行政手続きのデジタル化を進める政府が発表した「脱ハンコ」手続きの推進。テレワークに移行する企業も増えるなか、中小・ベンチャー企業も手続きのデジタル化が主流となる未来が到来しようとしています。
本特集ではそのような「デジタル稟議」時代の特徴や、時代の流れについて解説する記事をご紹介。

専門家に学ぶ~デジタル稟議の最新情報~

アイコン
生産性低下を引き起こすハンコ文化。脱ハンコ・IT化は今後一般化する未来が予想されます。
どのように脱ハンコを進め生産性を高めていけば良いのか、具体的なプロセスを解説。
2021/03/24NEW!
アイコン
コミュニケーションと業務のハイブリッドツールでもあるデジタル稟議。今回は改めて
デジタル稟議と同義である”ワークフロー”と、導入メリットを中心にお伝えしていきます。
2021/03/22
アイコン
行政手続きのうち「99.247%の手続きで押印を廃止できる」と河野太郎行革担当相が述べ
注目度が高まった脱ハンコ。ハンコ文化の課題と、脱ハンコを推進する理由を解説。
2021/02/26
アイコン
今回は稟議の仕組みで、よりダイナミックな経営を実現する活用法を解説。コミュニケー
ションが希薄になりがちな今こそ、デジタル稟議で業務を見直し、仕事の流れを効率化へ。
2021/02/25
アイコン
今回は「紙」を媒介することで生産性が低くなってしまう状況を整理した上で、どのように
デジタル化し、生産性向上に繋げていくのかについて、活用できるツールとともにお伝え。
2021/01/25

稟議書・起案書の関連書式