作者からの挨拶

はじめまして。大手コンサルティングファーム所属の中小企業診断士chem46です。専門領域は事業戦略、マーケティング戦略です。

近年は、製品の機能は当然のものとして、その製品のもつバックグラウンド、顧客自身との経験価値を製品購入の決め手とする人が増えており、「製品価値を、それぞれの人にあったストーリーで、的確な手段で伝えられるか」が非常に重要になってきていると感じています。

これまで、大手コンサルティングファームにおける経営戦略策定サービスは、大企業の中でもごく一部の大手企業においてのみ利用されてきました。

一方で、日本の99%強を占める約400万社の中小企業においては、中小企業診断士の様な独立系コンサルタントが主なパートナーとして、現場レベルの様々な困りごとに関して実行支援をさせていただいており、大企業におけるコンサルと中小企業におけるコンサルは、そのプレイヤー、提供サービス共に大きく棲み分けされておりました。

製品の機能のみならず、その「価値をどう伝えるか」が重要な社会となるにつれて、これまで大企業のみで実施されてきた綿密な戦略立案に基づく経営管理やマーケティング施策立案、ストーリー構築が重要になってくると考えています。

私の作成したテンプレートが、皆さまの事業戦略や、新製品コンセプトを提示するアイディアの一助となることを願い、本サービスに参画致します。宜しくお願いいたします。

経歴

大阪生まれ。大学院卒業後、大手メーカーの研究開発業務を担当。主に、新規プロセス開発やスケールアップ製法開発(新規開発品を大量かつ安定安価に生産する為の生産方法開発)に従事。メーカー勤務時代に、日の丸製 造業不振の理由として、技術を製品開発につなげる仕組みや、新規事業を促進する戦略の不在が大きな割合を占めていることに興味を抱き、経営コンサルティング業界に転職することを決意。

2015年に中小企業診断士試験に合格後、大手コンサルティングファームに参画。2016年に中小企業診断士本登録し、現在に至る。

コンサルティング業務に関して
参画当初は、メーカーの経営計画・事業戦略策定プロジェクトに従事するが、近年はマーケティング戦略立案や、顧客との良好な関係性構築を目的としたプロジェクトのご支援に多く取り組む。

プライベート
中小企業診断士試験や、コンサルティングファーム等の専門職への転職に関する相談を請け負っている 。また、自身のコンサルティングの枠を経営戦略策定から、デザイン領域や実務の実行支援領域に広げるべく、カラーコーディネータ資格の取得などにも取り組んでいる。

所属

大手コンサルティングファーム
中小企業診断士協会
日本ITストラテジスト協会

書式の特徴

大手コンサルティングファーム所属している作者が、現場にて使用しているフレームワークを中心に公開しています。

公開中の書式

« コラムの王様トップ »
このページの上部へ