事業計画書の書き方(既存事業編)

第一章 概要
①【事業計画を作るということ】

2013/1/25

株式会社コンパス
代表取締役/ マーケティング・コンサルタント

鈴木 進介

事業計画書の書き方(既存事業編)
第一章【1234、】 第二章 第三章 第四章 第五章 第六章 第七章 第八章

はじめに

「事業計画をつくるということ」

設計図なき家の建築がないように、会社の経営や事業の展開にも設計図が必要です。事業計画をつくることで、具体的な行動計画にまで結びつけ、効果的にかつ最大限に業績を上げることが可能になります。また計画をつくる過程で様々なことを考え、議論し、調べますので事業の課題点がチェックできます。

事業計画書の書き方(既存事業編) 目次

これから既存事業における事業計画書の書き方を下記ページにて解説していきます。業界別の書き方も随時更新していきますので、参考にしてください。

第一章 概要

第二章 市場性

第三章 マーケティング

第四章 オペレーション

第五章 飲食業の場合

第六章 IT業の場合

第七章 製造業の場合

第八章 建築業の場合

/div>

« コラムの王様トップ »
このページの上部へ