点セットの1つです
・最初は主な商品とその他で分析してみましょう。
・グラフもセットで見やすいのが、ポイントです。

9

活用のツボ

・飲食業を経営する会社の3点セットの1つです。
・メニューをカテゴリーに分け、月別に売上を入力してください。
・売上・食材費を把握し、メニューミックスの検討に役立ちます。

10
 収益力アップチェックリスト

おすすめ度:7点

活用のツボ

・小売業では重要な経営指標がチェックできます。
・分配率、交差比率、貢献度を勉強しながら、分析できます。

投稿日:2010年7月5日
  • ご意見・ご感想

■この記事の評価(最高評価:★5)

0

■ご意見・ご感想はこちらからお願いします(任意)

  • 筆者プロフィール
福田 秀幸

福田 秀幸

福田公認会計士事務所
所長
監査法人勤務時代から情報通信サービス業、コンテンツ制作業などの非製造業の会社に関与してきたため、業種特性について精通している部分があります。また、20代から会計事務所を開業した経験を活かし、「ビジネスプランの構築」、「事業計画書の作成」を通じ、若手起業家を支援してきました。さらに、業績管理を重視する経営者へは、システムやERPを活用し、「見える」会社組織作りをサポートしています。
« コラムの王様トップ »
このページの上部へ